FC2ブログ

plumeria

plumeria

「その恋、丸っと受け止めてやる・・・だから俺から離れるな」


その言葉を自分の耳元で囁かれて吃驚・・・さっきのキスからここまでの出来事が夢のような気がして、私を抱き締めてる人の腕を抓った。
そしたら「痛ぇ!!」って大声上げられて、これが夢じゃないって判ったぐらい。


「何すんだよ!自分の顔を抓ればいいだろうがっ!」
「だって自分だったら痛いじゃん!」

「・・・・・・馬鹿じゃね?」
「ご、ごめん・・・でも1時間前はこんなの想像してなかったんだもん!すっごい美人が現れて私を怒鳴りつけるかと思って・・・ううん、怒鳴られるのはいいんだけど、西門さんと並んで嬉しそうにするのを見ると思ってて・・・!」

「もしもそうなら決まった時点で秘書のお前に言うだろうが!ったく・・・」

「・・・怖かったんだもん。本当の事を聞いちゃうのが」・・・そう言ったら結った髪を優しく撫でてくれて、クスクス笑った。


でも、ここでハッと気が付いた。

私の髪、まさか・・・今解かれてる?
さっきまで窮屈だった髪がパサッと落ちてきて、髪飾りが西門さんの手で何処かに投げられた。あれ?っと思って彼の顔を見ようとしたけど抱き締められてるから全然見えないっ!

慌てて「何してんの?」って聞いたら「シャワー浴びようと思って」・・・あぁ、シャワーね・・・・・・え?


「ちょ、ちょっと待って!シャワーなら自分が着物脱げばいいじゃないの、どうして私の髪を解くのよ!」
「は?なんで1人で入らなきゃいけねぇんだよ。こういう時は一緒だろ?」

「・・・・・・・・・・・・」


はっ?!この人と一緒にシャワーすんの?!
数分前に「好き」って言ったばかりなのに?!



無理無理!そんなの無理に決まってるでしょ!
こんな身体を西門さんに見せられる訳ないじゃんっ!

驚いて飛び退こうとしたけどがっしり捕まってるから逃げることも出来ない!そんなことを言ってる間にも帯が緩んできて私の身体がフワッと軽くなった。
うそーーっ!と思った時には腰紐が数本床に落ちてる・・・!

着せるのも上手だけど、脱がせる方が手際がいいってどういうことっ?!


「に、西門さん、待って・・・!」
「待たねぇ、ってか止まらねぇ」

「うそっ!一旦停止して・・・」
「ここは道路じゃねぇ。そんなの無視だな」

「あっ、やだ・・・」
「くくっ、楽になったろ?」


豪華絢爛な帯が足元にバサッと落ちて、今度は振袖を止めてる紐に手が掛かった・・・でも、抵抗出来なくてされるがまま・・・家元夫人の大事な振袖があっという間に帯の上に重なった。
そうしたら私は長襦袢1枚・・・つまり下着姿って訳で、恥ずかしくて自分の身体を両手で押さえ込んで西門さんに背中を向けた!

もう心臓が破裂寸前・・・破裂して喉から出そう・・・!!



次に聞こえたのはバサッと言う着物を脱いだ時の音・・・恐る恐る後ろを振り向いたら、今度は彼が紋付き袴を脱いだところだった。

「・・・・・・・・・はっ」
「来い、牧野」

「・・・・・・・・・ちょっ・・・」
「俺は浴びなくてもいいけど、お前が嫌なんだろ?」

「・・・・・・まっ・・・」
「洗ってくれとまでは言わねぇって。俺が洗ってやる」


「・・・やっぱりいきなりは無理っ!
お願い、西門さん!先に1人で入ってっ!!」






**********************


シャワーーーーーーッ・・・・・・


まさかあんな大声で叫ばれるとも思わなかったが、やっぱハジメテの女には刺激が強すぎたか・・・。

1人で脳天から湯を浴びながら既にスイッチが入った身体を温めて・・・いや、落ち着かせようと必死。でもソノ気になってるからなかなか鎮まらなかった。
時間差で入る方が照れると思ったんだが・・・・・・いや、牧野の気持ちも判らなくはない。

なんたって貧弱だもんな。
そんな事、知ってるから今更気にしないんだけど。


漸く少しだけ気持ちが静まったからバスルームから出ると、牧野は長襦袢姿のままベッドの端で緊張しまくってた。それを見ると笑いが出る・・・でも、すげぇ可愛かった。
バスローブの紐を結びながらそこに向かい、ポスッと隣に座った途端、逆にスッと立ち上がりバスルームにダッシュ!長襦袢が捲れ上がって膝が見える程・・・その慌てようにもっと噴き出した。


でも、大丈夫なのか?あいつ・・・この先のこと、判ってるんだよな?




**********************




流石エグゼクティブスィート・・・随分と奥にバスルームがあって音なんて全然聞こえない。
いや、耳を澄ましたら何となく水音が聞こえる気がする・・・その中の光景を想像したら耳まで熱くなった。

そしてチラッと見てしまう、このキングサイズのベッド・・・まさか、今夜ここで?
なんて考えると全身がゾクゾクとして手に汗が!


どうしよう・・・この格好で逃げる訳にもいかないし、でも・・・逃げたい訳でもない。
そういう事は知識として知ってるだけで、実は何にも知らないから怖いだけ。本当は凄く嬉しい・・・ただ、どうしたらいいか判らない。

西門さんにお任せでいいのかな・・・なんて考えていたらバスルームのドアが開いてバスローブ姿の西門さんが戻って来た。


今日はまた一段とセクシーな・・・ってか目付きがエロい!
この人が本当に私を?って事がまだ信じられなくて、ずっと見ていたいのに視線を合わせることも出来なかった。
そしてポスッと隣に座られた瞬間、ビクッとして立ち上がりバスルームへ駆け込んだ!!


「はぁはぁ・・・はぁ、ヤバい、どうしよう・・・」

バスルームは彼が使った後だからまだ湯気が残ってる。
すぐ横には使った後のバスタオル、そしてほんのり香るバスソープの匂い、ちょっと湿った空気とここの壁・・・凄くリアルでまた指先が震え始めた。
こんなに自分が臆病だなんて・・・人一倍恋愛音痴だと言う自覚はあったけど、まさかここまでとは・・・!


今から幸せな時間が待ってるはずなのに、まるで地獄に墜ちるかのような気分でシャワーを浴びていた。


シャワーーーーーーッ・・・・・・




にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
応援、宜しくお願い致します♡

焦れったいでしょ♡
関連記事
Posted by

Comments 10

There are no comments yet.
-  
承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2019/11/23 (Sat) 12:15 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/11/23 (Sat) 12:51 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/11/23 (Sat) 13:03 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

生粋娘様、こんにちは。

コメントありがとうございます。

あはは!水分とって下さい💦生き返りましたか?
そうそう、エロ門にはなったのですが、つくしちゃんがビビってますので少々お待ち下さい(笑)

皆様、途端に興奮気味(笑)いやだわぁ~♡

2019/11/23 (Sat) 13:08 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: はい。

シポンヌ様、こんにちは。

コメントありがとうございます。

ええっ!そうなんですか?(笑)
何故に・・・?(笑)

もしそうだったら拷問ですよ💦総ちゃん、可哀想かも💦

2019/11/23 (Sat) 13:09 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

みわちゃん様、こんにちは。

コメントありがとうございます。

爆笑っ!!みわちゃん様までがっ!!
そうなんだ・・・そのひと言がそんなに(笑)

もしや、私の中でも歴史に残る台詞になるのかしら・・・?

でもまだ焦らす、という私・・・ははは!!


類君・・・(笑)

さて、何処までやっちゃいましょうかね?(笑)
もう激痩せしてるんじゃないでしょうか💦心配だわ~(誰のせいだっつーの!)

ある意味、この桜子事件で急展開です。
うふふ、お話は後半に突入していますので、もう少しだけお付き合い下さい。

2019/11/23 (Sat) 13:16 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/11/23 (Sat) 13:19 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/11/23 (Sat) 13:57 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

パール様、こんばんは。

コメントありがとうございますーーーーーー。

それは申し訳ありませんでしたーーーーーー。
総ちゃんのシャワーに流されてくださーーーーーーい♡


シャワーーーーーー・・・・・・・・・・・・

2019/11/23 (Sat) 22:40 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

ビオラ様、こんばんは。

コメントありがとうございます(笑)

あっはは!すみません💦めっちゃ楽しんでます!!

だって類君が暗すぎるから、こっちで遊びたいんですもの💦
お許しくださいませ!!

でも、ほら!シャワーまで来たから(笑)
あと少し・・・あと少しですよっ!!


そこまで甘くはないかも・・・・・・ですけど💦
(だから何度も言いますが苦手なんですって!)

2019/11/23 (Sat) 22:42 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply