FC2ブログ

plumeria

plumeria

今日最後のデモンストレーションになった。

さっきは控え室でドキドキだったけど、今はもうそれぞれの持ち場についてて、西門さんは茶室、井上さんがお客さん役、上田さんは説明、私は受付・・・残り僅かになった巾着袋に感無量だった。

英語で話し掛けられそうになったらニコッと笑って背中を向けたせいで、(良くはないけど)なんとかやり過ごしてきたこの時間もあと少しで終わる。
役に立ったかと言われれば疑問だし、家元夫人に言われた『総二郎さんを宜しく』には全然ならなかったけど。


『Excuse me、 lady(失礼お嬢さん)』

レディ?その言葉にビクッとして横を見たら、太っちょのおじさんが私に話し掛けてきた。
ヤバい!と思ったけど上田さんはちょうど説明中で私の方に向いてないし、西門さん達はお茶室だし・・・指で自分の顔をさしたら。うんうん!と頷かれた。


『あの壁に紙が掛かってるでしょう?あれはなんて書いてあるんだい?』

「・・・は?(paperしか聞き取れなかったんだけど)」

『あれはFour character idiom (四字熟語)かい?実は漢字が好きでね、どう言う意味だろう?』

「・・・・・・えーと(Fourしか判らなかったんだけど) 」


おじさんを前にして口がパクパクと動くだけで何も言えない・・・。
私の返事をニコニコして待ってるみたいだけど、私は早く上田さんがこっちを見ないかとテレパシーを送ってみたけど通じなかった!
だから「えーと」を繰り返していたら、急に私の後ろから男の人が・・・


『あれは日本の諺で”一期一会”ですよ』

驚いて振り向いたら、あのハンバーガーショップで私を助けてくれたイケメンのお兄さんっ!!
その人がおじさんに説明をしてくれた。

『'ichigoh ichie' means once a lifetime in English. It's common saying in Japan and originated from sadoh』・・・意味は判んないけど、やっぱり凄く綺麗な発音で驚いた。


『おぉ!そうなんだね?一生に一度きりの・・・成る程!』

『Treasure every meeting, for it will never recur(毎回の出会いを大切にしなさい、それは二度と起こらないものだから)と言う意味ですね

『どうも、ありがとう!すっきりしたよ』
『どういたしまして』



2人の会話が終わったら急いで巾着袋を渡して頭を下げた。
その後で振り向いたら「また会ったね」って・・・少しだけ微笑んでる表情がなんとも言えず・・・格好いいっ!!
助けてもらったのと、恥ずかしさで顔がカーーーっ!となって、思わずお兄さんにもピンク色の女性用巾着袋を押し付けた!


「あのっ!この前といい、今日といい、ありがとうございました!」
「くすっ、別にいいよ。でも英語が話せないのにこの場に居るって凄い勇気だね」

「は?あはは!そうなんですよ~、練習したんですけど上達しなくて。いざ外人さんの前に出るとなかなかスムーズには出ないものですね」
「ん、だよね。回数重ねて毎日喋ってないと覚えないよね。日本で習う英語と現地はまた違うし」

「海外が長いんですか?凄く綺麗な発音ですよね~」
「どうだろ・・・子供の時から海外は多いけど・・・」

「まさか英語以外も出来るんですか?」
「ビジネス的日常会話が出来るのは5カ国ぐらい。後は困らない程度で数カ国語・・・かな?それじゃ、またね」

「はい!ありがとうございました。あの、お名前・・・・・・あれ?」


頭を下げてる間にもう背中を向けて遠離っていたお兄さん・・・その背中さえも素敵に見えて、違和感のない茶髪に見惚れてしまった♡
それにしても5カ国語のビジネス的日常会話って・・・どんな頭してるの?!


「あれ?でも今、またねって言ったよね?今度は何処で会うのかしら・・・?」




**********************





デモンストレーションの最中、釜に湯を沸かして精神統一していたら、何気に牧野に近寄るおっさんが目に入った。
チラッと見たら上田は牧野に背中を向けて説明中だし、牧野はキョトンとしてるし・・・って手が止まったら井上に小さな声で「若宗匠?」と言われ、慌てて釜に目を戻した。

マズい・・・気が散る!

どうしても目の端におっさんが映って、牧野がポカンと口開けてるのが判るから気になって仕方無い。
まさか着物姿のあいつに惚れて・・・なんてねぇよな?

一応、あれでも小綺麗にしてるし和装は似合うし、小柄だから外人の男には物珍しいのかも・・・なんて茶を点てるフリして様子を窺ってたら、牧野の後ろから現れた見覚えのある男に驚いた!!

あの背格好、あの飄々とした薄ら笑い・・・


そこで何してんだ、類ーーーっ!!


何処から湧いてきたのか、牧野の横でおっさんと話してるのはフランスに居るはずの類だった!
くそっ・・・司だけでも面倒臭いと思ってんのに、なんであいつがここに居るんだ?花沢もこのホテルで何かの会合か?!いや、そんな予定があったら司だって知ってるだろうから俺に言うはず・・・。

しかもなんで俺にじゃなくて牧野に接近すんだ?!


あまりの事に驚いて、茶杓ですくった抹茶を茶碗に入れずに棗に戻してしまった。それを見て井上が唖然とし、「若宗匠、そこではありません!」と再び小さな声で言ったけど頭に入らない・・・。
同じ事を2回も繰り返して、井上はアタフタし、上田は誤魔化しながらの説明でオタオタしていた。

気を取り直して茶をすくったが間違って2杓山盛り・・・それを見て井上が「薄茶ですよ?」と言ったが、もう茶碗に入れたからそのまま湯も多めにして茶筅でグルグル掻き回した。


どうでもいいけど牧野から離れろ、類ーーっ!(心の声)


暫くしたらおっさんが嬉しそうに帰って行き、今度は牧野が類と何かを話してる。
そして何度も頭を下げて、巾着袋を手渡していた。そんなの類にやらなくてもいいっての!

客役の井上に心もクソも籠もってない茶を「ほら!」って差し出したら、何故かビクビクしながら飲んで「美味しゅうございました」と言われた言葉に、思わず「当たり前だ!」と答えてしまうほどの動揺ぶり・・・。
こんなデモンストレーションでも外人には何の事か判らなかったのか「Wonderful!」の声をもらって終了。

この後は希望者茶室に入ってもらい、体験するという時間になった。


「井上、ここから先は上田と頼む!」
「えっ!若宗匠が教えるんじゃなかったですか?」

「いいから任せた!ヘマするんじゃねぇぞ!」
「は、はいっ!」

言葉は乱暴でも所作は美しく・・・って事で、そこら辺にいる客に極上の笑顔を向けて即席茶室から降りた。


そして牧野の側に行って「ちょっと来い!」と腕を引っ張り、奥の控え室へと向かった。


「うわぁっ!なんですか?若宗匠、体験は?まだ終わってないですよ?!」
「いいから!お前、さっきの男になに言われたんだ?!」

「さっきの男?あぁ、おっきなおじさんですか?掛け軸の一期一会の読み方と意味を聞かれたみたいなんですが、その前に全然聞き取れなくて・・・」
「そいつじゃない!もう1人の日本人だ!飄々としたクラゲみたいな男が来ただろう!」

「クラゲ・・・?あぁ、助けてくれた人ですか?」

「・・・・・・助けた?」


どうやら類はあのおっさんが聞いた「一期一会」を牧野に代わって英語で説明したんだとか。そして名前も名乗らず「またね」と言って帰ったらしい。
「またね」って何だ?!まさか・・・まさかあいつっ!!


「あの人、実は昨日も助けて・・・って言うか、お昼ご飯奢ってくれたんですよ?」

「は?昼飯って・・・お前、腹痛で食えねぇって!」
「あはは!あの後でお腹空いたんで外にハンバーガー買いに行ったんです。そこでも会話が出来なくて困っていたらあの人が現れて、おじさんに説明してくれた挙句、ハンバーガーのお金も払ってくれたんです。いい人ですよね~!」

「ハンバーガー買ってもらったのか?!」

「はい!それにしてもアメリカのハンバーガーは大きくて驚きましたよ。若宗匠、お知り合いですか?」


「・・・・・・いや、知らない男だ」
「え?知らない人をクラゲ呼ばわりですか?!」

「・・・・・・」



こんな所に来てるなんて聞いてないけど?!

急いで電話してみたけど電源落とされてた・・・。
すげぇ嫌な予感がする・・・。





にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
応援、宜しくお願い致します♡
関連記事
Posted by

Comments 4

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/11/13 (Wed) 14:18 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

ビオラ様、こんばんは。

コメントありがとうございます。

あっはは!ここからグインと急展開♡
それもいいですねぇ~!

向こうが暗すぎるから、明るい類君のお話で盛り上がりたいもんです💦
ピンク色の巾着袋をぶら下げて帰る類君♡可愛いですねぇ~!

勿論、このまま消えることはありません・・・ふふふ♡もう1回出てきますので待ってて下さいね!

2019/11/13 (Wed) 22:55 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/11/24 (Sun) 10:45 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

パール様、こんばんは。

コメントありがとうございます。


そうそう、私の中では類くんはクラゲだから(笑)
綺麗でふわふわしてて・・・最強の毒を持っております。

刺されたら確実に・・・・・・♡


いやん!刺されてもいいかもっ!

2019/11/24 (Sun) 23:56 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply