FC2ブログ

plumeria

plumeria

花沢類の運転で温泉旅行・・・今回は仕事も絡んでないから100%お遊び、そう思ったら時間が勿体なくて大分に着いてから大はしゃぎだった。
彼が眠いのも気怠そうなのも知ってるけど、それを見ないフリして地獄巡りを突っ走った。

最近気が付いたのよね・・・前みたいに嫌そうな顔をあまりしなくなったの。
呆れた顔は見せるけど、なんやかんや言って結局私のお願い事を聞いてくれてる。
一緒には食べてくれないけど(先に食べたりもするけど)側にはいてくれるし、彼を置いて走っても気が付いたらちゃんと後ろにいてくれる・・・だから甘えてるんだけど・・・ね。


でも、最後の龍巻地獄が終わったら流石に疲れた・・・。
本当はお腹なんて空いてなかったけど、よく考えたら花沢類が殆ど何も食べてない。だからスマホで彼が食べられそうなものを探していた。

それで見付けたのが海地獄の付近にある美味しそうなイタリアンレストラン♡
ここからまた戻らなきゃいけないけど時間はある。写真を見てもお洒落でお庭も綺麗・・・やっぱり花沢類には道端の温泉玉子よりこっちだよね!

そのお店に決めて、話し掛けようと運転席を見た。


「・・・・・・・・・・・・すぅ」
「・・・花沢類、寝てるの?」

「・・・・・・・・・・・・すぅ」
「・・・完全に寝てるわね・・・」


寝てるなら少しぐらい大丈夫かな?・・・そう思って彼に近づいてみた。


いいなぁ・・・こんなに綺麗で高い鼻。そして睫、長ーい・・・それにお肌スベスベ。でも、この人の部屋に男性用化粧品なんてどこにもないわよ?
私、毎日掃除してるもん・・・何かをつけてるところも見た事ないし。

うわ、喉仏が出てる。やっぱり男の人って感じ・・・。
意外とここ、気になるのよね・・・・・・なんちゃって。

耳の形も綺麗・・・あれからずっとアクアマリンのピアスがつけられている。
もうファーストピアスじゃなくて一緒にあげたセカンドピアス・・・今じゃ見慣れちゃったけど、やっぱり似合うなぁ。

さり気なく胸に置かれた手・・・この手がバイオリン、弾くんだよね。もう1回ぐらいお強請りしてみようかな・・・その前にどんな曲があるかを調べないとね。


暫く見ていたけど、あんまり気持ち良さげに花沢類が寝てるから、私も眠たくなって自分の席に身体を戻した。
そして今までドキドキしていた心臓を押さえながら目を閉じていたら・・・いつの間にか寝てしまったみたい。

次に目を覚ました時は、花沢類が窓ガラスに頭をぶつける場面だった。


嫌だなぁ、さっきまで格好良かったのに。



**



「ねぇ、今日泊る所って何処?」
「実はさ、別府じゃなくて湯布院なんだって。田村が旅館名教えてくれたから行こうか」

「うん。湯布院って遠いの?」
「高速で30分ってとこかな」


大分のほぼ中央に位置し、名峰「由布岳」に見守られる湯布院。「九州の軽井沢」って呼ばれる人気の避暑地で狭霧台や金鱗湖って言う名所があるらしい。
まぁ、私は本場の軽井沢を知らないから比べようもないんだけど。

ここにある温泉に彼と泊る・・・花沢類も飄々としてるから気にもしてないのかもしれないけど、まさか北海道の時みたいに1部屋って事はないよね?一応別々に寝られる場所があるよね?
1番聞きたくて、1番声に出せないこの質問・・・隣の人は何を考えてるんだろう?

それがずーっと気になっていた。



「あ・・・湯布院ってあの辺りだ」、って花沢類が言うから車の窓から見ると、周囲を大自然に囲まれた街が見えてきた。
吸い込まれるようにその街中に入っていって宿を探したら、中心部から少し離れた所にある古民家みたいな旅館に到着した。

都会の洋館に住んでるからなのか凄く新鮮・・・ちょっと薄暗い感じが北海道のカントリー調のコテージとは違ってオトナっぽかった。


「いらっしゃいませ、花沢様。お待ちしておりましたわ」

「こんにちは~!お世話になります!」
「・・・・・・ども」

出てきた女将さんもすっごく綺麗な人。まさか見惚れてないよね?って花沢類を見上げたら、彼はいつもの無表情だった。

あぁ、お母さんを見慣れてるからか。
奥様の美貌はあの年代では有り得ないほどだもの、いくら女将さんが美人でも相手にならない・・・って事は、この人が綺麗だって思うのはどんな人?そんな人この世に居るのかしら・・・。
西門さんだって美作さんだって普通に女性より綺麗だし、この人達を上回る美人じゃないとダメって言われたらそれこそ世界に数人じゃない?

・・・・・・なーんて。今から行く部屋の事でドキドキするもんだから別の事を考えようとしてる私。


それでも暖簾を潜って中に入ったら、違うドキドキに襲われた!
通り過ぎるお客さんや仲居さん達が花沢類を見て真っ赤っか・・・私はその人達を見て真っ赤っか。

私達、人の目にはどういう風に映ってるのかしらって気になって、彼の横にくっつくことが出来ず少し後ろを歩いていた。


「・・・牧野?」
ドンッ!!「痛ぁっ!!」

急に立ち止まって振り返った花沢類の背中におでこをぶつけた!
でも見栄をはって鼻を押さえたら「ぶつかったのおでこでしょ」って冷たく言われた。


「なによ!どうして急に止まるのよ!」
「・・・いや、あんまり大人しいからどうしたのかと思って。地獄ではあれだけはしゃいでたのに」

「そっ、それは・・・その・・・お腹が空いて」
「・・・聞いた俺が馬鹿だったね」


クスクス笑ってる女将さんに「少し夕食を早めにお願いできる?」って聞く花沢類・・・本気にするなっつーの!




***********************



「こちらのお部屋でございます」

「・・・・・・・・・ここ?」

「はい。ご予約はこちらのお部屋ですわ。夕食は1時間後に持って来ますから、それまで専用の露天風呂にお入りになってお待ち下さいね」


女将がそう言って案内してくれたのは本館からすごく離れている戸建ての個室。
勿論近くには他の部屋があるんだろうけど、植木や竹塀で隠されてて全然見えない。完全に2人の世界・・・って事?

中に入ったらすぐに見える小さな和室。
小綺麗で座卓にはお茶なんかもあって、床の間には上品な花がある。他に部屋は?って襖を開けたら、そこには広めの寝室みたいなのがひと部屋あった。

でもそれ以外何もない・・・あるのは凄く大きな露天風呂だけ。


「・・・・・・花沢類、ここってお部屋は?」
「うん、これだけみたい・・・」

「商店街の福引きだから小さいのかな」
「・・・判んない」

「・・・北海道より狭くない?」
「多分狭いよね・・・お風呂は開放的だけど」


調べたけどバスルームもシャワールームもなかった。
でも7月の暑い日に1日中遊んでるんだから入らない訳にはいかない。

仕方なく今日もどっちが先に入るかでじゃんけんになった。


「「最初はグー!じゃんけん・・・」」
「パー!!」
「グー・・・あっ、負けたぁ!」


今日は俺から・・・って決まったのはいいけど、何故か全然嬉しくない。


「・・・行ってきます」
「い、いってらっしゃい!」


荷物から着替えだけ出して、首を傾げながら露天風呂に向かった。
何か、何処かが違うような・・・そう思ってるのは俺だけだろうか?





_53876-33622.jpg
関連記事
Posted by

Comments 6

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/09/02 (Mon) 00:18 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/09/02 (Mon) 07:25 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/09/02 (Mon) 10:07 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

ただの******様 こんにちは。

ふふふ、そんなお洒落なものではないと思います。
だってつくしちゃんですもの❤

おおっ!そうなのですね?
馬車・・・類君に体力が残ってるでしょうか?(意味深発言)

湯布院には随分昔に泊まった事があるだけですね。
丁度霧が凄くて運転が怖かったです。
本当にここに書いたみたいなお宿で、すごく印象に残っていますが今はもうないみたいでした。

車で走る体力がもうないので、今度は「七つ星」にでも・・・(笑)無理だろうなぁ💦

2019/09/02 (Mon) 13:40 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

ビオラ様、こんにちは。

そうなんです、つくしちゃんもぼちぼち何となく気になってるんですけれどね(笑)

今までだと「立場が違う」ってしゅんとしちゃう場面でしょうが、このつくしちゃんはただの天然。
恋愛音痴同士なのでどうしていいのか判らないようです。

こんなの花男二次でいいのかどうか(笑)LOVE度、どんどん低くなってるようで怖いですよね💦

いやいや、そんな事を言ってる場合ではございません!キリッ!
ラストに向けて頑張ります!


そう言いながら何故か伸びている(笑)あれ?💦

2019/09/02 (Mon) 13:45 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

桜姫様、こんにちは。

あっはは!笑っていただけて嬉しいです~。

ってか、大丈夫ですか?こんな類君、あんまり居ないでしょ?
書きながら不安なんですよ~💦

私は格好いい無口な類君が好きなのに、どうして書くとこうなってしまうのか・・・。

そしてそんな類君をつくしちゃんを借りて私が虐めてる感じですよね💦
反省はするんですが、手が止まりません・・・。

ホントにごめんね、類君・・・。


うんうん、両親が認めてるお話しは書いてる方も楽ですね。
今回は花沢家vs鈍感コンビ、いいのか悪いのか鈍感コンビが勝っております(笑)マジでヤバい・・・💦

2019/09/02 (Mon) 13:59 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply