FC2ブログ

plumeria

plumeria

本文中に微ではありますがR表現を含んだ部分がございます。苦手な方はご遠慮下さい。パスをかけておりませんので閲覧は自己責任でお願い致します。



*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*




♪~♪~~♪


聞き慣れないアラーム音・・・それが遠くで鳴ってるような気がしたけど目が開けられなかった。

身体が痛い・・・こんなに身体が痛いなんてどうしたんだろうって思いながら寝返りを打ったら、温かいものにぶつかった。
何だろうって少しだけ目を開けたら、綺麗な黒髪が目に入る。

あぁ、西門さんかぁ・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・


「・・・・・・・・・はっ!」

そこで半開きだった目が1.5倍になって目の前の彼を見た!
次には自分の身体・・・・・・何にも身に付けてないっ!!

どんどん蘇ってくるのは昨日の夜の事・・・って言うか、パーティーの途中からのこと。それを思い出したら余計に身体が痛い気がして、ベッドから抜け出そうとしたら下腹に激痛が走った!


「・・・っつ!!」
「・・・・・・・・・・・・ん?朝か・・・?」

「あっ、起きちゃだめ!まだ寝てて!」
「・・・なんで?その前に朝の挨拶だろ、つくし・・・ほら、早く・・・」

「・・・は?早くってなによ・・・」
「朝イチのキスだろ?」

「や、そんなっ・・・って、うわぁっ!!」


ほら早く、なんて言う割りには覆い被さって来た裸の西門・・・総二郎・・・さん?総二郎?いやいや、まだ呼べないっ!
そしてお強請りしてたクセに彼の方から濃厚なキスが降ってきて、私は起き抜けに窒息するかと思った!

しかも痛いのに彼の手がお腹に伸びて、それからもっと下に・・・慌てて足を閉じたけど彼が無理矢理足の間に身体を入れてきた。まさか・・・朝から?って思った時には遅くて、西門さんは既に元気よくなったアレを私のアソコに押し当ててた!


「やぁっ・・・まって、朝なのにっ・・・!あぁっ、んっ・・・!」
「時間なんて関係ねぇし。我慢出来ねぇ・・・つくし、昨日教えただろ?力抜けよ」

「だって、いっ・・・痛いっ・・・あっ、やぁっ・・・!」
「・・・痛いのか、じゃあ・・・やめる?」

「・・・・・・・・・・・・」
「ほら、熱くなってんぞ?」

「・・・・・・意地悪」
「くくっ、そうだろ?」


やめちゃダメ、なんて恥ずかしくて言えない・・・でも、続けてとも言えない。
だから唇を尖らせて抗議したら、そこにチュ!と軽めのキスをした後で私の中に入ってきた。

自分でも判る・・・何かが溢れて彼を受け入れるのは昨日よりもスムーズみたい。確かに痛いんだけど、それよりも襲いかかる快感が私を狂わせた。
西門さんの熱い息が耳に届くと私の全身がゾクゾクする・・・それに昨日よりも奥に当たってるのか、彼が腰を動かす度に身体の中心を何かが突き抜ける気がした!


夢中で伸ばした手を彼がグイッと引き上げて、私は彼の腰に跨がるようにして座った。
勿論身体は繋げたまま・・・そして西門さんの首に腕を巻き付け、縋り付くように身体を合わせた。


「はぁはぁ・・・あぁっ!また奥に・・・っ」
「ん?だって仕方ねぇだろ?お前が乗っかってるんだから」

「ぁんっ・・・やぁっ、これ、すご・・・く感じるっ・・・」
「つくし、上が好きなのか?そりゃ頼もしいな。じゃ・・・してみる?」

「まだこのままがいい・・・・・・あんっ、気持ち・・・いいっ」
「・・・くくっ、じゃこのままで。でも耐えられるか?お前」


彼のモノが下から私を突き上げて、その度に信じられないぐらい身体が揺れた!自分のささやかな胸でさえ上下に動くのが見えてすごく恥ずかしいっ・・・しかも西門さんの目の前で!
それを咥えるようにして彼が顔を寄せ、私は下からの刺激と胸にくる生暖かい舌の感触で気が狂いそうだった!


はしたない声が部屋中に響いて、朝日が西門さんの顔を照らしてる。
それがあまりにも綺麗で、私は抱かれてる最中なのにその瞳に魅入っていた。

彼も同じような目で私を見てる・・・気が付いたら自分から彼を求めて唇を近づけてた。
そして迎えた絶頂・・・!


西門さんが放った白濁したモノが私の身体の上を流れていくのを、薄れていく意識の中で見ていた・・・。




**********************




「・・・・・・もうっ!朝だってのにどうしてそうなの?身体が痛いってあれだけ言ったのに・・・!」

「だから悪かったって。謝ってるだろ?いい加減に機嫌直せ」
「だってぇーーっ!!」


つくしがバスローブのままベッドに潜って大泣き・・・それは朝っぱらからヤッちまったせいで飛行機に乗れなかったからだ。


**


朝起きた時に隣につくしが寝てる事に俺のスイッチが入り、半ば強引に身体を繋げたけどつくしもその気になってしまい倒れるまで突きまくってしまった。
それで2人共がダウンして・・・目が覚めたらホテルを出ないといけない時間になってた。

当然迎えに来るのは井上と上田・・・何度か入ってた着信すら気が付かなかった。


コンコンコン!

『若宗匠~!!』

その声を聞いてドアを開けたけど、俺はバスローブ姿で勿論全身ぐちゃぐちゃ・・・それを見た井上が驚いてたけど、上田が『牧野さんの部屋も返事がないんです、どうしましょう?もう時間ですが』なんて言ってきた。


「あ~、悪い。お前等先に帰ってくれねぇか?今なら予約した飛行機に間に合うだろ?」

「えっ?じゃあ若宗匠は後からの便に変更しますか?」
「牧野さんはどうしましょう?まだ寝てるんですかね?昨日のパーティーで飲み過ぎたとか」

「あ~、牧野ね・・・・・・あいつなら・・・」
「・・・呼んだ?西門さん・・・・・・・・・はっ?!」


「「・・・・・・・・・ええっ?!!」」
「・・・ぎゃああああぁーーーっ!!」


見事に牧野までバスローブ姿のヨレヨレで俺の後ろに来たもんだから2人が吃驚し過ぎて固まった。
そして牧野も我に返ってホテル中に聞こえるほどの悲鳴をあげて、客室係がすっ飛んで来たぐらいだ。


いや、俺も人の事は言わねぇけど、此奴らも相当鈍かったんだな・・・と頭を掻いた。


**



「もう泣くなって!ほら、自分の部屋に戻って荷物纏めてこい」
「・・・だって服がないもん」

「・・・あ~、着物だったからな。じゃ、俺が取りに行ってやるから鍵出せ」
「・・・着物のバックの中にある・・・」


シーツから全然顔も出さない。
そんなに2人にバレたことが悲しかったのか?と少々不満だったが、あんな姿を見られちゃ・・・当たり前か。


仕方なく俺がつくしの部屋まで行こうと鍵を手にして部屋を出て、エレベーターホールで待ってると・・・



「ふぅ~ん・・・なんか変わった匂いがするね、総二郎」、その声で振り向いたら・・・・・・類が居た。

「なんだ、お前!ここに泊まってんのかよ!」
「うん、もう4日前からね」

「俺達が来た次の日から?何考えてんだ!花沢物産、暇なのか?」
「まさか!色々とね・・・ほら、頼まれたら断わられないから」

「は?誰に何を頼まれたんだ?」
「・・・くすっ、内緒」


「・・・どうでも良いけど俺の肩に顎乗せるのやめろ。気持ち悪い」
「だって牧野の匂いがするから」

「・・・・・・・・・(マジで?)」
「いいなぁ、総二郎」



司の言ったことは正解・・・こいつ絶対宇宙人だ。






にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
応援、宜しくお願い致します♡
関連記事
Posted by

Comments 6

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/11/27 (Wed) 12:45 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/11/27 (Wed) 13:12 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/11/27 (Wed) 18:14 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

パール様、こんばんは。

コメントありがとうございます。

あっはは!まぁ、よかったわ💦そう言っていただけて。
焦れったくさせたのでねぇ~~~ここは1話じゃ許されないだろうと思ったら、2.5話になってしまった💦

でも1番可愛いのは類でしょ?
ここ、お気に入りなんですよ(笑)

顎を乗っける類君♡かわゆし!!

2019/11/28 (Thu) 00:01 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

ビオラ様、こんばんは。

コメントありがとうございます。

あっはは!野獣って💦
いやん!そんな言い方しちゃ嫌です~~~♡

愛がすこーし溢れただけですって。
困った彼氏を持ったつくしちゃん・・・大変なのはこれからのようです。


うふふ!可愛いでしょ?この類君。
お茶目な類君もフランスにお戻りです♡お疲れ様でしたって事で(笑)

2019/11/28 (Thu) 00:11 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

生粋娘様、こんばんは。

コメントありがとうございます。

あっはは!また出てきましたか?そりゃ羨ましいですね~!
私は出てきてくれた事なんて殆どないです・・・(酷い事ばっかり書いてるから仕方ないけど)

うふふ、私の場合「1ストーリー1R」なので、これにてRは終了でございます(ホントかどうかは判りませんが)
また暴れた時には宜しくお願い致します!(笑)

2019/11/28 (Thu) 00:14 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply