FC2ブログ

plumeria

plumeria

朝起きたら大きなベッドには私1人・・・驚いて身体を起こしたら、何にも着てなくて焦った!

あのまま寝たんだ・・・それならここまで運ばれたってこと?
その状況を想像しただけで顔から火が出そう!いくら総二郎とはそういう仲でも、流石に抱っこされて運ばれたなんて!

ベッドの上でシーツを被って悶々としてたら、総二郎がバスルームから出てきた。


「お!起きたか?爆睡だったな、お前」
「・・・お、おはよ」

「朝食を持って来させるからつくしもシャワーして来い。身体、ベタベタだろ?」
「やだっ!そんな言い方しないでっていつも言ってるでしょ?!」

「ははっ!でも昨日はお前が強請ったんだぞ?凄かったな~、俺、負けるかと思った」
「バカっ!!」


私が総二郎に勝つ訳がないじゃないの!
そういう時は総二郎の誘導が過剰なのよ・・・絶対そうに決まってるわ!

ベッドから降りて小走りでバスルームに駆け込み、私も全身を洗った。
確かにベトベト、しかもあちこち真っ赤・・・どれだけ盛り上がったんだ?って鏡を見ながらガックリした。

でもそのせいなのかお腹が空いてる・・・シャワーの音を上回るお腹の音に自分でも驚いた。



「うわっ、いい香り・・・それに美味しそ~~!」
「焼きたてだってさ。それに自家製チーズらしいぞ?ほら、どうでもいいけど髪拭いてこい!」

「はーい♡」

さっきまでの羞恥心なんて何処に消えたやら・・・テーブルに並べられた美味しそうな朝食に気分は一気に上昇!まるで子供に言うみたいに総二郎に「髪を拭け」って言われても顔が緩みっぱなしだった。


「食ったらホテルを出るぞ」
「帰るの?お土産何処かで買える?」

「いや、まだ帰らねぇ。3日間って言ったろ?今日は函館に行く」
「・・・函館?」

「あぁ、そこでもクリスマスファンタジーってのやってるから、海上に浮かぶクリスマスツリー見ようぜ?」




*********************




本当言えば車で4時間以上も掛けて函館まで行くなんて冗談じゃない。
でも、あんな場所じゃねぇと実行出来ないから仕方ない・・・って事で、朝飯を食ったらすぐにチェックアウトして車に乗り込んだ。

つくしは海に浮かんだツリーのひと言でウキウキしてて、スマホで土産物を検索中。
俺は車のバックミラーで後ろについている車を確認中・・・順調だな、とほくそ笑んだ。



函館に着いたのは昼過ぎで、今日は極普通に海鮮料理を食いに行った。

「きゃあっっ!総二郎、見て?こんなに海の幸がっ!」
「・・・お前、さっき朝飯山ほど食ったじゃん。もうそれだけ入るのかよ」

「入るよ~!いっただっきま~~す♡」
「・・・くくっ、面白ぇな」

「総二郎のホタテ、貰った!」
「・・・ガキか!」


その時に食うフリして少しだけ後ろを確認・・・・・・シャッターを切ったのが判るとつくしの方に向き直った。

くくっ、いい食いっぷりだな。
そいつがそのうち・・・と思うと、可笑しくて噴き出しそうだった。


食った後は時間つぶしの函館観光に向かった。
俺も数回しか来た事ねぇし、車で走ったことはなかったから、何度も車を停めてはスマホをつくしと覗き込みながら場所を確認・・・あっちだこっちだと迷子になりながらも大笑いしてのドライブだ。
それはそれですげぇ楽しかった。


「坂の多い街なのね~」
「だな。函館には、八幡坂、二十間坂、弥生坂って感じで名前が付いた坂が19もあるって書いてあったぞ。類なら住まねぇな・・・」

「あはは!大丈夫だよ、あの人は平地に住んでても動かないから」
「言えてんな!」

「古い感じの洋館も多いのね~。あっ、あれなんて道明寺の家みたい!」
「どれ?あぁ、司の家の5分の1ぐらいじゃね?」

「そうだよね!あいつの家、無駄に広いものね~」
「・・・西門もだけどな」


そのうち夕方になったからホテルに向かい、まずはチェックイン。
そこもスィートルームだったから部屋にはゴージャスなツリーが飾ってあった。窓からは函館の街が一望できて、夜景は期待できそうだ。
見る暇があるかどうかは別だけど。


「じゃ、18時にツリーの点灯があるから急ごうぜ?飯は適当に食えばいいよな。確か名物のスープバーってのがあるはずだし」
「へぇ!そうなのね?うんうん、食べてみたーい!」

「・・・おい、何がメインだ?」
「全部だよ!総二郎とのデート全部がメインに決まってるじゃん♡」

「どうした?そんな言い方すると部屋から出ずにここで襲うぞ?」
「やだぁ!スープバーに行くんだもん!」

「ツリー見にいくんだって」
「あっ、そうだった!」


昨日の夜と同じ格好で防寒対策はバッチリ。
ホテルからはタクシーを使って会場まで行き、大勢の観光客に混じって函館港のクリスマスツリーが見える所に向かった。
予定通り18時には花火と共にツリーが点灯して観客からは歓声が上がる・・・勿論つくしも万歳して喜んでいた。

イルミネーションが煌めく会場に赤レンガ倉庫・・・それにチラついてる純白の雪がファンタジックな世界を創り出していた。空気だって東京とは全然違う・・・冷たい風は頬に痛いぐらいだったが、つくしの嬉しそうな顔で身体の中は温かかった。

色んな「企み」は置いといて、この時は素直に連れて来てやって良かった・・・つくしの笑顔を見てそう思った。


「毎年カナダのハリファックスからツリーが来るらしいんだけど、今年はハリケーンの影響で国産の木なんだってさ」
「へぇ!カナダから来てたの?凄いねぇ!」

「函館と姉妹都市らしいからな」
「ふぅん・・・でも、この木も立派だよ?あっ、総二郎、あの木が真っ赤になるプレミアムレッドツリーって言うのがあるんだって!それまでスープバーに行こうよ~!」

「もう行くのか!」
「寒いんだも~ん♡それに20時までだよ?時間ないじゃん!レッドツリーの最終は20時30分らしいよ?」


いや、あと1時間半もあるって・・・って思ったが俺を置いて走っていくから仕方なく後をついて行った。

メインストリートにはスープバーのスタンドがズラッと並び、つくしはどれにしようかと悩むばっかてチケットも買ってない。ここでも俺がチケットを大量に買ってつくしの背中を見失わないように歩いた。
そして気になった店の前に行くと「総二郎ーーっ!!」って馬鹿デカい声で「チケット係」が呼ばれる・・・。


「あのね!濃厚チーズカレーポタージュと、牛スジとマイタケのホットスパイシースープ!総二郎は?」
「じゃあ・・・チーズラスクとオニオングラタンスープってやつ?」

「判った!後で味見させてね!」
「結局お前が食うんじゃね?」


俺の言葉なんて聞いちゃいない。
人集りに突っ込んでいって、暫くしたらまるで「戦利品」みたいにを誇らしげにカップを持って戻り、俺にも1つ差し出した。


「あ、そうそう!もうあっちには行かない方がいいわ、ツリーの正面のところ!」
「なんで?」

「ここにも中継車が来てたの。観光客にインタビューしてたから急いで向き変えて来ちゃった」
「へぇ・・・まぁ、有名だからな」

「プレミアムレッドツリーの時は居なくなってればいいのになぁ~」
「時間があるから消えるだろ。気にしてねぇで食え。冷めるぞ?」

「うん!」
「・・・・・・・・・」



去年のクリスマスはどうだった?確か・・・あきら達と飲んでた。
その前は・・・彼奴らとハワイに逃げようって話したけど、俺以外が家のパーティーに捕まったから1人で屋敷に居た。

クリパに参加した事はある。
タキシード着て洒落たホテルの会場で着飾った女達と無駄話した記憶がある・・・俺のクリスマスはそんなイメージだった。
五月蠅くて面倒で楽しいなんて思った事はない。

それなのに、今年はつくしと並んで北海道で立ち食いか?
この俺がカップに入ったスープを食いながらツリー眺めてるって?くくっ、マジ面白い。


「美味しかったぁ!次はプリプリ海老のホットパイと函館ボルシチ~!それとねそれとね・・・」
「1つずつにしろ。お前、手は2本しかねぇんだから」

「行ってくる~、動かないで待っててね!」
「・・・あぁ」



最終のレッドツリーを見た後で、ホテルまでの距離を歩いて帰った。
雪が降ってて寒かったけど、つくしの手を握って俺のコートのポケットに入れて、くっだらない話で笑いながら歩いた。





にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
応援、宜しくお願い致します♡

次話は本日の18時です♡
関連記事
Posted by

Comments 4

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/12/26 (Thu) 11:16 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

パール様、こんばんは。

コメントありがとうございます。


えっ?!北海道・・・そんなに書いたっけ?(笑)

向日葵は名寄でしょ?今回が小樽と函館・・・他にあった?

ちゃぷんの第一回目が北海道だよね?
あっ!類総の時も北海道から沖縄まで妊婦が旅行したっけ?(笑)
あすさんとの夏の思い出もラストは北海道か!!

書いてるねぇ(笑)

自分が西に住んでるからどうしても憧れるのかも・・・。

GPSでもS隊員とG隊員は寒い話をしてるんだけど、私だけ全然判んないのよね💦


ホタテじゃないよね・・・アレは。
何だろう・・・Sweetコーン?!とかどーよ♡

2019/12/26 (Thu) 21:11 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/12/27 (Fri) 00:40 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

パール様、こんにちは。

コメントありがとうございます。

あっはは!ピッタリでしょ?
後で考えたらジャイアントコーンでも良かったよね。

合体してジャイアントsweetコーン♡


・・・・・・・・いかんいかん。

2019/12/27 (Fri) 12:23 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply