FC2ブログ

plumeria

plumeria

事務所に行ったら西村さんが保険の書類を用意してくれていたから説明を聞いて、明日提出することにした。
そしてやっぱり私の運転技術はここでもバレバレ・・・それにムッとして口を尖らせたら西村さんは大笑いだった。

「あはは!すごく心配してるんですって!」
「あの車の心配しょう?だって、あんな大きな車にいきなり乗れって言うんですもの!2年間ハンドル持って無かったんですよ?緊張するじゃないですか~。しかも隣であの顔が睨むんですよ?」

「あぁ、車の心配じゃなくてあなたの心配です」
「は?私の?」

「・・・早く帰られる時の方が少ないのですから女の子1人が歩いて帰るのは嫌なんですよ。頑丈な車の方が安心だと思ったようですが、それだと逆に危なかったからって急いで小さな車を用意したんです。
そのお気持ちを考えて、安全運転して下さいね」

「・・・はい、判りました」


・・・・・・仕事に遅れるからじゃなかったの?自分が車の中でのんびりしたいからじゃなかったの?
着物だと運転しにくいからって、人目があるからって・・・そう言ってたじゃん。

何よ、天邪鬼・・・初めから「お前の帰り道が心配だから」って言ってくれればいいじゃん。
そうしたらもっと素直に練習して・・・・・・いや、彼氏じゃないっつーの!



「あっ!西門さんに言わなきゃ!」
「ん?総二郎様なら自室にいらっしゃいますよ?」

「いえ、もう寛いでるだろうからメッセージ送っておきます。帰る時にはひと言言えって言われただけなので」
「・・・ははっ、そうですか」

スマホで西門さんに『今から帰ります。お疲れ様でした、また明日~(*^▽^*)』って、可愛く顔文字までつけて送ったらすぐについた「既読」・・・はやっ!って思ったら何処かでガタン!と大きな音がした。

それを聞いて西村さんがまた大笑い・・・私は何が何だか判らなくてキョトンとしていた。


「ははは!・・・車で帰るのでしょう?早く行きなさい。何度も言いますが気を付けて帰るんですよ?」
「・・・はーい!」

なんでそんなに笑うんだろうって思いながらドアを閉め、そこから駐車場に向かった。


裏口で靴を履き、何気に緊張しながらドアを開けたら・・・そこには腰を押さえた西門さんが踞ってた。
「は?」って声を出したら私に気がついて辛そうな表情で立ち上がり、それまで押さえていた腰から手を離したけど、もう見ちゃったし。

「・・・どうしたんですか?」
「お前が部屋まで言いに来ると思ったのにメッセージで送るからだろうが!もう車で出るところかと思って焦ったんだよ!」

「は?あぁ、事務所で車の保険の話をしていました・・・って言うか、私の事をあれこれ人に言うの、やめてくださいよ!運転下手くそだけどめっちゃ大袈裟に言ってるでしょ?!」

「はぁ?控え目に報告したつもりだけど?いいから乗れ、屋敷を出るまで見といてやるから」

「へっ?そこまでしなくても大丈夫だって!」
「何言ってんだ!お前、発進が1番乱暴だろう!」

「そ、それは・・・朝は緊張してたから・・・」
「で、大家には駐車場頼んだのか?」

「はい!アパートの前じゃなくて少しだけ離れた空き地の1番端っこですって」
「・・・1番端か・・・」

「ダメなんですか?そこが安かったんです」
「・・・・・・・・・(安い=停めにくい?)」


過保護なんだか過干渉なんだか・・・仕方なく買ってもらった車に乗って、エンジンを掛けた。
それを少し離れた所から腕組みして見てるけど、彼の方がすごく怖い顔してる。もう何回か走ったんだから問題ないのになぁってアクセルを踏んだらブォオン!!ってちょっとだけ音が大きかったけど「マイルド発進」出来た♡

そして西門さんに手を振って帰ろうとしたら・・・


「余所見すんな!前見て運転しろ!!」


・・・・・・・・・いや、まだ敷地から出てないし。




**********************




何度か運転させたから大丈夫だろうと判断したものの、やっぱり気になるから初めだけ・・・そう思ってバイクのキーを持って牧野が呼びに来るのを待っていた。
それなのに音がしたのはドアじゃなくてスマホ・・・誰からだ?と思ったら・・・

『今から帰ります。お疲れ様でした、また明日~(*^▽^*)』


はっ?!もう帰るって、まさか運転席に座ってからメッセージ送ってるとかねぇよな?!
しかも巫山戯た顔文字までつけて、何が「また明日~」だ!

急いで駐車場まで行こうとドアを開けた瞬間足が絡まって躓き、情けないことに廊下でひっくり返った!!

「・・・・・・ってぇ!!いや、それどころじゃ!」


強打した腰を押さえながら裏口までダッシュしたのに、牧野が乗るはずのコンパクトカーはガレージにそのまま。そして人の気配もない・・・あのクソバカ、何処からメッセージして来たんだ?って思ったら余計に腰がズキズキした。

こっそり見送ってバイクで後をついて行こうと思ったのに💢
仕方ないからあいつが来るまでに何処かに隠れて見届けようかと思ったが、マジで痺れてきた箇所を押さえて踞ってたらポヤンとした声が背中から聞こえてきてムカついた。


「・・・どうしたんですか?」
「お前が言いに来ると思ったのにメッセージで送るからだろうが!もう車で出るところかと思って焦ったんだよ!」

どうしたもこうしたもねぇだろうが!ちゃんと帰られるか確認しようと思ったのに・・・って怒鳴りたかったが、それよりも腰を打つほど慌てたと思われたくない。しかもこっそりどころか出て来てるところを見られてるし。
咄嗟に話を変えて発進するのを見届ける、そう言ったら逆に腹を立てていた。

「そこまでしなくても大丈夫だって!」 って迷惑そうに言うけど、牧野の大丈夫がそうじゃないことはもう見抜いてる。「発進が1番乱暴だろう!」と言えばこいつは言い返せない。
ブツブツ言いながら運転席に乗り込みエンジンをかけ、朝よりはましな発進音だったがそれでもビクッとする!それなのに余裕見せて手を振りやがった!


「それじゃあ今度こそさよう~・・・」
「余所見すんな!前見て運転しろ!!」

「・・・・・・はいはい!判ってます!!それじゃっ!💢」


一応ちゃんとウィンカーを出して超ロースピードで左折したが、それを見てからすぐにバイクに跨がって後を追い掛けた。



交差点進入よーし、一時停止よーし、黄信号停止よーし!
右折速度よーし、走行車線直進よーし・・・なんでこんなにドキドキしながら基本中の基本を確認してるんだか。

多少のハンドルのブレはあるけど何とか縁石にも寄らず、中央にも寄らず、真っ直ぐ走ってる。
そしてアパートが近づいてきたら道が細くなる。
それの曲がり角もよーし・・・あぁっ、電信柱がっ!って思ったらスレスレのところを通過して当たらなかった・・・。


そんなこんなで、もうすぐ着くって所まで何とか無事に戻って来た。
ただし問題はここから・・・あの車に少しぐらい傷が付くのはいいが、ちゃんと車庫入れ出来るのか?

駐車場が何処なのか判らなかったが、どうやらアパートを少し通り過ぎた所にあるらしい。
牧野が運転する車はアパートを通り越してすぐ近くの空き地に入っていった。
今度は俺がバイクのエンジンを切って歩いてそこに行き、駐車スペースを確認・・・確かに1番端だったが、案の定すげぇ停めにくい場所だった。


「げっ!なんでこんな駐車場にあんなデカい車があるんだ?」

牧野の停める場所の手前にはワンボックスのファミリーカー、その向かい側にはセダンの大型・・・牧野はその向こうに停めるのか?
空き地だと言ってもフェンスがあるし、頭から突っ込んで駐車しても出る時に回りの車がこのままだったらバックだと難しいだろう。ここは時間掛けてでもバックからの駐車をした方がいいんだが、とアパート横の民家の植え込みに隠れて観察・・・。

牧野は1度降りてから何度もキョロキョロ見回して確認していたが、俺と同じ事を考えたのか、もう1度車に乗り込んだら20回ぐらい車を切り替えして何とかバックからの駐車態勢に入った。


マジで手に汗握る・・・。
隣の車に当てても西門がいくらでも弁償するが、出来たらなんとか無傷で・・・そう思っていたら50㎝程度の前後移動を繰り返して超小刻みに自分のスペースに入って行った。


やれやれ・・・そう思ったら今度は出てこない。

どうしたのかと思ったら運転席を開けられるスペースが無かったようだ・・・助手席側から出てきて「やったぁ!」って叫んだ。


ま、いいか・・・・・・。

俺は痛む腰を抱えながらバイクに跨がってその場から走り去った。





にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
応援、宜しくお願い致します♡
関連記事
Posted by

Comments 6

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/10/11 (Fri) 12:40 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/10/11 (Fri) 15:05 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

ビオラ様、こんばんは。

そうなんです~♡もう既に扱いは彼女になっているようです(笑)

私も免許取ったのが遅かったのですが、結婚前の旦那が同じ事をしましたよ(笑)
すごく心配だったそうです・・・って、私は運転がつくしちゃんほどじゃないと思うんですけどね?

こっちもColorfulみたいに、本人達だけが判ってないのかもしれませんね!

台風心配ですよね💦
どうか大きな被害が出ませんように・・・と、祈ることしか出来ない💦

既に強風域ですか?怖い夜になるかもですが、ホントに気を付けて下さいね。何事もありませんように・・・。

2019/10/11 (Fri) 20:38 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

まりぽん様、こんばんは。

お話しは・・・ははは!可愛い2人でしょう?って言うか、今度は総ちゃんのキャラを崩している私です💦
エロ門じゃない・・・全然💦廊下で転けてるし(笑)

こっそり出来なくて腰をさする総ちゃんが私のツボです(笑)
今度は総つくさんに怒られそうだ💦(笑)


それよりも台風ですよ!大丈夫ですか?もう強風域?
停電も怖いですし、何と言っても意外な不便さがありますからね・・・。

何事もないようにと祈っております。
気を付けて下さいね💦あぁ、心配・・・・・・

2019/10/11 (Fri) 20:42 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/10/13 (Sun) 13:29 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

パール様、こんばんは。

コメントありがとうございます。

あっはは!慌てて廊下で転けるのよ(笑)
で、大事な腰を強打!ヤバいよね~💦腰は命なのに!

そのバイクの追跡ね(笑)

「音がうるせぇからスクーターにした」

って初めは書いてたんだけど(笑)
どうしても総ちゃんとスクーターに違和感があって止めました💦

スクーターに乗る総ちゃん・・・これまた新たな歴史を作るところだったわ💦

2019/10/13 (Sun) 18:46 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply