FC2ブログ

plumeria

plumeria

陽気な運転手は鼻歌交じりに運転してるし、牧野は初めて見る光景に疲れなんて何処かに行ったみたい。キャアキャア言いながら窓にへばりついて外の景色を見ていた。

母さんはそんな牧野を面白そうに見ていて、時々俺に向ける視線は・・・何故か怖かった。


「ねぇ、類。湯布院はどうだった?良いお宿だった?」
「・・・・・・うん、良い宿だったよ」

「へぇ~、温泉は気持ち良かった?」
「・・・・・・うん、気持ち良かった」

「お料理は美味しかった?温泉宿って私もあんまり経験無いのよ・・・何かサービスあった?」
「・・・・・・・・・いや、個室だったし仲居は・・・そこまで来ないから」

「そうなの・・・」
「そうだよ・・・」


どうしてそんなに怖い顔して聞く?良い宿だったって言ってるのに。
サービスなんて高級ホテルの方が良いに決まってるじゃん。温泉宿のサービスなんて・・・・・・


「涼しいところなんでしょ?良く寝られた?」
「・・・ぐっすりだったよ」

「そう~、ぐっすりだったのね・・・」


だからなんでそんなに睨むんだよ!息子が紳士だったんだから安心すれば良いじゃないか!
露天風呂の隅っこに入られても、枕を投げ付けられても、座布団で寝かされても・・・何されても文句言わず黙って耐えたんだから!

そう、耐えてたんだ・・・色んな誘惑に。



そんな事を話してるうちに車は島の東側、オアフ島の中でもっとも美しいといわれているラニカイビーチに到着。
牧野は少し向こうに見えるエメラルドグリーンのビーチに大興奮だった。


「ここに来るといつも思うわ。プライベートビーチがあればいいのにねぇ~」
「プライベートビーチ?そんなの持てるんですか?」

「それがハワイでは禁止なの。海の前の土地がうちのものでもビーチは私有できないって州法で定められてるからね」

「随分前にビーチも私有地だと言い張って罰金払った事があるんだ、この人」
「へぇ~!でも海ですもんね!みんなのもので正解ですよ」

「うふふ、後で類に連れて行ってもらいなさい。綺麗よ~」

「はーい!!」


いいけどさ・・・今度はビーチバレーとか言わないでよ?




**********************




ホテルの建設予定地視察・・・私は行っても判らないから留守番するって言ったのに無理矢理同行させられたけど、何故かその視察は5分で終わり花沢類は激怒していた。
「これで終わりなら来なくて良かったんじゃないの?!」・・・うん、部外者の私でもそう思う。

だけど奥様はそんな花沢類の怒りなんて無視して「別荘に戻りましょ♡」ってニコニコだった。
これが社長夫人の仕事のやり方なんだろうか・・・限りなくバカンスに見えるんだけど?って言葉は飲み込んだ。



別荘に着いたら彼は少し寝ると言って部屋に向かった。

背中も丸めておじさんみたい・・・トボトボと力なく歩いて行く後ろ姿には哀愁すら感じてしまった・・・。
それを見て「だらしないわねぇ~」と嘆く奥様だったけど、実は私も少し眠い・・・だから同じく部屋で休みたいと言おうとした時、逆に奥様に呼ばれてある部屋に向かった。

そこは病院のベッドみたいなのが2つ並んでて、凄くいい香りが部屋中に漂ってる。真ん中に立っていたのは美男美女の2人で凄く明るい笑顔で「aloha~」と挨拶をされた。
つられて手を振り「aloha~」・・・1度やってみたかった♡


「じゃあ始めましょうか」

「・・・・・・奥様?」
「これはロミロミ (Lomi Lomi) って言うリラクゼーションマッサージよ。『ロミ』とはハワイ語で『もむ』という意味なの。この2人は人気のマッサージ師だからここで受けてごらんなさい?気持ちいいわよ~」

「はっ?マッサージ・・・ですか?」
「私もハワイに来たらいつもやってもらうの。疲れが取れて仕事が捗るからね~。じゃあ宜しくね、私はリビングでゆっくりしとくから」

「はぁ・・・でも、私はそんなに・・・・・・えっ?!」


奥様が部屋を出ていった後、いきなり両腕を掴まれて隅っこに連れて行かれた。
そして服を脱げと言われ、あれよあれよと言う間に上着は剥ぎ取られパンツ1枚に?!
男の人も居るのになんて事するの!って思ったけど抵抗する時間さえ無くて、あっという間にタオル地のバスローブみたいなのを羽織らされた。

そして手招きされてベッドに行くと、そこに俯せて寝ろと・・・?
「Just a sec!(ちょっと待って!)」って言うんだけど、この2人の言葉が英語のような、そうじゃ無いような?言葉が伝わらないままベッドに寝かされて、今度は羽織っていたバスローブを腰のところまで降ろされた!


ひえ~~~!!上半身裸じゃん!
そりゃマッサージってのはこんな感じかもしれないけど、突然すぎて頭がついていかない!

起き上がりたいけど起きたら胸が丸見えだし、逆に背中に手の感触が来たからゾクッとして、リラックスどころか全身に緊張が走った!
それに顔を横に向けたら目に入るのは美人のお姉さん・・・って事は、この背中に当たってる手はイケメンのお兄さん?!

項の辺りから腰の辺りまでをゆっくり撫でてる感じが・・・ゾクゾクするっ!!
思わず足の指に力が入るっ・・・!

「Relax your muscles(力を抜いて)」・・・それならあなたが手を退けてーっ!って言いたいけど言葉にはならなかった。
外国語学科、全然役に立たない・・・いや、それよりも心の緊張が解けないと何も出来ないかもっ!


そうしてマッサージをすること5分、全然慣れない空間で自分の心臓と闘ってたら、後ろのドアがガチャ、と開いた。


「・・・・・・あれ?誰かやってるの?」


・・・・・・はっ?!
その声は・・・花沢類?!




************************




この別荘の自分の部屋・・・数年ぶりにそこに入って、夕方まで寝ようとベッドに倒れ込んだ。

もう何が何だかよく判らない。
とにかく早く日本に帰ってあの部屋で寝たい・・・横になった瞬間夢の世界に入ったはずなのに、それを叩き起こしたのは母さん。
ムカッとして睨んだけど、いつもの冷めた目付きで見下ろされた。


「だらしないわねぇ!若いクセに昼間っから寝てるだなんて。シャキッとするためにマッサージを受けてらっしゃい。私がやってもらおうと呼んでた有名なマッサージ師が来てるのよ。丁度いいじゃない」

「イヤだ」

「そんなにゴロゴロしてちゃ牧野さんにも爺臭いって思われてるかもよ?」

「爺臭い・・・どう思われてもいいけど知らない人間に触られたくない。どうせ女性でしょ?」

「馬鹿ね。私が頼んだのよ?素敵な男性に決まってるじゃない」

「・・・父さんが泣くよ?」

「大丈夫、愛してるのは彼だけだから。そうやっていつも言葉を交わしてるからお互いに信用してるの」


・・・・・・・・・いや、言葉が通じない人間もたまには居る。因みにすぐ側に居る。
恋人って関係じゃ・・・ないけど。

まだグチグチ言い続ける母さんを無視して目を閉じていたら、妙に顔の辺りが温かくなった。
それで目を開けたら、母さんが目の前10㎝のところで俺の顔を覗き込んでた!!

「うわっ!なんなの!」
「・・・・・・類、肌が荒れてるわ」

「・・・・・・は?」
「やっぱりマッサージに行きなさい。男だからってお手入れ無しってのは良くないわ。それにマッサージ受けてたら気持ち良くて寝ちゃうかも・・・ね?行きなさい」

「・・・・・・何考えてんの?」
「類のお肌の心配よ」


ここで抵抗してもずっと言い続けるのは判ってる。
昔は放置だったクセにこの歳になってからの干渉にはウンザリ・・・だけど疲れてるのは確かだから、仕方なくバスローブに着替えてマッサージ室に向かった。


牧野は何処で遊んでるんだろう?
その部屋に行く途中の廊下から見える海を眺めながらドアを開けて、1歩中に入ると・・・先客がいた。


「・・・・・・あれ?誰かやってるの?」
「・・・えっ?」

「・・・・・・・・・?!」


まさかそこで寝てるの・・・・・・牧野?!




にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
応援ポチ、宜しくお願いします。
関連記事
Posted by

Comments 4

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/09/09 (Mon) 08:04 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

ビオラ様、こんにちは。

ははは!Comedyですから深く考えて読まないで下さいね?(笑)
ただ類ママの暴走を書きたかっただけですから。

このまま上手く・・・さてどうでしょうかね?(笑)

コメントは多分性○、だと思います(笑)そのぐらいで~?って思う事が良くあります。


台風、ニュースで見ました。
都内や千葉は凄そうですね・・・もう通り過ぎたのでしょうか?
充分に気を付けてお過ごし下さいね。

2019/09/09 (Mon) 11:17 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/09/09 (Mon) 16:02 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

シナモン様、こんばんは!

流石でしょう?この類ママ、ある意味総ちゃんに似てるかもしれません。
ヤバいでしょ、こんなお母さん💦

息子に「ヤれ!」って言ってるのよ?(笑)
普通は止めるべき所なのに💦どーしたらいいんでしょ!

「嘘つき」のママさんもこんな感じだったけど、あれは類君が25歳ぐらいだったかな?
だからいいんだけど、この類君、まだ19歳だからね(笑)

ママさん、焦りすぎちゃうかな💦(自分で言うな!)


2人でロミロミ(笑)

あぁ、そう言えばS様、あれからずっと添え木に反応しています。
何かある度に「添え木、使えるかな」「朝陽、止まれるかな」って言ってます。困ったもんだ!(笑)

2019/09/09 (Mon) 19:46 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply