FC2ブログ

plumeria

plumeria

どうしてすぐに断れなかったのか・・・私は池田君に「少し時間を下さい」と言ってしまった。

食べかけていた料理も飲み物もそこに置いたまま顔が上げられない。こんな態度は逆に失礼だろうって思うのに、池田君は困ったように苦笑いしただけで私の返事を待つと言ってくれた。

いや、待たれても・・・って、優柔不断すぎ、私・・・。


「クリスマスはいい?ディナーだけでも予約したいからさ」
「え?えぇ・・・食事だけなら」

「くすっ、それも少し淋しい答えだけど」
「え!あっ、ごめんなさい!」

「いいよ。それまでは友達・・・でも、その時にもう1回ちゃんと返事してくれる?」
「・・・判りました」


その後からは会話もガラリと変えて1時間ぐらい、楽しい・・・とは言い難いけど、ドキドキしながら時間を潰した。
そして帰りは約束通り池田君の家まで助手席で道案内してもらって、その大きな家の門の前で降ろした。


「おやすみなさい。今日はご馳走さまでした」
「誘ったのは俺だから気にしないで。それより遠回りさせてごめんね?気を付けて帰って・・・それとも珈琲飲んでく?」

「いえ!このまま帰ります。明日も仕事だし」
「・・・牧野さんは用心深いなぁ!でもそのぐらいの方が彼としては安心だけどね」

「・・・・・・は?彼・・・」
「じゃあ、おやすみ!」


私と違ってお酒が入ってるから池田君はちょっとだけフラつきながら玄関のドアを開けて帰ってった。

「彼としては」って、付き合うなんて返事してないのに。
確かに「待って」って言ったしクリスマスもディナーの約束したけど・・・それが軽率だったって少しは反省するけど。

「だからってなんで池田君が安心するの?用心深くもなるのよ・・・今までの彼はあいつだし、花沢類だってあんな家の・・・」


また出てきた花沢類・・・今日、何回彼の事を思い出したの?
ふぅーっと小さく息を吐いて、自分のアパートに向けて車を走らせた。



そんな秋が終わり12月・・・街中がイルミネーションで輝き、沢山のクリスマスツリーをあちこちで見掛けるようになった。
毎年見るあの公園にもいつものようにツリーが飾られ、夜になると今年も綺麗にその光りを揺らしてた。

去年と違うのは私が自分の車を運転しながらそれを見てること・・・あんまりにも魅入ってたから赤信号が変わった事に気が付かず、後ろの車にクラクションを鳴らされてしまった。
慌てて発進して溜息・・・今年のクリスマスはあそこに立ってないのかもしれない、そう思うと少しだけ淋しかった。


あの人は・・・何処でクリスマスを過ごすんだろう。
何処でもいいんだけど、隣に誰かいたら・・・その人に笑いかけていたら?

あの人はその女性のサンタになっちゃうのかな・・・なんて。



でも、意外にも池田君が伝えてきた待ち合わせ場所はあの公園のクリスマスツリーだった。

「え?あの公園のツリーの前ですか?」
「うん、知ってる?結構綺麗だもんね」

「え、えぇ・・・私、あのクリスマスツリー好きなんです。そう・・・あそこで待てばいいんですね?」
「うん、予約した店がすぐ近くなんだ」

「・・・はい!楽しみにしてます」


嘘ばっかり・・・返事、どうするかなんて考えてもないクセに。
この人が私のサンタさんだと思えるかどうか、クリスマスにならないと判らない・・・なんて、ずっと自分を誤魔化してる。胸の中の想いをこのまま黙ってるなら、違う人に縋っても良くない?そんな少し卑怯な考えも浮かんでくる。

自分でもモヤモヤした気分を抱えながら、それを全部忘れようとしてボーナスで新しい服とコートを買い、ブーツも買った。
ピアスホールも開けて、金色のボールピアスを着けた。

はじめてパーマもかけてみた。
茶髪には少しだけ抵抗があったから染めないでそのままの黒髪・・・あの人がいつだったか「綺麗な黒髪だね」って言ったから。


そしてあっという間に来てしまったクリスマスイブ・・・池田君とクリスマスディナーをする為にあの公園に向かった。
お酒は飲めないから車で向かう、そのルームミラーに映った自分は笑っていなかった。




************************




「本当に行かないの?類」
「ん・・・頭痛が酷いから」


ドレスアップした母さんが部屋で寝転んだ俺に向かってつまらなさそうに呟いた。
今年は父さんがアメリカで会議のため日本に居なくて、せっかくのクリスマスパーティーなのにエスコート無し。それを俺に代行させようとしたのに拒否したから腹を立ててるみたい。
「仕方ないわね」なんて、昨日から何度も嫌味を言って呆れて部屋から出て行ったのはもう夕方だった。

本当は頭痛なんて無かった俺は、母さんが屋敷を出て行ったのを見計らって自分もあの公園に向かった。


牧野が居るんじゃないか、そう思ったからだけど去年みたいにパーティーを匂わせたくなかった。
だからセーターとジーンズ、その上にコートを羽織って足元だってスニーカー。
夏に見た男と居たら・・・それも思ったけど、心の何処かで期待してる。牧野は今年も1人で鼻歌を歌いながらあそこに居る・・・サンタが迎えに来るのを待ってるんだって。

もしも今年1人だったら、その時は・・・・・


公園に行くまで何度もその台詞を考えながらハンドルを握ってた。
考えても目の前に行ったら全部吹っ飛んでしまうかもしれない・・・言葉なんて出てこないかもしれない。ただ黙って抱き締めてしまうかもしれないし、それも出来ずに笑ってしまうかもしれない。

その時にならないと何も判らないけど、とにかく気持ちが焦ってた。


何処かに行く前に・・・
誰かと行く前に今度こそ、って。


車を駐車場に止めて、あのクリスマスツリーのある場所に走って行ったけど、そこには牧野の姿は無かった。
それでも少し離れた建物の壁に縋って、薄暗くなった空を見上げて待ってた。


次々に流れるクリスマスソング
楽しそうな家族、仲の良さそうな恋人達、巫山戯合う子供達・・・子供の時に見たのと同じ光景だ。

サンタのコスプレのアルバイト、ケーキの箱を持つおじさん、
いつもより光り輝くイルミネーション・・・・・・あと1つ、牧野の笑顔があれば完璧。


そう思っていたら、ツリーの向こう側から初めて見るコート姿の牧野が歩いて来た。
暗くて人も多いのに、それが牧野だってすぐに判った。温かそうなブーツなんて履いて小さめの可愛いバッグなんて持って、これまでと様子が違ってフワッとした髪・・・瞬間、ドキッとした。


まさか、その格好って・・・?


牧野はいつもの場所に立って、今年も同じところからツリーの天辺を見上げていた。
俺からは背中しか見えない・・・牧野の表情は判らない。あの歌を歌ってるのかなんて、その目元が笑ってるのかなんて判らない。

時計を見た・・・って事は待ち合わせてるの?


「牧野さん、お待たせ!」


その声は俺の前方から聞こえた。
ここからじゃはっきりと顔も見えないけど夏に迎えに来た男だろうか・・・牧野があの日と同じように片手を上げてそいつに合図した。
そして両手を合わせて牧野になにか言って、牧野は笑ってるみたい・・・。

すぐに2人は並んでツリーの前から移動した。
人混みが2人を呑み込んで、その背中は見えなくなった。



なんだ・・・ホントにサンタクロースが現れたんだね。

俺が迷子になってる間にあんたを攫われた・・・・・・みっともない俺はまた1人、取り残されてしまったんだね。





にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
応援、宜しくお願い致します♡

次話は本日の15時です。
関連記事
Posted by

Comments 8

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/12/26 (Thu) 01:55 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/12/26 (Thu) 02:31 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/12/26 (Thu) 07:06 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/12/26 (Thu) 09:18 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

シナモン様、こんばんは。

あっはは!

どーにも出来ないのよ、このヘタレ類君(笑)
ブスくれてるから(笑)

2019/12/26 (Thu) 20:26 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

まりぽん様、こんばんは

コメントありがとうございます。

あはは!類~~~~~💦

どーしてそう言う場面だけ見るの~~~?って感じでしょ?
しかも類君、つくしちゃんの背中しか見ないから(笑)

突っ込んで奪い取れっ!!って言いたくなるでしょ?

ははは!色んな類君を書きたくなるのです♡
ヘタレ類君も可愛い・・・とは言えませんか?(笑)

まぁ、すぐに終わる話なので我慢して下さいねっ!

2019/12/26 (Thu) 20:29 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

ビオラ様、こんばんは。

コメントありがとうございます。

類君には「先手を打つ」という言葉は無いようです(笑)
待ってても獲物は来ないんですけどね~~~💦

ほら、Marionetteであんな類君書いてるから、ちょっとダメダメな類君書きたかったんですよ(笑)

ま、いつもダメダメな類君ばっかりですけどね・・・チーン!

2019/12/26 (Thu) 20:58 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

麦猫様、こんばんは。

コメントありがとうございます。

あはは!またダメって言われた(笑)
だって始めからラブラブだったらお話1話で終わっちゃいますよ?(笑)

色々あって、Happyエンドです♡
途中は苦しくても無理矢理ラストではドーンと幸せに♡

それが私です(笑)

え?色々有り過ぎ?💦ごめんなさーいっ!!

2019/12/26 (Thu) 21:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply