FC2ブログ

plumeria

plumeria

夕食は母さんと一緒に別荘のテラスで夕焼けの海を見ながら・・・って言ったのに、牧野は「それは出来ない!」と言って部屋から出てこなかった。
どうやら俺の事はいいとしても母さんは別・・・ここでいきなり使用人モードに切り替わって「奥様とは無理です!」と騒ぎ出した。


いや、それを言うなら大分の事はどうすんの?
いくら土日だったからって立場逆転だったよね?あんたが主人で俺がバイトみたいだったけど?

それを母さんに話したら「仕方ないわ」、そう言って俺と2人だけで食事をすることになった。
牧野には部屋に夕食を届けて「1人で大丈夫?」と聞けば「大丈夫です!」と・・・マッサージが終わったばかりのツルツルのほっぺたでニッコリされた。

本当は海を見ながら食べたいクセに・・・そう思ったけど、ドアを閉めた瞬間、部屋の中から「美味しそう~!」って聞こえたから本当に大丈夫なんだろう。
俺の方がしょんぼりしながらテラスに戻った。



「・・・・・・・・・」
「どうしてそんなに怒ってるの?久しぶりに親子でハワイに居るんだもの、もう少し笑顔に出来ないの?」

「本当だったら今頃自宅で寝てるはずだった・・・それがこのビーチでディナーしてるんだよ?誰だって気分悪いだろ」
「あら!こんなに綺麗な海を見ながらのディナーなのよ?楽しいでしょ?」

「楽しいわけ無いじゃん・・・俺1人で」
「私が目の前に居るんだけど?」


・・・・・・・・・確かにそうだけど。
咄嗟に出た言葉に食い付いた母さんはニヤリと笑ってワイングラスを傾ける・・・俺は自分の言葉をこれ以上追求されないように視線を外した。



「類、お父様が動くかもしれないわ」
「・・・・・・は?」

「お父様、本気みたいよ?」
「何の話さ。判るように言えば?」

「フランスの大手機械メーカーの社長令嬢でね・・・あなたと同じ歳の方がいるの。写真を見たけどとても美しいお嬢様よ?その方が類の事を好きなんですって。だから正式に会わせて欲しいって言ってるそうよ?」

「・・・誰、それ。興味ないし」


突然の話に驚いた・・・って言うか、俺の事が好きって言うけど、いつ会ったんだ?
俺がフランスに行ったのは2年前のノエルぐらいか・・・確かに花沢のパーティーには出たけど、その時に?
でもちゃんと紹介された女性なんて居なかったはず。俺がそんな場所を嫌って会場に居る時も笑顔1つ見せなかったんだから。


「そうでもしないとあなた、女性に興味を持ちそうにないからって、お父様なりに心配してるのよ」
「余計なお世話だよ。そう言っといて」

「・・・好きな人が出来たことがあるの?勿論すぐに婚約だなんて言い出すつもりはないわ。でも恋ぐらい経験できないとねえ・・・。そのうち会社に入ってしまえば数年おきの転勤とかでチャンスを逃すかもしれないわ」
「そうだとしても自分で見付ける。父さんや母さんに持ってこられる話なんて聞かないから」

「見付けるって言うけど、近くに女性の影も形もないじゃない?出会いがあるとは思えないわ~」
「出会いならもう・・・・・・いや、これからいくらでも・・・そこら辺で・・・出会うかもしれないし」


「そのステーキ、どこまで小さく切れば気が済むの?」
「・・・・・・・・・」


母さんに言われて皿を見たら、ステーキがサイコロ半分ぐらいになってた。いや、無心で切ってたから・・・。
それを口に運んでも美味しいと思えない。牧野が空港で持ってた不思議な食べ物の方が美味しそうに思えた。

でも隣に居ないから・・・チラッと空席の隣を見た。



「あぁ、そう言えばケインが牧野さんの事を頻りに聞いていたわね。気に入ったのかしら」
「ケイン?誰、それ」

「さっきのマッサージ師よ。類のマッサージしてくれたでしょう?」
「・・・そいつなら牧野にマッサージしてたけど?💢」

「えっ!イヤだわ、どうしてそうなったのかしらぁ?じゃあ、類にはオリビアがマッサージしたの?」
「・・・・・・・・・(なんだろう、この態とらしさは)で、そいつが牧野の事を?なんて?」

「花沢とどう言う関係かって言うから『ただの使用人よ』って答えたら恋人はいるのかって。だから『現在募集中のフリーよ』って教えておいたわ。ハワイの滞在期間は僅かだからって言ったら考え込んでたわね・・・」


現在募集中・・・初めて聞いたんだけど。

そんな募集してる様子も無いし、牧野の恋人は「諭吉」だから彼の事で頭がいっぱいだと思うけど?!
大体彼氏募集中の女の子が枕投げする?カンガルーに喧嘩ふっかける?そりゃ痩せてるけど1日にプリン5~6個食べる?
しかも馬刺肉完食する?・・・悪いけどどこにも色気がないから!


「南国男子は積極的よ?今頃牧野さんのお部屋に居たりして」
「不法侵入じゃん」

「だってまだ私のマッサージが終わってないからこの別荘に居るもの」
「・・・・・・・・・・・・」

「私は夜のマッサージを頼んでるから時間が空いてるのよね・・・ケイン、牧野さんの部屋を聞いてたし」
「・・・教えたの?」

「教えないわよ~!でも好きなら探すんじゃない?」

「・・・ご馳走様」



マジで?!あのニヤけた筋肉野郎が牧野の部屋に?!


食事も途中だったけどテラスから飛び出して牧野の部屋に向かった。

そうしたら牧野の部屋のドアが開いていて、そこに見えたのはケイン?!牧野の姿は見えなかったけどニヤニヤしながらドアの前に立っていて、彼女の方に手を伸ばした?!

そして上半身を屈めたらドアで見えなくなって・・・


まさかここでキスしてんの?!💢💢




********************




「うわっ!これって噂に聞くロコモコ?!美味しそう~♡いっただきまーす!」

部屋にはたった1人だったけど持って来てもらった夕食が凄く美味しそうでニッコリ♡
テーブルの向こうには誰も居なくて、2日間花沢類の横で食べてた私は淋しかったけど・・・うん、仕方ない。

奥様が居たら私は普通に花沢類に話し掛けられない。
ただでさえ使用人らしいことをしてないのに、こんな場面を見られたらマジでクビになっちゃうもん。


クビになったら花沢類の側には居られない・・・だからこれでいいんだって思いながらご飯を食べた。


その最後のひと口を食べた時、部屋のドアをノックした人がいた。
花沢類かな?ってワクワクしてドアを少しだけ開けたら、目の前に居たのはさっきマッサージしてくれたイケメンで「ツクシサーン」と日本語で名前を言われた。

でも名前が言えるだけで日本語は判らないらしい。
だから英語での会話になったけど、その明るいお兄さんに警戒心もなくなってドアを開けてしまった。


『ハイ!マッサージ初めてだったでしょう?痛みが出てないかと思って』
『え?あぁ、大丈夫ですよ。凄く楽になりました!有り難う御座いました』

『そう?それならいいんだけどさ。君、健康そうなのは良いけど、もう少し女性らしい部分も出せると思うんだよね・・・もしかしたら恋人が居ないの?もしそうなら恋をしたらいいと思うよ?』
『・・・は?えーと、でもそれで困ってないんですけど?』

『でもそのうち困ると思うよ?やっぱり男性は女性のSexyな部分に惹かれるものだからね・・・これ、試してみない?』
『はぁ・・・なんですか?』



つまり私に女らしさが皆無で困るって言ってんのね?
うん、自分でも判ってるんだけど他人に言われたらそれはそれで傷つくんだけど・・・それに無理して色気なんて出しても5分後にはバレちゃうもん。

それにもうそんな技も花沢類には通用しない・・・って、ここで彼の顔が頭に浮かんでドキッとした。
恋と聞いて彼を思い出してどーすんのよ!ダメでしょ、ご主人様なんだから!


お兄さんは小さなボトルを出して、その中の液体を少しだけ指に付けた。
何だろう?甘い香り・・・香水、かしら?

私、そう言うのは苦手なんだけどなぁ・・・自分が付けてたら花沢類の香りが判らなくなりそうだから・・・。


『あっ、やっぱりいいです!私は別にこのままでも・・・』
『いいからいいから。こうやって耳の辺りにね・・・』


そう言って1歩前に踏み出して、その指先に付けた液体を私の耳の後ろに塗ってくれたけど、その甘い香りでクラッときそうだった。


『・・・あんまり好きじゃないかも・・・』
『そう?でも男はこう言うの、好きなんだよ・・・』



お兄さんの指が私から離れた時、急にバーン!とドアが全開にされて、彼の首元を掴んだ人・・・・・・!


『・・・あんた、そこで何してんの?』


南国ハワイで凄い冷気を背負った花沢類が・・・・・・凄く怖い顔して立っていた。




にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
応援、宜しくお願い致します♡
関連記事
Posted by

Comments 10

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/09/11 (Wed) 00:43 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/09/11 (Wed) 01:06 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/09/11 (Wed) 05:25 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

シナモン様、おはようございます!

あっはは!引っ掛かったぁーーー!(笑)

意外と簡単に引っ掛かってるよね、類君。
この類君、一般的に言われている「策士」とは程遠いよね・・・。

まっ、いいか!(笑)


あっ!今日は浜栄丸が釣ってきたお魚、もらいに行くの(笑)
鰺らしいけど大量だったらしいから❤

うん、鰺・・・鯛じゃないの(笑)

2019/09/11 (Wed) 09:40 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

まりぽん様。こんばんは。

ヤバいぐらい煽ってますよね・・・💦どんなお母様でしょう💦
自分の息子なのに・・・ねぇ?

もういい加減にしてくれ!っていう読者様の声が聞こえるような気もしますが(笑)
とうとう類君、その時が来たのでしょうか?

そ、それとも・・・(笑)


おおおっ!!それはそれは・・・忙しくなりますね(笑)
おめでとうございます、でいいのかしら❤

私の新婚旅行はヨーロッパなのですが、えぇ!とんでもない喧嘩三昧でした(笑)

その時は成田から行ったんですが、帰りじゃなくて行きに大喧嘩①
イギリスに着いたときはまぁまぁ観光できて良かったのですが、次のイタリアで大喧嘩②
トレビの泉の前ですっごい怒った顔で写真撮ってます(笑)
その次のスイスで大喧嘩③ここではとうとう部屋を別けました(同じく新婚さんが喧嘩してたので、奥さん同士、旦那同士で寝ました)
最後のフランスは喧嘩しなかったような気もします・・・が、帰国の飛行機の中で大喧嘩④

ははは!どれだけ喧嘩したらいいんでしょうか💦


今となってはそれもいい思い出です❤

2019/09/11 (Wed) 19:07 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

ビオラ様、こんばんは。

おおおっ!なかなか良い予想ですよ❤
問題はこの後ですよね・・・このままいい感じになるのかどうか。

類ママvs鈍感&天然・・・ここでもどっちが勝つのか、もう少し見守ってくださいませ。
もうすぐ終わると言いながら結構伸びてますが(笑)

2019/09/11 (Wed) 19:11 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/09/12 (Thu) 01:07 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

まりぽん様、こんにちは。

え~~~~💦そうですかね?
最近は喧嘩も少なくなりました。今頃落ち着いたんでしょうかね?(笑)

娘が小さい頃、よく大喧嘩してたんですが、子供は面白がってましたよ。
何故か笑いながら私達の喧嘩を見ていました。

「今日はお母さんが勝ったの?」って、まるで勝負みたいに言われたのを覚えてます・・。


手が出たり、物が飛んだりはしないので可愛い方ですかね?(笑)

2019/09/12 (Thu) 11:45 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/09/12 (Thu) 13:45 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

まりぽん様(笑)

いや、喧嘩はマジモードですよ(笑)
多分、私の口に勝てない旦那が面白いのだと思います♡

ふふふ!

2019/09/12 (Thu) 21:38 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply