FC2ブログ

plumeria

plumeria

「類・・・さっきのつくしちゃんだろ?大学内会話禁止じゃなかったのか?」
「・・・・・・朝もそう言ってたけど?」

「全然学部が違うのにどうしてここに来たんだ?何かお前に用だったんじゃないのか?」
「・・・・・・知らない。放っておいていいんじゃない?関わると酷い目に遭うから」

「お前、相変わらすサイテーな言葉だな!気になるな・・・淋しそうな目をしてなかったか?」
「・・・・・・・・・」


あきらに言われなくても牧野の顔が変だったのは判った。
でも大学内では会話しないって本人から言われてるんだから仕方ない。それで加代にバレて叱られるのは牧野だし、そうなったらバイト、クビになるかもしれないし・・・いや、俺はいいんだけど。

でも、確かに気になる・・・。
外国語学科は東棟なのにわざわざ経済学部がある西棟まで来たって言うのなら、何か言いたかった相手は恐らく俺だろうけど。何かしたっけ・・・?いや、覚えがない。

寝癖も直したし服も変えた。子宝弁慶草も水やったし、遅刻も5分だけ。牧野に叱られることはない筈だけど?って考えながら歩いていたら、あきらと違う廊下に進んでた。

そのあきらは1本向こうの通路で呆れて俺を見てる・・・もう少し早く言ってくれればいいのに!


「・・・驚いた。もう帰るのかと思った」
「そんな訳ないでしょ。次何処だっけ?」

「何処も何も次はランチだっての!大丈夫か?類」
「・・・あぁ、昼か・・・」


カフェに行くとタイミング良く総二郎が後ろに大勢女子学生を引き連れてやってきた。
そこで「また、今度な~」の超軽い返事で其奴らを引き離し、俺達の指定席・・・一般の生徒が踏み込まないラウンジと呼んでる場所に向かった。

適当に頼んだランチを待ってる間も階下からはザワザワと学生の声が聞こえる。
その中に牧野が居るのかも・・・なんてチラッと下を見たら、同じ顔のジャガイモしか見えなかった。


「そうだ!類、お前いつの間に決まってたんだ?」
「・・・何が?」

急に総二郎が楽しそうにそんな事を聞くから、何の事かと思ってキョトンとした。
決まったこと・・・確かに俺に黙って色んな事を決めるヤツは居る。最近、1番驚いたのは俺付きの使用人が牧野に決まったことぐらいだけど?
それ以外に何か決まったっけ・・・?


「お前の結婚相手だよ!いや、まさかお前が1番だとは思わなかったわ~!ってか、お前が人間を選ぶとも思わなかったけど」

「・・・・・・は?」

「だからこの前のパーティーで伴奏だったのか?それにしても全然判んなかった!まるで無関心に見えたもんな!」
「うそっ!あの美人?そう言えばデレデレしてたよな、彼女だけだけど」

「・・・・・・伴奏?パーティー?」

「4日前だ。忘れるには早過ぎねぇか?」


そう言えばそんな事があったかも。
興味のないことは記憶しないようにしてるからもう忘れた・・・えーと、チャルダッシュの伴奏者の事?

名前は・・・・・・

「仙道明奈ってヤツだ。仙道海運の1人娘で小学部まで英徳に居たけど、その後は父親の仕事の関係でオーストラリアに住んでて一昨年帰国。英徳学園に行かずに桜ヶ丘学園に編入して、今年外部入試でうちに入学してるんだって。知っとけよ、自分の嫁さんの事ぐらい」
「・・・待って?誰が嫁さん?」

「だからその子。花沢家が認めて、お前がプロポーズしたって聞いたぞ?もうすぐ新居も出来て学生結婚するんだろ?」
「そうなんだ!へぇ~、司は知ってんのか?」

「いや、俺が初耳・・・」


はっ?!まさか、牧野・・・そんな噂を聞いて?
それで俺の所に確かめに来たんだろうか・・・いや、そうだとしてもその理由は?

はっ?!まさか自分のバイト先が無くなることを気にして?!

ガタン!と席を立ち、俺はラウンジを飛び出した!


「おい!類、お前のカツカレー、まだ来てねぇぞ?!」
「なんなんだ、あいつ・・・マジ面白いな」




**********************




「聞いた?類様、新婚旅行はモルディブですって!」
「それに明奈さん、もう婦人科検診とか積極的に受けてるらしいわ」

「じゃあ花沢物産のお仕事を手伝うのかしら?確か副社長はお母様ですものね!」
「いやん、専属の秘書?!憧れるわぁ~!」

「凄いわねぇ!結婚式には絶対に道明寺様達も出席よね?どれだけ豪華なのかしらぁ!」
「悔しいけど生まれてくる赤ちゃんは可愛いでしょうねぇ~!」


「・・・・・・・・・・・・」


うそっ・・・そこまで決まってるの?
そりゃ使用人だからプライベートは聞かないけどさ・・・この1ヶ月、愛だの恋だの結婚だのって微塵も感じなかったわ。
花沢類にそんな甘い部分なんてあるのかしら。でも初めの説明と随分違わない?私は花沢類が大学卒業するまでの生活改善係なのよ?

奥さんが出来るんなら奥さんがしたら良くない?
私なんかに頼まなくてもさ・・・って思ったらまたズキン!と胸が痛くなった。


あまりの出来事にショックを受けてランチどころじゃ無くなったから、手に持ってるのは100円のパックジュースのみ。
それをチビチビ教室で飲んでいたら聞こえてくるのはそんな噂ばかり・・・耳を塞ぎたかったのに、塞いだつもりが気が付いたら耳を傾けてる。

「この前のお誕生日もイニシャル入りのブレゲの腕時計を贈られたんですって!」
「うわっ!それって500万ぐらいするんでしょ?」

「・・・・・・・・・(えっ!!)」


私が落として踏んで傷付けた時計が、実は花沢類の婚約者からの贈り物で500万円もするの?!
不味いわ・・・『今度のデートであの時計して来てね?』って言われたら、あの人探すんじゃないの?私、古いプレゼントと一緒に保管庫の1番下の1番奥にしまったわよ?!

しかも箱は捨てた・・・・・・どどどど、どうしようっ!!
だから言ったじゃないの!贈り物ぐらい自分で片付けろって!やだっ、もうっ・・・!


はっ・・・まさか弁償?いや、確かに私が傷をつけたし隠したけど・・・。

弁償って何を?500万円の時計を?
無理無理無理っ!1980円の時計なら買えるけど500万円なんて絶対に無理ーーっ!!
諭吉500人に逢えるまでどれだけの年月が必要か、想像も出来ないーーっ!

1人で頭を抱え込んで机に伏せていたら、肩をチョンチョンと突かれた。
ハッと顔をあげたら、入学式の時に隣だった男子生徒・・・その人が今日も不思議そうな顔して私の事を見下ろしていた。


「あんた、牧野さんだよね?あそこに居る人が少し話したいって言ってるけど?」
「・・・は?何処・・・?」

「教室の外。ほら、あのドアの向こう側から顔を半分出してる人・・・あの人、2年生じゃない?」
「2年生・・・?」

その人が指さした方を見たら・・・花沢類がこっちを睨んでるーーーっ?!
ヤバい、もしかしたらバレたの?!あんなに怖い顔するなんてそれしか考えられないっ!


「あ、あのさ、私には何の用事も無いから話すことはありませんって伝えてくれる?」
「・・・え?向こうにあるんじゃないの?」

「いいからっ!!見ず知らずの人とは話しちゃいけませんって田舎のお婆ちゃんに言われてるから!」
「・・・わ、判った」


その名前も知らない彼に頼んだ直後、別のドアから教室を脱出、全然知らない大学内を走って逃げた!
取り敢えず今日の夕方のバイトの時、あの時計を探して謝らなきゃ!





15623651070.jpeg
関連記事
Posted by

Comments 6

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/07/30 (Tue) 00:38 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/07/30 (Tue) 07:44 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

シナモン様、おはようございます。

そんな娘さんって(笑)
ちょっと類君の軍服を想像してしまった💦

って考えたら、海軍は司君、空軍は総ちゃん、陸軍があきら君ってイメージになって、類君は・・・・・・・・?みたいな。
やっぱり迷彩服着て森の中で寝てるイメージに・・・(ヤガーが来ても起きない)


そうなのよ、あの時計は明奈ちゃんだったのよ(笑)
さて、どうやってつくしちゃんの誤解を解くか・・・ふふふ。


そんな展開になると思う?(笑)

もうちょっと、待て!!

2019/07/30 (Tue) 07:46 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

ビオラ様、おはようございます。

ふふふ、二人して気になって仕方ないのに「恋」だとは思ってないようです。
まだまだ気持ちを伝えるのは先・・・かな?(笑)

総ちゃんとあきら君は味方になってくれそうでしょ?
うんうん、チョコチョコ出てくると思います。

明奈さん、ちょっと困ったちゃんですよね(笑)
イタい彼女ですが、この人もスパイスになってくれればいいかな、と思います♡
あっはは!妄想が激しいんですかね?(明奈さん、二次小説書けばいいのに💦)


朝から蝉が五月蠅すぎて目が覚めました・・・今日も暑そう・・・。
体力消耗を防ぐためにお散歩を中止しています。少し前に歩いただけで吐きました(笑)←熱中症寸前💦

2019/07/30 (Tue) 07:57 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/07/30 (Tue) 09:58 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

麦猫様、こんにちは。

あはは!どうぞどうぞ、やっちゃってください(笑)
飛び膝蹴りとかヘッドロックとか何でもいいですよ?

少々オイタが過ぎるお嬢様なので、今のうちに退治しますか?(まだ出てくるので要注意)

ふふふ、これはComedyなのでこの2人の鈍感さを楽しんでくださいませ。
LOVE度はまだまだ低いですが、少しずつ変わって来ます。それまで待っててあげて下さい♡

2019/07/30 (Tue) 11:55 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply