FC2ブログ

plumeria

plumeria

「・・・失礼しまーす・・・類様、居ますかぁ?」


しーん・・・・・・

夕方5時、大学から戻ってバイト開始時間・・・花沢類はまだ帰っていなかった。

「よし、今のうちだわ!」

私は掃除用カートを部屋のド真ん中に置いたまま、クローゼットの奥にある収納庫の前に座り込んだ。そして「はぁ・・・」と深いため息をついてそこの扉に手を掛けた。

ホントは1番初めに床掃除しなきゃだけど、その前にここからあの時計を出さなきゃ・・・そしてバイトが終わってから謝らなきゃ。

カチャと扉を開けて、この前自分で片付けた彼宛のプレゼントの山をもう1度引っ張り出して目の前に並べた。我ながら何やってんだか・・・情けなくて涙が出そう・・・。

「どれだっけなー・・・どーこに入れたっけ?」、と色んな箱を出しては蓋を開ける。
数え切れないほどの量だったから、ぜーんぶ中身だけにして同じようなものを入れていったから全然見付けられない。確か1番奥の1番下だったと思うのに、箱が有り過ぎて訳が判らなくなった。まだそんなに日にちが経ってないのに~!

しかもブランド品の箱はみんな上品でよく似てる・・・その上にマジックで品名書けば良かった!


「やだなぁ・・・これだったかな?」
「その奥なんじゃないの?」

「いや、でもさぁ、時計は時計で纏めたのよ」
「じゃ、そっちは?それ時計のブランドの箱だよ?」

「ホント?これだっけ・・・あっ、これかも・・・・・・うわっ、見付けたぁ!!」
「良かったじゃん」

「うん!ありが・・・と?


誰かと喋りながら探してることに驚いて横を見たら・・・・・・花沢類がそこに居た。
凄く普通の真顔・・・その薄茶の瞳が薄暗いクローゼットの奥で私の事を見つめて・・・いや、睨んでる?!


「うわあああっーー!!」
「何やってんの?こんな所で」

「吃驚した!!類様っ、どうしてここが判ったんですか?!」
「どうしてって言われても部屋のド真ん中に掃除用カートがあってあんたが居ないんだよ?ここかバスルームしか無いでしょ?」

「あっ、そうか!ヤバい、床掃除忘れてた!」
「忘れてたんだ・・・で、ここで何探してたの?俺のクローゼットの収納庫に落とし物?」

「はっ!いや、それは・・・その・・・実はですね。これ・・・なんですけど」


私の真横で胡座かいて座ってる花沢類に、明奈さんからのプレゼントの時計を渡した。
それを彼は手の平に乗せてキョトンとしてる。「これが何?」って小さく呟いたから、1歩下がって両手をついて頭を下げた。
本当はちゃんと目を見て謝らないとマナー違反だって言われた・・・でも、花沢類の怒った顔を見ることが出来なくて、私は床を見つめたまま言葉を出した。


「ごめんなさい!婚約者様からのプレゼント、私が踏んだんです!その傷、私が付けました!申し訳ありません!!」
「・・・・・・は?」

「知らなかったんです!婚約者様が居たなんて、しかもそれだけ大事な人のプレゼントなら他のと別けてくれればいいのに一緒に置かれていたもんだから・・・あぁ、それは言い訳です!
でも、もう少し早く言ってくれればそんな高価な物、ちゃんと箱のまま類様にお渡ししましたのに・・・まさかイニシャル入りで500万円だなんて・・・」

「・・・これ、誰からだって?」
「は?婚約者の仙道明奈さんですよっ!もうバレちゃいました?付けてないじゃないって言われました?明奈さん、それで怒ってませんか?」

「・・・・・・・・・」

「いや、でもねぇ・・・傷があるでしょ?うん、それは私のせいにしていいですから・・・って私が踏んだんですけどね。だから喧嘩しないでもらえますか?」

「・・・・・・・・・」


どうして何も言わないの?花沢類・・・否定しないんだ・・・。




**************************




凄く真剣に謝る牧野を見ていたら何故がムッとした。
その理由・・・そんなの判らないけどムカムカして返事が出来なかった。

誰からのプレゼントが大事で、どうしてそれを避けておかなかったのかって?
それを付けていなかったからって誰に怒られて誰と喧嘩するって?牧野が必死に謝る内容の殆どを聞かずに、土下座紛いの姿勢で床に喋ってる姿を睨んでしまった。

そしてこの時計・・・確かにブレゲだけどランク的には下の方・・・何処から500万が出てきたんだ?
イニシャル入りってこのベルト部分のめっちゃ小さなマークのこと?


いや、そんな事じゃ無い。
俺が怒ってるのはそんな事じゃ無い。

大学で逃げられた事でもない・・・・・・あれ?じゃあなんで俺は怒ってんだろう?
いや、だからそれが判らないから歯痒いんだって!

ああぁーーっ!もうっ!イライラするっ💢!


「類様、聞いてます?あの、弁償・・・しろって言われたらします!でも今はまだお金が無いんで、貯金が出来たら修理に出して下さい!あっ、でもそれまでに怒られますよね?それだったら修理に出してもらって、修理代金立て替えてもらえますか?私、絶対に後でお支払いしますから!」

「・・・・・・どのくらい掛かるか判ってんの?」

「ど、どのくらい?えーと・・・諭吉が何人かって事ですよね?」

「・・・諭吉、50人用意できるの?」

「うっ・・・!仕方ないです。500万円の時計ですものね・・・ここがピキッ!と割れてもそのぐらいはしますよね・・・とほほ・・・」


・・・信じ込んじゃって。
時計のガラス風防の交換はメーカー送りになればそこそこ高額だけど、このサファイアクリスタルガラスの交換だったら諭吉5人ぐらいで終わるんだって。そんなの、する気も無いけどね。

でもムカついていたからこの時計を「じゃあ修理にだすから」って取り上げて、部屋の方に戻った。
牧野はヨロヨロしながら立ち上がって収納庫の整理をした後、真っ青な顔して暗がりから出てきた。いつもより肩が30度ぐらい下がってる・・・それをチラッと横目で見ながらソファーに座った。


「床掃除、いつまでサボってんの?」
「あっ!はい・・・申し訳ございません!!」

俺の言葉に一瞬ビクッとして顔をあげた牧野を見て、何故か俺までドキッとしてる。
どうしてそんなに泣きそうな顔してんのか・・・諭吉の人数を聞いたから?いや、そんな感じには見えなかった。じゃあやっぱりここでのバイトが続けられないと思って?

それなら「違う」と言ってやれば済むはずなのに口からその言葉が出ない。
口から出てしまう言葉は自分自身でさえ嫌になるような意地の悪い台詞ばかり・・・。


「時間、随分過ぎてるんじゃないの?ベッドメイキングも手を抜かないでよ?最近デコボコして寝にくいんだよね」
「ごめんなさい!キチンとやります!」

「バスルームも洗剤流すの最後まで確認してる?この前入ったら滑ったんだけど」
「うそ!ちゃんと流してるんですけど・・・今日はよく確かめますから!」

「それに窓枠に埃が残ってた。もう少し丁寧に仕事したら?遊んでる訳じゃないよね?」
「・・・申し訳ありません。後で拭き直します!」


何を言っても申し訳なさそうな顔してションボリ掃除してる。

なんだ、この苛立ち・・・どうしてこんなに気持ちが荒れるんだ?
右手には傷が付いた腕時計、左手は無意識に耳を触っていた。


牧野のくれたアクアマリンのピアス・・・そのピアスホールが疼き出す感じがした。




15623651170.jpeg
関連記事
Posted by

Comments 6

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/07/31 (Wed) 07:05 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

ビオラ様、おはようございます。

あはは!コメディーの類君なのでお許しください💦
全体的にあまり格好良くは無いかもしれませんよ?(笑)こんな類君もいるのね~ぐらいで思ってて下さいね。

まだまだ19歳のお子ちゃま類君ですからね♡
後半は少し(まだ前半だったのか?)男になると思います!キリッ!

「最後の雨」と「私の帰る場所」がシリアスなので、このお話がかなり巫山戯てるように感じますよね(笑)


明後日から自宅の塗装に入るんです・・・こんなに暑いのに。
窓も全部閉め切って10日間。部屋はエアコンでもいいのですが、家全体が35度ぐらいになるらしい・・・。
自宅で仕事の私には地獄です・・・どんより。

2019/07/31 (Wed) 08:55 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/07/31 (Wed) 09:17 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

麦猫様、こんにちは。

あっはは!皆様、類君を小学生並みに思ってらっしゃるのね?(笑)
だって恋そのものに疎いんですもの、この類君。

笑ってやって下さいませ💦
鈍感同士の恋はめっちゃ焦れったいのですよ・・・時間がかかるかかる!困ったもんですね~!

色んなスパイスはあるのに・・・って事で少しずつ前進させていきます!もう少し待ってて下さいね(笑)

2019/07/31 (Wed) 10:33 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/07/31 (Wed) 12:51 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

シナモン様、こんにちは!

あはは!類君が帰ってきた事も気が付かずに必死で探してたのね💦
でも可愛かったでしょ♥

この時計の修理・・・実はどのぐらいするのか知りたくて、自分で電話したんですよ(笑)
高級時計の修理専門店に。
そうしたら全然会話が成り立たなくて、途中で「もういいです・・」って切っちゃった。

いやもう、何言ってるのかさっぱりで(笑)
向こうも高級時計持ってる人間なら知ってるだろうと言う質問だったんでしょうね・・・。

でも5万円出せば割れた部分の修理は出来そうだったんですよね。
まぁ類君もしないって言ってるからいいんだけどね(笑)


そんな所が疼くのはもう少し後かな?(笑)
いや、もうかなり疼いてるのかな???

2019/07/31 (Wed) 17:53 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply