FC2ブログ

plumeria

plumeria

国内線に着いたと思ったら今度は羽田空港国際線ターミナル・・・ここはもう私には外国に見えた。
沢山の外人さんが居て、その中を外人みたいな花沢類と2人・・・田村さんに渡されたチケットを持って、21:20分発の飛行機に乗る為に出国ゲートに向かった。

荷物は小さなカバン1つ・・・しかもその中にあるのは既に使用済みの下着と服。
これでどうやってハワイに行けって?!初めての海外旅行がこんな軽装とコンパクト荷物でいいの?!


「ホントに行くの?ねぇ、花沢類、ホントにハワイに行くの?」
「・・・・・・行くしかないのかな・・・いや、でも・・・」

「奥様に連絡は?」
「さっきから電話してるけど出ないんだ」

「だってもうお小遣い無いんだよ?」
「・・・・・・・・・問題はそこ?」


田村さんは私達を降ろしたら見送りも車の横で済ませてさっさと帰ったし、花沢類は相変わらず難しい顔・・・セキュリティチェックは済ませたし、出国審査に進んでパスポートを見せて搭乗券を出し、審査そのものは問題なく完了。

私達が乗る飛行機の搭乗ゲートまで来てるのに改札機の前から動けない。
ファーストクラスってヤツらしいから専用レーンですぐにでも入れるけど、何故か私達の足は止まっていた。


「お、お客様、あと20分ほどで離陸で御座います。お乗りでしたらお急ぎ下さいませ」

「・・・・・・・・・牧野、行く?」
「・・・・・・・・・花沢類、海に入れる?」

「・・・そこ?」
「・・・お金貸して?お土産代がないの・・・」


この会話の後に花沢類は勇気を出してチケットを機械に通して機内に入った。
私も彼と同じようにして、少しだけウキウキしながら初めての海外旅行に向かった♡




**



約7時間後、州都ホノルル市があるオアフ島、ダニエル・K・イノウエ国際空港に到着した。


「きゃあああーっ!ハワイに着いたぁ!」
「・・・牧野、元気だね」

「うん!花沢類に言われた通り爆睡したから!」
「・・・・・・そう、それは良かった」


飛行機に乗ったら花沢類が教えてくれた。

『日本のほうがハワイより19時間進んでるからね。日付変更線をまたぐ関係で西側にある日本のほうが早く、ハワイのほうが遅れてるんだ。だから日本の出発時間が夜でもハワイに到着するのは朝。寝ないでハワイに到着すると徹夜したまま1日を過ごすって感じだからとにかく寝て!』


だからハワイに到着した朝の10時過ぎ、私は比較的元気だった。
逆に花沢類は得意の睡眠が取れなかったのか、前日からの疲れなのかハワイに着いた時にはぐったり・・・不抜けたシマウマみたいになってた。

おかしいなぁ?ファーストクラスだったからシートも倒せて楽ちんだったのに。


仕方なく、大欠伸の花沢類の手を引っ張りながら空港の外に出た。
そしてド派手な柄のサマードレスを着た奥様が手を振ってるのを見付けて2人で絶句・・・実に国際的美魔女だ。


「は~い!いらっしゃい、類、牧野さん!空の旅はどうだった?」

「ずっと寝てたよ💢電話ぐらい出たらどうなの?俺達、大分からここに直行なんて聞いてなかったんだけど?!」
「まぁまぁ、類様、落ち着いて!来ちゃったもんは仕方ないじゃないですか!楽しみましょ?」


「牧野さんの言う通りよ。ホテルの建設予定地もちゃんと見るわよ?仕事も兼ねてるんだからいいでしょう?」

「だからっ!!俺はまだ学生で、そのホテルの予定すら知らないから!」
「まぁまぁ、類様、ただでさえ暑いんですからそんなに興奮しないで。何か飲みましょう、ねっ!」


「牧野さんの言う通りよ。興奮せずに聞きなさい。このホテルの建設はあなたが花沢に入ったら責任者になってもらおうと思ってるの。言わばあなたの初担当って現場になるのよ?その第一歩から参加できるんだから喜ばないと」


「・・・何か隠してるでしょ?」
「親を疑うの?」


同じ顔して睨み合って・・・結構仲がいいじゃないの。




***********************




「日本のほうがハワイより19時間進んでるからね。日付変更線をまたぐ関係で西側にある日本のほうが早く、ハワイのほうが遅れてるんだ。だから日本の出発時間が夜でもハワイに到着するのは朝」
「えっ!時間が戻っちゃうの?」

「・・・まぁ、それが時差ってもんでしょ?寝ないでハワイに到着すると徹夜したまま1日を過ごすって感じだからとにかく寝て!」
「えーっ、景色が見たいのに~」

「何も見えないよ。何時だと思ってんの?」


機内に入っても何故か興奮気味でなかなか座ろうとしないから、何度も寝るように話してたけど本当は俺の方が限界だった。
どうでもいいから寝たい・・・そう思ってるのに牧野が「ねぇねぇ、これなぁに?」の連発・・・しかも大分を出る時に夕食を食べたのに、機内食にも手を出そうとするから軽く喧嘩になった。


「だから食べない方がいいって!着いてからが大変だから!」
「でも美味しそうなんだもん~」

「あんたに軽くって言葉がないからだめ!それよりも寝な!」
「花沢類は寝たらいいじゃん。席だって別れてるしさ」

「そういう問題じゃなくて、変な時間に食べると体調悪くなるから」
「毎日元気だもん」

「・・・・・・頑固だな!」
「・・・・・・そっちこそ!」


ハワイ行きの飛行機は日本の夜に出て、現地の午前中に着くから身体を休めるタイミングがずれることがある。
多分ホテルじゃなくてうちのコテージに行くだろうから眠たければすぐに寝られるだろうけど、待ち構えてるのが母さんだから何が起きるか判らない。下手したら海外旅行に慣れてない牧野を引っ張り回す可能性だってあるんだから。

そう思って寝とけって言うのに、機内食食べてる場合じゃないって!


結局機内食は1人で食べて、その後も自分のシートでゴソゴソゴソゴソ・・・俺はそれが気になって寝られなくて、牧野が爆睡した後は目が冴えてもっと寝られなかった。


おかげで現地に着いたら牧野の方が元気で俺がぐったり・・・しかも出迎えた母さんのテンションの高さにムカついた。


「は~い!いらっしゃい、類、牧野さん!空の旅はどうだった?」

「ずっと寝てたよ💢電話ぐらい出たらどうなの?(ホントは全然寝てないけどさ!)」
「来ちゃったもんは仕方ないじゃないですか!楽しみましょ?」


・・・・・・寝られなかった原因は牧野なのにっ!💢💢


母さんは成田発の飛行機で俺達より2時間前にハワイに着いたらしいけど、流石海外移動に慣れてるだけあって超元気だった。
既に待機してる花沢の車の運転手もアロハシャツでご機嫌そう・・・まずは視察に行くと言われて重たい身体を引き摺るようにして車に乗り込んだ。


「で、どこなのさ、その建設予定地」

「あぁ、カイルア地区にあるんだけどね。うちの別荘があるラニカイビーチの近くよ」
「・・・それならほぼ真横じゃん。今更視察しなくても良くない?一昨年来た時と何か変わってるの?」

「ううん、全然。でも実際に見るのと思い出すのは別よ!気にしない、気にしない!」

「・・・・・・・・・」


この人、なに企んでるんだ?



「うわぁっ~!ハワイの太陽は綺麗ですねぇ~!東京で見るのと輝きが違うわぁ~!」
「・・・太陽はひとつしか無いんだからどこで見ても同じだよ・・・」


いや、確かにハワイの太陽が眩しい・・・。
どうせなら福引きがハワイだったら良かったのに・・・。





にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
応援ポチ、宜しくお願いします。
関連記事
Posted by

Comments 4

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/09/08 (Sun) 05:35 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

ビオラ様、こんばんは。

どんどん類君が可哀想になってきましたね(笑)
ここらでゆっくりさせてあげたいと思うのですが、それを許さないのが類ママです。

もう少し類君にはアタフタしてもらって、寝てばかりの身体を緊張させ、穏やかすぎる心臓をバクバクさせていただきたいと思います。

ハワイの夜はムラムラするのかもしれません(笑)

2019/09/08 (Sun) 18:45 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/09/09 (Mon) 15:50 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

シナモン様、こんばんは。

えっ?!ホント?

めっちゃ気に入ったんですけど💦面白いなぁ~って思って。
パイナップルが海に入ってるのよ?スイカなら判るけどパイナップルよ?

でも、なんかそう言われたら・・・そんな気もしてきた(笑)


類君の気持ちなのかも・・・・・・ははは!


そうそう、つくしちゃんはお土産が買いたいんです。
まぁ、ベタなお土産だよね(笑)饅頭やらせんべいはないだろうから。

1ドルせんべいとか無いかな・・・探さないけど(笑)

2019/09/09 (Mon) 19:40 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply