FC2ブログ

plumeria

plumeria

本文中にR表現を含んだ部分がございます。苦手な方はご遠慮下さい。パスをかけておりませんので閲覧は自己責任でお願い致します。



*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*



一度軽くイッた牧野はベッドに埋もれるようにしてダウン・・・はぁはぁと荒い息を吐き出しながら頬を紅潮させていた。
俺はそれを片肘ついて横から眺めてて、時々薄く目を開けるこいつに悪戯なキスを繰り返してた。

もうそろそろ・・・大丈夫か?


「つくし・・・身体痛いか?」
「・・・ちょっとだけ・・・まだ、なんか・・・挟まってる感じがする・・・」

「ぷっ!そんな表現、お前が初めてだ。でも、そのぐらい気持ち良かったってこと?もう1回欲しいだろ?」
「へ?いやっ!も、もういいっ!」

「でも俺がまだイけてねぇんだよな・・・つくしがハジメテだから力抜いてたし」
「うそっ!あれで力抜いてたの?!」

「勿論。じゃ…少しハードル上げようか?」
「やっ、やだっ!って・・・あっ、待ってっ・・・んっ!!」


逃げようとする牧野を捕まえて押さえ込み、その両頬を抱えてキスをした。
すぐに入れ込んだ舌でこいつの中を掻き回し、派手なリップ音はさっきのよりも激しく・・・すぐに頬を押さえていた手は胸を弄り、その形を歪めていった。

それに敏感に反応して腰を浮かせ、俺の肩に指を食い込ませる。
牧野の太股がゆるゆると俺の腰辺りを撫で始めて、それに俺の身体が応えようとソコに熱が集中した。


早くこいつが狂うところを見たい・・・そんな感情が湧き出した。


さっきの絶頂で牧野の準備は思ったよりも早かった。
もういつでも俺を受け入れられる・・・でも、今度は指じゃなくて・・・


「えっ?西門さんっ・・・待って、なに?」
「・・・・・・いいからお前はさっきみたいに俺を感じてろ」

「で、でもっ・・・きゃ、やだぁっ!」
「まだシテねぇだろ?この辺・・・感じるだろ?」

「ひゃああぁっ!やぁっ・・・っ!!」


牧野の足を抱え込んでそこに顔を埋め、太股の内側、花芽スレスレを何度も舌で舐めてやる。その感触と触れそうで触れないじれったさ・・・ビクビクと腰を動かしながら俺から逃げようとするのを押さえ込んでそれを続けた。
すぐそこには卑猥なピンク色をしたソレが、俺を欲しがってるみたいに甘い蜜を光らせ誘う・・・我慢出来なくなってそこに舌をねじ込むと、これまでで1番デカい悲鳴があがった。


でもやめてなんかやらない。

牧野がすげぇ力で握り締めるシーツがベッドを乱し、甘ったるい蜜の匂いと熱く燃えるような肉壁・・・掠れたような喘ぎ声とギシギシとベッドが軋む音を出すのを五感全てで感じていた。

何度目かの悲鳴を聞いて、牧野のソコから顔を離し、一度這い上がって抱き締めてやった。
そうしたら半泣きで猛抗議なんてして、俺は真っ赤になってるこいつと額を合わせた。


「はぁはぁっ・・・やだ、もうっ・・・!そんなの聞いてないっ」
「くくっ、少しハードル上げるって言っただろ?気持ち良かった?」

「よ、良くないっ!だって・・・恥ずかしいじゃん・・・!」
「恥ずかしくねぇよ、抱いてるのは俺なんだから。誰にでもする訳じゃねぇ・・・つくしがそれだけ欲しかったって事だ」

「・・・誰にでもしないの?」
「ここまではしねぇ。それにもう誰にもしない・・・今日からはお前だけだ」

「・・・・・・それ、喜んでいいの?今までは・・・」
「ははっ!今までの事は言うな・・・これで全部忘れろ」


今度のキスは深くて静かなキス・・・舌先から俺の総てを伝えるかのように。
その次に牧野の目を見たら、その時はすげぇ艶っぽい女の目をしてやがった・・・途端、俺の中に火がついた。



「つくし、立てるか?」
「・・・・・・はっ?ど、どうするの?」

「夜景見ようぜ?」
「えっ!いや、だって・・・じゃ、バスローブ・・・」

「そんなもの要らないって!着たって無駄だしな」
「ええっ、あっ!きゃああっっ!」


問答無用で牧野の身体を持ち上げてベッドから降りた。
驚いて俺にしがみつく真っ白な身体・・・そいつを見下ろしながら窓まで行くとその場に降ろしてカーテンを開けた。
目の前に広がるのは夜を知らない煌びやかなマンハッタン・・・そして僅かな照明で映る俺達の姿。

牧野は初めだけ「綺麗・・・」なんて言ったが、すぐに後ろから抱き締めた俺に驚いて身体を竦めた。


「ちょっと!やだっ・・・外から見えるっ!」
「見える訳ねぇだろ?いいからお前は前だけ見てろ。すげぇだろ、マンハッタンの夜景・・・つくしの中にもあれ以上の火花を飛ばしてやるから」

「えっ?そんなっ・・・・・・ああっ、やっ・・・!」
「ほら、目を開けとけって。俺も硝子に映ったお前を見てるから」

「西門さんっ!こんなの、無理っ・・・だよっ!」
「大丈夫だって、つくしを壊すわけじゃない。俺の愛し方・・・ってヤツだ」


フラフラの状態なのに片手だけでカーテンを握り締め、震えながら窓の外を見ている・・・俺はここでもそんな牧野に「足を開け」、なんて酷な言葉を出した。
そうしたら首を横に振りながらだけど少しずつ足を動かし、隙間が出来たところに固くなったモノを滑り込ませた。

瞬間ビクッと身体を揺らして、少し顎を上げて艶かしい声を漏らす。
その声は俺の欲情を一気に高める。そしてゆっくり前後に動かすと、それに合わせるかのように小刻みな喘ぎ声が部屋に響いた。


「欲しいか?つくし」
「そんな言い方、やだっ・・・!」

「強請ってみ?ほら、早く・・・我慢すんな?」
「いやいや!だめぇっ・・・!おかしくなるっ・・・、そんなに動かないでっ・・・!」

「下を向くなって。欲しがる顔を俺に見せろよ」
「意地悪っ・・・あぁっ、もうっ・・・だ、め!」


ダメ、なんて言いながら俺を受け入れようと腰を屈め、歪んだ眉と半分だけ開けた口が窓に映ってる。

それが何とも言えず・・・エロい。
昼間のこいつとは全然違う「女」の顔だ。

いきり立った俺のモノにヌルリとこいつの愛液が纏わり付き、噎せ返るような牝の匂いが鼻をつく・・・もうこっちも限界、そう思った時に牧野の中に俺自身を挿れ込んだ!


「いやぁああぁーっ!・・・はぁっ、やぁっ!そんな、立ったまま・・・なの・・・に!」
「しっかり手で支えとけよ?無理か?」

「無理っ、立ってられないっ・・・!」
「仕方ねぇな、じゃ・・・こうするしかねぇだろ?」

「・・・・・・!はぁっ、だめぇ!!」
「ダメとか無し。大丈夫・・・落としゃしねぇよ」


こいつの脇の下から手を入れ、後ろから胸を鷲掴みにして身体を支えてやった。
そして腰が浮くほど打ち付けて、綺麗な黒髪がその度に俺の前で揺れて踊った。

窓硝子には乱れた牧野の姿が映り、俺はその狂ったような表情を見ながら胸を荒々しく揉み拉く。そのうちこいつは声も出せなくなり、熱い息だけを窓にぶつけた。

そこが曇って顔が見えなくなるのは我慢出来ない・・・一度抜いた後で牧野の身体を反転させ、俺の正面に向けさせた。
もう抵抗も出来ねぇほどにヨレヨレ・・・だけどまだ離してやれない。


今度はすぐ側の壁に身体を押し付けて、そこで牧野の片足を持ち上げた。
途端に「えっ!」って我に返ったけど、愛液を蓄えてるこいつの花芽は誘うように俺を咥え込んでいった。
最奥まで一気に挿れ込むと、そこで暫く抱き締めたまま息を整える・・・ドクンドクンと脈打つ牧野の肉壁がゆっくり俺を締め上げる・・・!

思わず漏れる俺の声に、こいつまでがシンクロして可愛らしい声を聞かせてくれた。



なんだ、これ・・・この感覚。

身体の相性って、こういう事なのか?



「・・・すげぇ、気持ちいい。最高だな、お前」
「はぁはぁ・・・これ、いつまで・・・続くの?」

「ははっ!果てるまで?」
「・・・やぁだ!もう無理っ・・・勘弁して・・・」

「ヤだね、こんなに気持ちいいのに止められる訳ねぇだろ?」
「・・・・・・ばかぁ!」



ここで「悪かった」なんて言えたらいいんだろうけどな。

この後も牧野が意識をぶっ飛ばして倒れ込むまで抱き潰して、こいつを抱えてベッドに潜り込んだのは次の日になってから。
身体中に俺の印を残したから、起きたら殴られるんだろうな・・・なんて疲れ切った寝顔を見て思った。


じゃあ、殴られる前にもう1度・・・・・・ってか?





にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
応援、宜しくお願い致します♡


もう1度ですってよっ!!💦
関連記事
Posted by

Comments 8

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/11/26 (Tue) 12:39 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/11/26 (Tue) 14:47 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/11/26 (Tue) 17:03 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

ビオラ様、こんばんは。

コメントありがとうございます。

いやいやいやいや・・・自称童話作家ですので、このようなジャンルには縁遠いのです。
ですが、総ちゃん書きでエロ無しはG様だけ・・・。

仕方ないですよね💦エロ門さんですから。
よくぞここまで書かずに来たもんだ!って思っております。

総ちゃん、少しは手加減してやりなよ・・・って感じです💦

2019/11/26 (Tue) 21:47 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

生粋娘様、こんばんは。

コメントありがとうございます。

とんでもございませんっ!!
そんなには(総ちゃんは出来るでしょうが)私が書けません(笑)

明るい朝の日差しを浴びながら最終チェックするんですよ?
毎日こんなのだったら神経が持ちません💦

もうそろそろ終わっていただいて・・・また今度!ってことでお許しくださいませ❤


えぇ、よく言ってやって下さいませ(笑)
宜しくお願い致します♡

2019/11/26 (Tue) 21:50 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

パール様、こんばんは。

えっ!独クリってこんな感じだったっけ?
1回じゃ無かった?(笑)
3日連続はバレンタインじゃなかった?PairCoordinate・・・違ったっけ?てか、覚えてない💦

あっ。それともSetinMotion?

どっちにしてもヤリ過ぎだわね💦

うん、控えよう・・・うんうん。
いかんいかん、こんな事じゃ。


うん。もうこれで終わり(笑)

2019/11/26 (Tue) 21:54 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/11/27 (Wed) 01:53 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

パール様、了解💦💦💦

2019/11/27 (Wed) 20:08 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply