FC2ブログ

plumeria

plumeria

紫音と花音は幼稚舎の2年目になり、この頃随分と背が伸びてきて顔付きがキリッとして来た。
それを嬉しそうに見るつくしの腹はもう限界じゃないのかってぐらい大きくて、俺の不安はMAXだった。


「破裂しそうだな・・・寝てなくていいのか?」
「え?寝てちゃ難産になるって言うよ?」

「だから帝王切開に切り替えろよ。俺、絶対に嫌だからな・・・お前が苦しむの」
「何言ってるの!どっちにしても後は大変よ?だからその時はしっかり紫音と花音の面倒みてね?」

「それはいいけどよ・・・」


俺が不安なのに紫音は腹に両手を当て、大声で「行ってきまーす!」、花音はその腹をポンポン!と触って「ママ、気を付けてね!」、その度に叫びたくなるのを必死に堪えていた。
「パパがそんなんでどうするの?」ってつくしも呆れ顔・・・でも、仕方ねぇじゃん。


初めて・・・なんだから。


この頃は検診も週1になって、俺はいよいよ近づいたんだと実感した。
親父とお袋にも無理言って地方に出向くのをやめて本邸での仕事のみ。茶会は出来るが茶事は生まれるまで控えてもらい、1日中本邸内でソワソワしていた。

志乃さんが少し小走りで移動したら茶室から慌てて飛び出し「若奥様のことではありません!」と呆れられ、誰かと廊下をすれ違う度に「つくしを見なかったか?」と尋ね仕事の手を止めてしまう。
事務長からも「少しは落ち着いて下さい」と窘められ、何だか1人で孤立してる気がしてならなかった。


「パパ、どうしたの?心配ごと?」
「みんながね、パパのこと、笑ってるよ?」

「・・・・・・ぷっ!」
「笑いたい奴は笑えばいいんだ・・・小さな男で悪かったな!」

「えっ!パパはおっきいほうだよ?けんちゃんのパパは志乃さんぐらいしかないもん!」
「かのん、パパが細いからうれしい~♡りんちゃんのパパ、まんまるだもん!」

「・・・・・・ぷぷっ!」
「・・・そう言う意味じゃねぇって」


俺だって思わなかったさ・・・もう少しどっしり構えてるタイプだと思ったのにな・・・・・・くそっ!



5月初日、連休前に検診に行くと言うから付き添った。
もう車から降りるのに1人では大変そうで、俺の手を持って「よいしょ!」なんて声を出しながら降りる。その時に抱えるつくしの重さと丸みはこれまでに感じたことがないもので新鮮だった。

車から降りると1度大きく息を吐く・・・そして腰が痛いと摩りながら、もう片方の手は俺に伸びてくる。


「階段、気を付けろよ」
「うん、大丈夫」

「そこ、マットに躓くなよ?」
「うん、判ってる」

「もう少しだから頑張れ」
「・・・ホントに心配性だよね?くすっ、まさかここまでとは思わなかった!」

「・・・悪いかよ!」
「ううん、嬉しい。ありがと、総」


この日はいつもとは違う検査もあって時間が掛かった。
ノンストレステストと言って子供の心拍や胎動などから元気かどうかをチェック、分娩監視装置ってのを付けて子宮収縮の状態を調べるらしい。
つくしの場合は前回帝王切開からの自然分娩希望だから万が一に備えて骨盤X線検査も行われた。


「・・・大丈夫そうですか?」
「検査の結果は大丈夫です。でもお産は何が起きるか判りません。ですからすぐに帝王切開に切り替えられる準備はしておく必要があります」

「本人はどうしてもって?」
「えぇ、そうしたいらしいです。でもちゃんとお話しはしていますよ?どっちで産んでもそれ自体に優劣はありませんって。
たとえ今回自然分娩でもその次にお子さんを授かるかどうかは判らないでしょう?とにかく今はこの出産に最善を尽くしましょう、そう言ってあります」


つくしが検査中に医者と話したが、予定通りに陣痛がくるのを待つらしい。
この後に内診を受けて特に異常なしとの言葉を貰い、またつくしの手を持って自宅に戻った。



ゴールデンウイークになると紫音と花音は幼稚舎も休みだから屋敷に居るが、つくしの出産が間近だから遠出は出来ない。
俺もつくしから離れる訳にはいかないから、親父とお袋が双子を連れて「国営ひたち海浜公園」に出掛けた。その時に紫音は大丈夫だろうが花音が行方不明になること間違いなし!って事で、弟子も数人連れて行きやがった。

確かに爺さん婆さんであの歳の子供2人を面倒みられるかと言えば・・・無理だろう。
茶道以外の何もしなかった人達だから、俺もつくしもその方が安全だと納得した。

しかも茨城に1泊の予定で今日は俺達だけ。だからその日の夜、屋敷はシーンとして不気味なぐらいだ。
屋敷に残った志乃さんも「お子様たちがいらしてから毎日が賑やかですからねぇ」と、笑っていた。


「・・・・・・・・・」
「どうした?淋しいのか?」

「ううん、総が居るから大丈夫。そうじゃなくて・・・あの子達がお爺様達と旅行なんて考えもしなかったなって・・・」
「ははっ、そうだな。俺も親父達があんなに変わるとは思わなかった。それだけ双子の存在は貴重だって事だ。あんな親父達は初めて見るからな」

「うん、そうだね。総は初めての事が多いよね・・・」
「あぁ、まぁな・・・すげぇ楽しみだけど」



「私もね・・・初めてなのよ」


そう言った時のつくしは笑っていたけど悲しそうだった。

『私も初めて』・・・つくしは5年前の自分の病気の事を今でも恐怖だと言った。
今度は俺が側に居るから心配ないのに、そうじゃなくて・・・赤ん坊の面倒を見ることが出来なかった自分を思い出して、おかしくならないだろうかと心配しているようだった。


「だってオムツ1つ替えたことがないのよ?お風呂だって入れたことがない・・・離乳食だって作らなかったし、夜泣きしても抱いてあげてないの。だから双子が大きくなってるのに私は初めての子育てでしょ?上手く出来るかなぁって心配なの。
何処に行ってもね、初めてのお子さんじゃないんだからって言われそうで・・・だから怖いなぁ」

「・・・そっか・・・じゃ、初めて同士で頑張るしかなくね?」

「くすっ、そうだよね」


「お前が出来ない時は俺がやる。俺が出来ないことはお前がやる・・・紫音と花音も手伝って、4人でこの子を守ってやれば大丈夫だろ?」

「・・・うん」
「万が一お前がおかしくなったら俺が連れ戻してやる。だから怖くねぇよ」

「・・・うん!」




その次の日の朝、双子達が居ないから本当に静かな朝だった。
ベッドで目が覚めたのはもう随分と明るくなってから・・・こんな時間まで寝るのは久しぶりだと隣に目をやると・・・つくしが居ない。

いつの間に起きたんだ?と身体を起こすと、何処かから呻き声が聞こえて慌てて飛び降りた!


「つくし・・・どこだ?!」


「・・・・・・ううっ、総・・・!」

声が聞こえたのは洗面所だった。
そこで床に踞ってるつくしを見付けた・・・いよいよその時が来たんだ、そう思うと全身の血が熱くなった。


「つくし、しっかりしろ!」
「・・・・・・大丈夫だけど・・・陣痛が始まったみたいなの。実は昨日から少し痛くて今朝からその間隔が・・・・・・うっ!」

「よし・・・病院に行こう。もうすぐ会えるぞ・・・!」
「うん、頑張る・・・総、離れないでね?」



大至急車の用意をさせ、志乃さんには親父達への連絡と病院の手配を頼んだ。
俺はつくしの陣痛が治まった時に支えながら車まで行き、一緒に病院に向かった。
主治医の病院には宗家専用の特別室があるから荷物は何も要らない。つくしが握り締めてるのは俺達が初詣で買ってきた安産のお守り1つ。

車の中ではお互いの手をしっかり握ったまま・・・薄ら汗を浮かべるつくしの顔は苦しそうだがすげぇ力強かった。



早く会いたい・・・早く抱きたい。

元気な声を聞かせてくれ、俺はすぐ側で待ってるから・・・・・・病院に着くまで心の中で呟いていた。





にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
応援ポチ、宜しくお願いします。
関連記事
Posted by

Comments 6

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/09/09 (Mon) 11:34 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/09/09 (Mon) 15:46 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/09/09 (Mon) 19:23 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

ビオラ様、こんばんは。

そうです~♡ネモフィラです~♡

確か昨年の「遠回りして帰ろう」では秋のコキアの時に類君とつくしちゃんを送り込みました。
有名なんですよね~。日本百景にも選ばれてなかったっけ?

行ってみたいですが、遠すぎる・・・(泣く)

青い花って少ないですから、ネットで見ると現物を見たくなります。

そしてつくしちゃん、いよいよです♡



ありゃ💦そんな被害があったんですね?
私も数年前は木蓮の木が折れて門柱を破壊しました。風の力って凄いですよね・・・。
この先もまだ台風の可能性はあるんで、何事も起こらないことを願うばかりです。

後片付け、終わりましたか?💦

2019/09/09 (Mon) 19:53 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: ワクワク(笑)

いちご様、こんばんは(笑)

ははは、ありがとうございます。
そう言っていただけて嬉しいですが、もしかしたら5話目は遅れるかも💦
その時は1日待って下さいね。

ボチボチマイペースで頑張りまーす!

いつもありがとう~~~❤

2019/09/09 (Mon) 22:28 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

パール様、こんばんは。

はははははは💦どどどどど、どーしましょうかねぇ?(笑)
イヤもう、ホント・・・今更ですよね💦

有り難いことです・・・恐縮です・・・ちょっと怖いです。
緊張するのであまり見ないことにします(笑)


総ちゃんがまん丸だったら怖いけどね💦いや、ダメでしょ!!
あの4人は何があってもスリムで・・・

「あきら、最近ぽっちゃりしたよね」
「そう言えば類もメタボ健診、引っ掛かったって?」
「そう言う総二郎も高血圧らしいじゃん」
「司は脳ドックで引っ掛かったらしいぞ?」

「「「へぇ~」」」

うわぁ~、こんなのイヤだよね💦類がメタボ💦(R様に怒られるって!!)


あっはは!ホントだ!!

そんな事書いたら・・・確かにそうだよね。総ちゃんだもん・・・そっちだと思うよね・・・。ヤバっ💦

2019/09/09 (Mon) 22:37 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply