FC2ブログ

plumeria

plumeria

4月2日、今日は英徳大学の入学式。

どうせ朝のバイトが終わってから出掛けるんだからいつも通りに起きればいいのに、緊張していつもより1時間も早くに目が覚めた。
だから朝からシャワーを浴びてさっぱりして、髪を乾かしたら綺麗に纏めて、お化粧もいつもよりは丁寧に。

そこまでしたらバイトの時間になったので、花沢類の部屋に向かった。


コンコンコン♪

今日のノックはいつもより優しい感じにしてみた。深い意味なんて全然無いけど。
そしていつもは味気ない声で挨拶するんだけど、機嫌良く出掛けたいから明るめに起こしてみた。


「類様、おっはようございまーす!朝ですよ~!起きてくださ~い♡」
「・・・・・・・・・」

「あらら、もう大学が始まる4月ですよ?類様、いいお天気ですよ~」
「・・・・・・・・・」

「ほらほら、雀だって起きてるんですから類様も起きましょうねぇ~!」
「・・・・・・・・・」

「・・・いつまでも優しいと思ったら大間違いです!!さっ、起きて下さいっ!!💢」
「・・・ふぁ・・・」


酷くしないと起きないってどういう事よ!普通は優しく起こして欲しいと思うもんじゃないの?この天邪鬼めっ!
声は微かに聞こえたけどまた布団を丸めて蓑虫になろうとしてる・・・そうは行くもんですか!!

蓑虫の脇腹辺りを両手でグラングラン揺らしたら、殻の中からボッサボサの彼が頭を出した。


「はい、おはようございます!私、今日は入学式なので忙しいんです。類様、キビキビ動いて下さいね!それでは洗面所に行きますよっ!」
「・・・・・・忙しいって、それバイトが終わってからだろ?」

「そうですけど何かが起きたら困るからシャンとして下さい!」
「・・・朝からよくそんな声が出せるよね・・・」


いやいや、今日はこの人のペースに合わせちゃいけないんだって!
だから花沢類の支度を手伝いながら朝の仕事をテキパキと終わらせ、背中を押しながらダイニングに連れて行き、いつもより3倍睨みつけて食事をさせた。
そして再び背中を押して部屋に戻り、残りの仕事を終わらせた。

時間は丁度8時・・・よし、毎朝この調子で頑張るわ!


「それでは類様は明日から講義開始でしたね?絶対に遅刻などしないようにお願いいたします!では、失礼します!」
「・・・・・・・・・」


ペコンと頭を下げたら猛ダッシュで自分の部屋に戻り、入学式の準備に入った。
制服を脱いで括っていた髪を解きドライヤーで癖を取る。もう1回お化粧直しをして・・・よし、下手くそだけどまぁまぁかな?

今日のスーツは奥様から頂いた黒に決めていた。
フリルのブラウスは胸が余り、スーツの腕は少しだけ長い・・・そしてスカートは食べたものが逆流しそうなほどキツかったからホックを付け直した。
そして新しいストッキング・・・実は滅多に履かないからウエストゴムがきつい!余りの苦しさにゆったりタイプを買い直したぐらいだ。

そして鞄の中には入学に関する書類と提出物、そして一昨日買った可愛いスマホ♥
総て準備万端で、時間が来るのを待っていた。


「11時から開始だから10時半までには会場入り・・・もう出掛けてもいいわよね?」

9時半になったら鞄を持って、もう1回鏡で全身を確認。
気合いを入れて花沢邸を出ていった。



**



英徳大学に着いたのは10時15分。
驚いたのはその生徒の豪華さもだけど、保護者のド派手さだった!

学生の方はスーツだから豪華と言っても持ってる鞄がブランド物だったり時計がブランド物だったり。
でも付き添ってる保護者は豪華な着物の人も居れば、ゴージャスなスーツの人も居る・・・普通のスーツの人の方が目立つってどう言う事?

私も頑張ってお化粧したのに他の人はもっと凄い・・・これが殆ど同じ歳の18歳とは思えない大人っぽさだった。


「はぁ・・・こんな所にうちのママが来なくて良かった」、そんな言葉を出しながら、大きな講堂に向かった。


そして始まった入学式。
学長挨拶から始まって来賓の祝辞・・・それが何処かの企業の会長さんだったり都議会のお偉いさんだったり、アメリカ企業の社長さんだったりと凄い顔ぶれ。
流石、英徳・・・と感心したけど、スピーチの内容は全然頭に入らなかった。


「それでは続きまして入学生宣誓でございます。入学生を代表して仙道明奈さん!」
「・・・はい!」


・・・・・・ん?この名前、何処かで聞いたような?

スッと立ち上がって前に進んだ綺麗な人・・・その横顔を見てハッとした!
花沢類のピアノ伴奏した人だ!うそっ・・・同じ大学の新入生だったの?あんなに大人っぽいお嬢様だったのに?!


『桜の花と小鳥たちのさえずり・・・春の訪れが感じられるこの良き日に、私たち新入生のためにこのような厳粛かつ盛大な入学式を挙行していただき、誠にありがとうございます。この伝統ある英徳大学に入学できることに喜びと誇りを感じ・・・』


はぁ、綺麗な声。そして滑らかな話し方・・・それにすっごい美人だし、モテるんだろうなぁ。
ピアノだってすっごく上手だったし、今日はスーツだけどあの日のドレス姿も会場内で目立ってたし。

旦那様達は彼のお相手に相応しいと思ってるのかしら。確かに旦那様も奥様もあの人とは仲良さそうだった気がする。

いや・・・でも花沢類はそんな気、無さそうだったよね?
いや・・・もしかしたら顔に出さなかったけど実はデレデレしてたとか?
そう言う風には見えなかったなぁ・・・と、そんな事を考えながら文章を読み上げる彼女の背中を見ていた。

気が付いたら腕組みして顔をナナメに傾けていて、それを不思議そうに見てる隣の人・・・ヤバっ!と思って姿勢を正した。


『・・・の目標と夢を実現するために、新入生一同、日々の努力を怠ることなく精進し、輝かしい未来に向かって成長し続けることをここに誓います。新入生代表 、国文科 、仙道明奈』


・・・・・・国文科。良かった・・・経済学でも外国語でもないんだ。


「それでは在学生代表歓迎の言葉です。西門総二郎君、お願いいたします」
「ええっ!!」


ハッ!と周りを見たらみんなが私を見ていた。
慌てて口を押さえて踞ったけど、次に顔をあげた時には西門さんの笑顔が私に向けられていた・・・。

ヤバいっ!絶対に大人しくしなきゃいけないのに初日からドジってしまったーーーっ!!


『新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。在学生を代表して心よりお慶び申し上げます。皆さんは本日から英徳大学の学生となるわけですが・・・』


なんだ・・・こんなに真面目に話せる人だったんだ?
でもこの人、2年生だよね?普通在校生代表って4年生じゃないの?
気が付いたらまた腕組みしてる・・・それを再び隣の人に変な目で見られたから慌てて姿勢を正した。

その時に後ろの席の子が話した言葉・・・今喋ってる西門さんの事だった。


「本当は4年生の西園寺さんがスピーチされる予定だったのを学長が変えたんですってね」
「聞いた聞いた!保護者からの依頼が殺到したんでしょ?西門先輩、対談とかでテレビにも出るから上手なのよね!」

「でも今日の入学式、ここがメインじゃない?」
「言えてる~!」


はぁ~、そう言う事なの?
この人、テレビにも出るんだ?!

確かに話し方も上手だし声も聞き取りやすい。しかも見た目が抜群に良い。
それを頭に入れて周りを見たら・・・女子の目は保護者も含めてほぼ全員ハート型になってる気がした。


『・・・様々な価値観を持った人に出会えます。ぜひ多くの人と触れ合い、良い関係を築いていって欲しいと思います。
最後になりますが、これから始まる4年間が皆さんにとって充実した日々となるようお祈りして、歓迎の言葉に代えさせて頂きます。在校生代表、国文科、西門総二郎』


その終わった瞬間のウィンクは必要なの?





tangerines-3114765__340.jpg
関連記事
Posted by

Comments 4

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/07/27 (Sat) 08:21 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/07/27 (Sat) 11:42 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

ビオラ様、こんにちは。

つくしちゃん、多分幼児体型なんでしょうね(笑)
ストッキングは慣れないとどんなものでもキツくないですか?

私の娘はバレエ用タイツは平気ですけど、普通のは履いたことがなくて嫌だったようです(笑)
私も仕事を変えてからは使わなくなったので今はキライですね~💦

ふふふ、総ちゃんが入学式に現れる・・・うんうん、ここがメインで間違いなし♥
正直大変申し訳ないですが、リアルでも来賓祝辞は・・・覚えていません(笑)

2019/07/27 (Sat) 12:04 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

シナモン様、こんにちは!

あっはは!隣で聞きたかったですね~!

絶対に無視されるよ、私たち・・・。


『ヤベッ!あそこに変なのが居る・・・見なかったことにするか・・・』by総二郎

2019/07/27 (Sat) 12:06 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply