FC2ブログ

plumeria

plumeria

英徳大学に入学して1週間♡
今日は土曜日でバイトも大学もおやすみ!

自分の選択科目が全然希望通りにいかなくても、花沢類の変な噂を聞いても今日の私は気分がいい!

だって彼を1週間キチンと大学に通わせ、講義を受けさせて(確認はしてないけど)、朝食も夕食も食べてもらって時間通りに就寝させた(こっちも確認してないけど)!
つまりは規則正しい1週間を過ごしたって事で私は臨時ボーナス5万円が追加される~♡

自分の仕事もバッチリだし、ペースが掴めてきたから余裕だし、もう少しでプリザーブドフラワーも完成するし!


裏庭にあるランドリースペースに行き、フンフンと鼻歌歌いながら自分のリネン類を干していたら、加代さんが近寄って来た。

「あっ!おはようございます~!いい天気ですねぇ!」
「ほほほ、ご機嫌ね、牧野さん。何か良いことがあったの?」

「えへへ~!だって1週間類様を大学に行かせたので・・・頑張れば良いことあるなぁ~って!」
「・・・あぁ、あれね?臨時の・・・でも今週はないですよ?」

「・・・・・・・・・」


・・・・・・・・・え?今、なんて言った?

今週はない?だって花沢類はキチンと大学に行ったわよ・・・ね?私もお仕事、ミスってないよね?

物干し竿にバスタオル掛けていた手が止まった。そして加代さんをジッと見ると加代さんは苦笑い・・・。
えっ!なんでそんな笑顔なの?何があったの?!


「・・・実は類様の講義の受講、未受講、遅刻は大学の事務局から連絡があるようになってるんですが、今年第1日目の1番初めに5分の遅刻が有りましたの。お約束では遅刻無しの場合、と有りますので今週はないのです。
ほほほ、また来週頑張りましょう!類様の朝はなかなか手強いですからね!」

「・・・・・・・・・」

「牧野さん?あら・・・ちょっと?!」


加代さんの説明を聞き終わったら、足が勝手に花沢類の部屋に向かっていた。
そして部屋の前に行くとドンドンドン!の拳ノック3回、勿論返事なんて気にせずバーン!とドアを開けた。

そして真正面でキョトンとしてる花沢類に向かって叫んだ!!


「なんで遅刻なんてするのよーっ!!
私の諭吉5人分、どーしてくれんのよっ!!」



「・・・・・・は?」



**



花沢類を怒鳴りつけた後、これも考えたって仕方がないからさっさと気分を変えた。
今日は作ったプリザーブドフラワーでリースを作ろう、そう決めていたから。

そして出来上がったらあの部屋に飾るんだ♪そう思えば気分も少しは良くなって、乾燥させた沢山の花を机に並べた。

これだけ沢山の花があるからリースベースは大きめの直径40センチ!
それにリボンも沢山あるし、プレゼントにくっついていた飾りもフル活用したら余裕で3個は作れる。それでもお花が余ったらボックスに可愛く並べて自分の部屋に飾ろう・・・なんてちゃっかり自分用も頭に入れていた。


「あっ!でも、もうお昼だ。この前見付けたパン屋さんに行ってみようかな?」

花沢類とお散歩帰りに見付けたパン屋さんにお財布を持って元気よくお買い物に行った。
買ったのはそこの№1メニューだという美味しそうなバゲットサンドのセット。なんとひとパックに4種類ものサンドイッチが入ってる贅沢豪華なヤツ!

ハーブ入りたまごサンド、クリームチーズとハムに菜の花サンド、キャベツと厚切りベーコンサンドに カマンベールチーズとローストビーフ♡
でもお値段もかなり豪華だった・・・臨時ボーナス5万円が消えたと知った日なのに。

それを大事に抱えてお屋敷まで戻り、珈琲はお部屋で自分が淹れた。
「いただきまーす!」の声と同時に齧り付いたら速効出ちゃう「美味しい~!」のひと言。午後からの作業に備えての小さな贅沢に舌鼓をうった。


食べ終わったらさっそくテーブルに向かい、気合いを入れるために腕まくり!
その後はリースベースに吊り下げ用の紐を通して、出来るだけ綺麗な丸になるように形を整えていく。

「よし、グルーガンの準備完了~!行くわよ!」

グルーガンとは名前の通り銃の形をした接着道具。本体にスティック状の樹脂をセットして、熱でそれを溶かしながら使うもの。溶けた糊は数秒で固まるから製作時間が短縮されるって言う優れもので、花代が掛からないからついでに買ってしまった。
それを形を整えたプリザーブドフラワーの萼の部分に付けて素早くリースベースに突き刺す!


ただそれだけの繰り返しで、花の位置と飾りの位置を考えながら一周するだけ。ただし直径40センチはそれだけで相当時間が掛かって、1つ作るのに1時間半ぐらい。
何度もグルーガンから出てくる高温の糊を触って「あっつー!!」の叫び声を上げてしまった。


濃いめのピンクや薄いピンク、その間に白いリボンを入れたりパールの飾りを入れたり。
少し離れて確認しては、足りない所に小さな花を入れてグルーガンを打ち込んでいった。そしてピンクが終わると黄色と白の組み合わせ、それが終わったらパープルとピンクの組み合わせ。
その3つのリースが出来上がったのはもう夕方だった。

「自分で言うのも変だけど可愛い~!うん、初めてにしては上出来じゃ~ん♪」


ここまで大きなものを作ってもやっぱり花は沢山余った。
だから再び加代さんの所に行ってお菓子の空き箱をもらってきた。勿論このプリザーブドフラワーを並べて飾るため♡
その箱に綺麗に並べて真っ白なリボンで括ったら、素敵な飾り物が出来た♡




********************




「なんで遅刻なんてするのよーっ!! 私の諭吉5人分、どーしてくれんのよっ!!」

「・・・・・・は?」
「は?じゃないわよ!あれだけ朝、時間通りに起こしてるのにどうして講義に遅刻するかな!まったくもうっ!」


牧野が急にすごい勢いでドアを叩いて入って来たかと思ったら、そんな事を叫いてバタン!!と出ていった・・・。

俺は本当に本を読んでいたのに、そのおかげでそれまでに読んだ所を全部忘れた。
そのぐらい恐ろしい顔して、まるでドアから突風が入って来てUターンしたのかと思うほど・・・しかも、なんだったっけ?

その叫ばれた内容も覚えられなかった。
諭吉が5人・・・?俺の遅刻・・・?一体なんの話なんだかさっぱり。

良く判らなくて、でも読書の気分でもなくなったからベッドにダイブして・・・・・・そのまま昼寝に入った。


暫くしたら聞こえてきた足音、そして鼻歌と言うには余りにも大きな歌声。
何かと思ったら牧野の声で、それはやがて聞こえなくなった。その時に時計を見たら12時・・・あぁ、昼飯を買いに行くからご機嫌なんだと納得した。
俺には加代から「昼食のご準備が出来ました」との連絡があり、渋々ダイニングに行ったけど食欲がなくて半分で手が止まった。


「あら、類様、本日は具合でも悪いのですか?そんなに残されて」
「別に・・・食欲がないだけ」

「そうですの?こちらのキャビアと大葉の冷製ジェノヴェーゼ、お嫌いでした?牛ロースのステーキもひと口も?何か別のものに致しましょうか?」

「いや、もういい。部屋に戻る」


なんだろう・・・ダイニングが静かすぎて食べにくい気がした。


また部屋に戻ってゴロンと横になってたら時々聞こえる「あっつー!!」の声・・・あいつ、何やってんだろ?
湯を沸かして火傷とか?アイロンで火傷とか?それ以外で火を使うもの・・・はっ!まさか煙草に手を出してライターとか?!

・・・そんなタイプじゃないよね。


テレビをつけても集中出来ないし、寝ようとしても声が聞こえる度に起きちゃうし、だんだんイライラしてきたら夕方になった。折角の休日、どうしてこんなに牧野の事でモヤモヤしないといけないんだ?!

ムカついて文句を言いに行こうとドアまで向かった時、取っ手に手を掛けた瞬間にノックをされた。
すぐに開けたら目の前には派手なリースを抱えた牧野・・・こいつも自分で開けようとしたのに内側から俺が開けたから驚いて、リースを持ったままポカンと口を開けていた。


「うわ、驚いた!起きてたのね、花沢類」
「起きてた・・・って言うか寝られなかった!なんなの、あの大声!五月蠅かったんだけど?」

「大声?あぁ!ごめんなさい、これ作ってたの。お邪魔しまーす!」
「はぁ?ちょっと待て、なにそれ!」

「これ?プリザーブドフラワーのリース!この前のお祝いのお花で作ったの。このまま数年間飾っておけるから気にしないで?何処に掛けようかなぁ~」

「えっ!俺の部屋にそんなものを?」
「可愛いでしょ?♡」


可愛いって・・・そんなものを自分の部屋で作ってたの?
あの「あっつー!」はその為?

見たら牧野の指があちこち赤くなってる。軽度の火傷だと思うけど、そんなのを全然顔に出さずに俺の部屋の何処に飾ろうかって楽しそうに悩んでいた。
そしてベッドから起きた時、真正面に見える白い壁・・・「ここに飾っていい?」って言われて、返事する前にフックを付けられた。


掛けられたのはパープルとピンクの薔薇のヤツ。
他に持っていた2つは執事の事務所と父さん達の部屋にあげるんだと言って元気よく出ていった。



牧野が飾っていったリースの前に立ってみた。
背の低いあいつが背伸びして付けたって俺には丁度目の高さ・・・そのリースに使われた花を触ってみたらまるで生花みたい。


これをどうやって作るのかなんて知らない・・・知らないけど、凄く暖かい感じがする。
俺があの日、あれだけ冷たく「処分しな」って言った花なのに・・・牧野に助けられてこうやって戻って来たのかと思うと不思議だった。そして何故か身体の奥がムズムズした。 


「なんなの?あの子・・・朝はあれだけ怒っていたのに夕方にはこれ?・・・意味がわかんない・・・」


この日、俺の部屋にはピンク色のフラワーリースが追加された。 





043d8b4bfb4091e50286ceda6618b7ec_t.jpg
関連記事
Posted by

Comments 4

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/08/04 (Sun) 06:32 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/08/04 (Sun) 13:40 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

ビオラ様、こんばんは。

ふふふ、そうなんです(笑)
実はあの噂話が飛び交った時のお話しで「5分遅刻した」って類君が呟いているのです。
そのせいでつくしちゃんの5万円が無くなったんですね~。

うんうん、多分無理だと思います(笑)
それこそ一緒に登校しないとね♥


無料サウナ・・・えぇ、地獄です。
想像を上回る蒸し暑さで、旦那も倒れそうです。

それなのに台風が・・・台風が向かっている(笑)工期が伸びるのは勘弁してもらいたい・・・。

2019/08/04 (Sun) 20:23 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

シナモン様、こんばんは!

私だけかもしれないけど、結婚式の記念にしたものってその時だけ感動・・・だったんですよ。
私は披露宴で使ったメモリアルキャンドルがあったけど、停電の時に使ったっきり何処かにいきましたよ(笑)

きっと押し入れの奥にあるんだろうなぁって時々思い出すけど探すほどでもない。

あはは!ベッドの壁だから?
そういう事か!成る程~💦花の間に盗撮用カメラ仕込んでも判りませんね!

このつくしが仕込んでたらもっと怖いけど・・・旦那様達の部屋にも飾る気だぞ?(笑)
そっちを見たらどうするんだ?


そして、なんと!!ここでその話が出てくる!!(爆)
そう言えば作ってましたねぇ~💦プレーンオムレツのヤツね!

マスター元気だろうか?(笑)犬のあきらと一緒に長崎で楽しんでるかな?

2019/08/04 (Sun) 20:43 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply