FC2ブログ

plumeria

plumeria

羽田に着いたらあまりの懐かしさに涙が出そうだった。
どこからともなく聞こえてくる日本語・・・それに安心して肩の力が抜ける。すぅ~~っと大きく息を吸って、はぁ~~~っと吐いた瞬間、私の背中から憎たらしい声が聞こえた。


「疲れたか?何処かに迎えが来てると・・・」
「知らないっ!!西門さんの馬鹿!!」

「は?!なんでそんなに怒るんだよ。あのぐらいで・・・」
「あのぐらいじゃないっ!もう、離れてよ、エロ門っーー!!


その声が空港のロビーに響いた方が恥ずかしかった!
でも、まさかあんなことをするだなんて思わないじゃんっ!💢


~~14時間前~~


JFK空港を飛び立ったのは良いけど、西門さんは何故か行きと違ってファーストクラスじゃなかった。私と同じビジネスクラスで隣同士・・・。聞けばファーストクラスだとシートが別々で面白くないから。

面白くないってどう言う意味?
キョトンとしてる私を無視して、離陸後1時間してから始まった機内食・・・それを食べて「さぁ、寝よう!」って時に手が伸びてきた!しかも膝に掛けてる毛布の中っ?!


「ちょ、ちょっと!何してるの?やめてよ・・・やだっ!」
「なんで?日本まで14時間もあるのに?」

「何時間とか関係ないし!ここ、飛行機の中だよ?ほら、前にも後ろにも人がっ・・・」
「声出さなきゃいいだろ?心配すんな、最後までやらねぇから」

最後って!!・・・・・・はっ!」
「・・・静かにしろって。気が付かれるぞ?」


ジーンズのファスナーに手を掛けて、それを降ろそうとするのを必死で抵抗・・・そうしたらCAさんがやってくるから慌てて顔を背けたりして!
でもその手は止まらなくて下着の上で指が変な動きをするし、声が出そうになるから手で押さえなきゃだし・・・もう最悪だった!

そのうち機内が静かになったのに私の心臓だけバクバク・・・!
この音が機内アナウンスで流れるんじゃないかと思うほど、自分の中では大音量だった。


「はぁはぁ・・・はぁ、んっ・・・もうやめてってば・・・」
「くくっ、こんなに濡れてんのに?」

「バカッ!もうっ・・・知らない!」
「あ、拗ねた?つくし・・・機嫌直せよ、おい・・・つくし?」


少し向こうのお客さんが爆睡してるのを確認したら、指で顎を引き寄せられてキス・・・こんなところで!って思うのに、それだけは甘くてドキドキで許しちゃったけど・・・。
その後もさり気なく胸は触るし足も撫でるし、寝ようと思ったら起こされる・・・そんなの10時間以上続けられたら誰だって怒るでしょうがっ!!



だから着陸して羽田に着いたって西門さんとは顔も合わせなかった!

そんな私をクスクス笑いながら「行くぞ」と言って歩き出す・・・仕方ないからその2メートルぐらい後ろをついて行った。




**



ニコニコして出迎えてくれた運転手さんに頭を下げて、大きな黒塗りの車に乗り、懐かしい東京のど真ん中を走って行く・・・窓から見える人達の髪が黒っぽいのに安心した。
色々あったけど、戻ったんだなぁ~って思っていたら、こんな時になって漸く西門さんが転た寝してる。

機内で寝ないからだよ!と口を尖らせたけど、その寝顔が意外にも可愛くて見惚れてしまった。


腕組みしたまま窓硝子に頭くっつけて、長い脚を伸ばしたまま油断しまくり・・・この人とそう言う仲になったんだと思うと、その時の表情が頭に蘇って来てボッ!と顔に火がついたみたいに熱くなった。
世の中の女性が虜になるのも判る・・・ホントに色気が半端ないのよ。自信ありげに見下ろす時も、自分が感じちゃってる時の悩まし気な表情も、態と見せてくる舌だって・・・


・・・って、車内でなにを思い出してんのっ!私っ!!


やっぱりこの人の全部が心臓に悪い・・・。
私も眠たかったのにその寝顔を見ていたら、いつの間にか本邸近くまで来ていた。


「・・・西門さん、もうすぐ着くよ?」
「・・・・・・ん?そう・・・か」

「うん、ホントだってば!ほら、目を開けて!」
「・・・ふぁっ・・・!」

う~~~んと背伸びをしたかと思ったら今度はそのまま私の方に倒れかかって膝枕?!運転手さんからは見えないかもしれないけど、すぐそこに居るのになんて事をっ!
だから慌てて起こそうとしたけど力を抜いてる男の身体なんて起こせないっ・・・!

力を振り絞って彼の胸辺りに腕を回したら、急に私の方が引き寄せられて、そのまま唇が重なった・・・!


「・・・っ!!あっ、態と?」
「くくっ、当たり前じゃん・・・空港で冷たくされたからな」

「だってあれはっ・・・・・・いや、もういい・・・!」
「拗ねても可愛いだけだぞ?その顔も嫌いじゃない」

「はぁ?!なっ、どっ・・・えぇっ?!」
「ははっ!じゃ、起きるか」


今度は髪を掻き上げながら身体を起こし、乱れた服と髪をササッと直してた。
私はそれを見ながらもう数え切れないほどのバクバク・・・仕上げに横目でチラッと見られてニヤリと笑う、その色っぽ過ぎる横顔に顔が真っ赤だった。


そして白壁が続く西門邸に着くと、正門の前で車は停まった。
門番さんが知らせたのか、すぐに出てきたのは志乃さんで、その後ろには堤さんの姿もあった。


「お帰りなさいませ、総二郎様。お疲れでございましょう、ささ、中にお入りくださいませ。家元も家元夫人もお待ちでございますよ」
「総二郎様、お疲れ様でした。牧野さんも頑張ったようですね」

「あぁ、ただいま・・・」
「ただいま戻りました!志乃さんっ、巾着袋、好評でしたよ~!」

「ほほほ、先に戻った井上さん達から聞きましたよ。追加がいるんですって?早速縫わなければね」
「はい!頑張りますっ・・・・・はっ!」


そうだった・・・井上さんと上田さんが私達より早く帰ってるんだった。
それ、どう言う理由になってるんだろう?今まですっかり忘れていたけど、ここまで帰ってきてから「あの事」を報告されたのかどうかを想像して冷や汗が流れた・・・。

西門さんは何とも思ってないのか涼しい顔してるけど・・・大丈夫なのかしら。


心配する私のことなんて気にもせず、彼は門を潜って中に入り、私も少し後をついて行った。
私の後ろには志乃さんと堤さん・・・ちょっとだけ振り向いて見たら、志乃さんが含み笑いをしているような気がするのは気のせい?堤さんは相変わらず無表情で、むしろ私達を見ないようにしてない?

なんだろう・・・ここを出ていく時と雰囲気が違うように感じるのは私達が「あんな関係」になっちゃったから?


自分の見た目に変化があるのかと、髪やら顔やらを気にしながらお屋敷に入り、そのまま秘書控え室に行こうかと思ったら・・・


「つくし、親父達に挨拶に行くぞ!」
「あっ、はい!」

「その前にきちんとした服に着替えてこい。で、俺の部屋に来るように」
「わ、判りました・・・」


・・・って、いきなり「つくし」だなんて呼び捨てにしないでよっ!
後ろの2人にバレちゃうじゃないのーーーっ!!

吃驚して振り向いたら、同時に視線を逸らす志乃さんと堤さん・・・今の言葉、しっかり聞いてたんだと確信した。


それから急いで「自分の部屋」に向かって、そこに置いてある上品な服に着替えた。
言われたとおりに西門さんの部屋にいき、ノックをしたら「入っていいぞ」の声・・・そっとドアを開けたら、彼も綺麗めな服に着替えててる最中だった。


「どうした?入れよ」
「・・・う、うん」

「ははっ!襲ったりしねぇよ。先に報告しないとな」
「報告って、何を報告するの?仕事の事・・・だよね?」

「勿論それが第一。でもお前の事も話すから」
「・・・・・・・・・・・・うそっ!」

「嘘言ってどうする。行くぞ」



ちょっと待ってーーーっ!!
もう話しちゃうのーーーっ?!



・・・それより何処まで話すつもりなの?!



にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
応援、宜しくお願い致します♡


明日はお休みです。
申し訳ありません。続きは12月2日から♡
宜しくお願い致します。
関連記事
Posted by

Comments 4

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/11/30 (Sat) 12:24 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/11/30 (Sat) 17:42 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

パール様、こんばんは。

コメントありがとうございます。

機内でね(笑)
あのコソコソ感がたまらんのでしょうな💦
見られてるかも、みたいなドキドキ?でもやめられない❤みたいな(笑)

10時間以上ですって!そりゃドツキたくもなりますよね(笑)
その為にシートのランクも下げる総ちゃん♪

個室とかあったらいいのにね~。


そうそう、明日からイベントで私がその時間だからお休み❤また明後日、遊びに来てね~!

2019/11/30 (Sat) 20:28 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

生粋娘様、こんばんは。

コメントありがとうございます。

あはは💦スミマセンねぇ、1日だけ公開時間が重なったので。
2日からはイベント中でも更新ありますので宜しくお願い致します❤

あら!気が付きませんでした(笑)
大丈夫ですよ、私なんて誤字大賞ものですから。

これまでにも数え切れないほどやらかしたので、ちーーーーっとも気にしません❤

また誤字があったら教えて下さいね💦←読者様に言う事か?

2019/12/01 (Sun) 00:07 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply