FC2ブログ

plumeria

plumeria

茶道表千家西門流・宗家の若宗匠総二郎には現在妊娠中の愛妻つくしがいる。

つくしのつわりも少しずつ治まってきて時々は総二郎と外出可能になってきたが、つくしを溺愛する
総二郎は自分以外の人間と外出するのを異常に嫌がる・・・なぜかというと、それをするのはあの3人だけ・・・。
つくしが動けるようになったという情報は何故か親友達にはバレている。

よって、この時期総二郎はなるべく地方への仕事を入れず、本邸での仕事に集中していた。
しかし、今日はどうしても都内とはいえ家を空けなくてはならない・・・。

両家の子女に茶道を嗜みとして教える・・・いわゆるセレブ茶道教室が開催されるのである。
ここは西門としても当然送り出すのは「光源氏の生まれ変わり・西門総二郎」をおいて他にはない。

本日はセレブ子女・高校生の部・・・・昔で言えば総二郎の得意分野であるが、今となってはヒヨコの集まりにしか見えない。
それでも西門のため総二郎はその茶道教室に出向いたのである。

とんでもない男が西門に近づいているのを知らずに・・・


******


それはいきなりの訪問・・・勢いよく門の前につけられた黒塗りの車から降りてきたのはこれまた黒い集団・・・
その集団の中から一際鋭い目つきのデカい男・・・その男の名は道明寺 司!

まるで自分の家のように門をくぐって屋敷内に侵入してきた。もちろんアポなし訪問である。


「いらっしゃいませ・・・え?あっ・・・あの!今日は総二郎様はいらっしゃいませんが・・・」

「あぁ?・・・誰が総二郎に会いに来たって言ったんだ?牧野はどこだ?」

「つくし様は今はお部屋で休んでおられますが・・・勝手にお通しするわけには・・・」

「てめぇ・・・誰に向かって言ってんだ?つべこべ言わずに牧野の所へ案内しやがれっ!」

こうして道明寺司は西門の弟子達をその目で殺して・・・脅してつくしの部屋へと向かった。
このことはもちろんすぐに総二郎に伝えられた。


********


「はい・・・結構ですよ。なかなか良いお手前です。さすが紫藤様のお嬢様ですね。では、次の方・・・」

・・・何で俺がこんなガキ相手に愛想振りまいて仕事しなきゃいけないんだ?
こいつら、絶対に茶なんて気にしてねぇだろう!さっきっから俺の方ばっかり見やがって・・・!
俺にはもう、つくしがいるんだからそんな眼で見てきたってどうしようもないってんだ!

「総二郎様~!この辺がイマイチわっかりませ~ん!」
「西園寺さん・・・言葉遣いもお勉強しなくてはなりませんね・・・イマイチと言われましてもね・・・」

ってな感じでこのくだらない茶道教室をしていたときに、久しぶりに鳴ったEMGスマホ!
目の前にいた西園寺のアホ娘を無視してすぐに電話に出た!

「どうした!今度は誰が侵入してきた?!」
『総二郎様!今度の敵は大物ですっ!とても私たちでは対応できません!至急お戻りをっ!』

「大物?・・・・・・まさか最後のあいつかっ?!」
『そうです!全員目力一本で倒されました!今はつくし様の所にいらっしゃいますが・・・!』

「そりゃ、お前らじゃ無理だ!至急戻る・・・つくしの身の安全の確保と大至急全部の門を閉じて
あいつを外に出すなっ!絶対につくしを連れて出るはずだ・・・総出で対処しろ!!いいなっ!」

振り向いたらアホ娘達がぽかんとした顔で俺を見ていた。
これがこの後の西門を支えてくれる家の娘達とはいえ、つくしには変えられねぇ!


「皆様・・・大変申し訳ありませんが妻に非常事態が起きましたので本日はここまで・・・。
今日、お手前を見て差し上げられなかった方はどうぞ西門本邸までお越し下さい。
私が1対1でご指導いたしますから・・・では、失礼っ!」

悲鳴が上がったと同時に部屋を飛びだして西門の車に乗った。
ここからだと20分くらいで本邸に着くはず・・・運転手も気合いを入れ直して車を飛ばした!


*******


「あれ?道明寺・・・どうしたの?アメリカから帰ってきてたの?」

「お・・・おぉ!まぁな・・・どうなんだ?お前、気分が悪ぃらしいじゃねぇか。お前がメシもあんまり食えねぇって
あきらが言ってきたからよ。心配で戻ってきたんだぜ?」

「え?うそ・・・つわりなんだから病気じゃないのよ?そういえば美作さんはすごかったわ・・・」

「何が?あきらの何がすごかったんだ?」

「もうね・・・妊婦にはこれがいいって言うものを全部揃えて持ってきてくれたんだけど、その時はホントに
具合が悪くてね・・・あの時に出されたもの、今だったら食べられそうなのになぁ・・・」


「・・・・・・今は食えるのか?」

「うん!多分ね!もう吐き気も随分と治まったし・・・」

「・・・わかった。よし、行くぞ・・・立て!牧野っ!!」

「は?どこへ?」


********


今日はスムーズに本邸までたどり着いた!連絡を受けてから僅か15分しかたってねぇ!
俺はもの凄い勢いで自分の家の門をくぐった・・・が、そこで見たものは・・・?!

「なんだ?・・・一体何があったんだ?!おいっ!なんで全員倒れてんだ?・・・つくしっ?」

弟子達が至るところで倒れている・・・正確に言うと気絶している!
特に外傷もないのにそんな事をするのはあいつしかいないけど、もしかしたら間に合わなかったのか?
急いで自分たちの部屋に向かった。
その途中にも数人の弟子が倒れている・・・とんでもないヤツだ!うちの弟子を何だと思ってんだ?

そう言いながら倒れている弟子の上を飛び越えて、とにかく部屋に向かって走る!
部屋に着くと思いっきりそのドアを開けた!と、同時に大声で叫んだ!!


「つくしっ!つくし・・・無事かっ?!・・・・・・・・・あれ?」



そう・・・遅かったんだ。

部屋の中にはもう誰もいなかった。
つくしが寝ていたと思われる布団がベッドの下に落ちている・・・!


「司のクソ馬鹿野郎!!タダじゃすませねぇぞっ!」


西門邸には俺の声が響き渡った!

その頃2人がどこへ向かったのか・・・まさかあんな所とはっ!

wafuu6.jpg
あらら・・・このシリーズ初の前編出ました!
終わらなかったんですよね・・・。
スケールが違うと1話じゃ無理だったのかしら・・・。

うちの娘の茶道教室でお茶菓子として出たのが京都のお菓子の
「たますだれ」でしたよ。
写真で見たけど綺麗なお菓子でした~!

でも、あんこの食べられない娘はやっぱりシュークリームになったそうです。
抹茶シュー・・・ってコンビニにありますよね。
あんな感じ?なのかしら・・・。お抹茶の後のシュークリームって・・・。
関連記事

Comments 6

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/05/29 (Mon) 13:07 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

さとぴょん様、こんにちは🎵

夜に引き続きありがとうございます‼
笑っていただけました?良かったです❗

司くん、なんか書いてたら楽しくなりまして。
あきらも楽しいの。次に書く類のお話にはけっこう司が出る予定なんですよ!あはは!

で、今の総二郎のお話のあきらが意外と好き❤

明日の総二郎にも、ご注目❗
好きな人は落としまくるplumeriaですから。

今日もありがとうございました❤

2017/05/29 (Mon) 16:25 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/05/29 (Mon) 18:12 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/05/29 (Mon) 18:41 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

花様っ!やめましょうよ!

お互いにネタの提供し合うの!笑っちゃうんですけど!

で、温存するのはいいの。
いつ公開かが問題かも・・・。

ね?だから、今年はハイペースでがんばりましょうっ!

明日も疲れた総二郎に会いに来て下され。
実はここにもライン中に思いついた人が出てるの。

フフフ・・・。

2017/05/29 (Mon) 19:47 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: こんちはです。暑いです

えみりん様~! 今晩は!

なるほど・・・。
私、雨の方でも星のほうでも気になってたんだけど、
なんで気分が悪くなるんだろうと思ってたら!
両方とも親が最悪なんだ!・・・いま、気が付きました!

今までは家は味方だったから~!
どおりで書いてても気分が悪いのね~!

だから、書きたくなるのね?こんなアホな話しが!

納得~!今度は楽しいお話しにしようっ!

えみりん様っ、なかなかいいコメントありがとうございますっ!

2017/05/29 (Mon) 19:55 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply