FC2ブログ

plumeria

plumeria

京都の渋滞も凄かった・・・って言うか、地名が判らないからだけど凄く離れてる気がする。
いつまで経っても着かないから運転手さんに聞けば「あと10分ぐらいですよ」と・・・。

スマホは完全に死んでるからメッセージも送れないけど、もう茶事は終わる頃・・・無事に出来たんだろうかと心配だった。


「あぁ、あのお店です。私はここで待ってますからごゆっくりどうぞ」
「はいっ!急いで行ってきます!」

ごゆっくりなんて出来ないし!
今から着物を受け取って、すぐに引き返したら茶事の後の仕事には間に合うのかしら?
高木さんが同行するなんて言ってたけど冗談じゃない!それは秘書である私の仕事だもの、誰かに変わってもらうわけにはいかないし!

小走りで店の前まで行き、そこで呼吸も整えずに「ごめん下さい!」と飛び込んだ。
そうしたら出てきたのはお婆ちゃん・・・しかも動きが超スロー。思わず「他には誰かいませんか?」と言ったけど、それすら耳が遠くて聞こえないらしかった。

うそっ・・・このお婆ちゃんで「大至急」か出来るの?



案の定全然素早くなかった。

「西門様から連絡はありましたねぇ~・・・えーと、ご隠居様の着物で?」
「いえ!若宗匠・・・えーと、ご隠居様のお孫さんの着物です!好みは・・・好みは・・・25歳の気難しい拘り屋です!格好良く見える流行の着物でお願いします!サイズ、判るんですよね?」

「あぁ!お孫さん・・・えーと・・・東京の?はいはいはい・・・確か中学生くらいの時にお着物を仕立てましたねぇ・・・変わっていませんか?」
「中学生・・・そりゃ変わってると思いますよ?その頃何㎝か知らないけど、今は181㎝です。痩せて見えるけど意外と胸板はあります。それに結構腕力もありますねぇ・・・足は細いと思いますよ?」

「足やら腕やらの筋力はいいんですが、長さが判りますか?」
「・・・・・・短くはないかと・・・」


ちょっとーーーーっ!!ここにデータがあるって言わなかった?!
このお婆ちゃん、全然総二郎を知らないんじゃないのっ?!

反物出してくるから「既製品です!」って言うとキョトン・・・いや、今から仕立てて明日間に合わないじゃん!って言いたかったけどグッと堪えて「緊急なので既製品で!」って言うと今度はカメ並みの足取りで奥の間に案内された。

そこでもう仕立て上がってる着物を幾つか出してもらい、「181㎝で大丈夫ですか?!」を繰り返した。


スーパーみたいに値札がある世界じゃない。
だからお値段は気になったけど、怖かったから3枚買うことにした。
選んでくれるのかと思ったら「どれにしましょか?」なんて聞いてくるし、「どれが素敵でしょう?」って聞いたら「みんな素敵ですよ~」・・・参考にもならなくて仕方なく自分で選んだ。


『男の人の着物ってどれがいいのかさっぱりだわ』
『そうだろうな。お袋も初めのうちは悩んでたらしいぞ?でもそのうち親父の方がお袋の好みに合わせていったみたいだから喧嘩にはなってねぇと思うけど』

『総二郎は好みじゃないものって着ないでしょ?』
『まぁな。俺達の場合はつくしが俺に染まっていくから大丈夫だろ。そのうち判ってくるって』



総二郎に染まっていく・・・それがこんなに急に来るなんて思わなかったけど、目を閉じでこれまで見た総二郎の着物姿の中でドキッとしたベストスリーを思い浮かべた。
1位はダントツで黒の紋付き袴。でも、これは今日は関係ないから・・・

「この、京都丹後ちりめん生地の濃紺をお願いします。菱文様のこれです。それと無地を1枚、もう1枚は深緑と紺の菱文様で!袴は縞のこれで、合わせて角帯と足袋を3セット揃えていただけますか?」

「はいはい、全部で5枚ですかね?」
「・・・だから3枚ですよ?」

「あぁ、本当だ!これだから年寄は嫌ですねぇ~!ほほほほ、少しお待ち下さいね~・・・よいしょっと!」
「出来るだけ急いでいただけますかぁ?!!」


そう大声で言ってるのにお婆ちゃんが帰ってこない。
出されたお茶も飲み干して、お茶菓子も食べちゃったのに戻って来ない・・・どうしたんだろうと時計を見たらもう4時・・・総二郎が菩提寺に行く時間だ。


もう間に合わない・・・また別行動になっちゃった。


呉服屋の窓から空を見上げたら、淋しい冬の色だった。

昨日から総二郎に触れてない時間が悔しい。
それでも1番大事なのは仕事をキチンと終わらせること・・・総二郎のためになら我慢しなくちゃ、と鼻を啜りながら思った。




**********************




一乗寺の屋敷からそんなに離れていない菩提寺で先祖の墓参りをするのを、何故か京都支部の広報がカメラに収めている。
それが鬱陶しくて無視・・・話し掛けられても必要最低限の返事しかしなかった。

その後、ここの住職とクソ寒い夕方なのに縁側で対談。
またそれを撮影され、真正面を睨む訳にもいかなくてずっと作り笑いをしていた。


住職の法話は嫌いじゃない。
法話とは仏法の教義などを説くこと・・・別名「説教」とも言い、本来は「良い教えを説いていく」事を言う。
小難しい話ではなく、僧侶の経験談などを例に話しをしたり、世の中で起きた事をもとにした話しをすることのほうが多いかもしれない。

ここの住職も話し方が上手で、それは勉強にもなった。

今日の話は『暇人であることの大切さ』だった。


「暇人・・・ですか?」
「ははは、文字通り暇でいることですよ、若宗匠」

「暇は欲しいぐらいですが、なかなか・・・」
「仕事を真面目に一生懸命やればやるほど、暇な人では無くなりますからな。能力のある人なら尚更周囲が放っておかないでしょう。次々に仕事が来て自分の時間なんて夜しかない、そうでしょうな?」

「そうですね。休みはありますが、忙しい時はそれも仕事に使うことになりますね」
「僧侶も同じですけどな、そうなると・・・」

住職曰く、忙しくて寺を留守にすることが多いと「寺に行っても会えない」「相談が出来ない」などと言われ逆に寺から離れていく、と言うものだった。
だから暇人であることも大切・・・そうらしい。

暇である時間を「それでもいい」と思うためには、自分の普段の仕事に自信がないとできない。


「暇だと感じれば将来が不安で焦って空き時間を埋めたくなりましょう?でも動き回れば回るほど稼ぐどころか余計な出費をつくり、そのせいで檀家さんの信頼が無くなると言う悪循環になるって話ですわ。
自分に残るのは動いたって言う自己満足感だけでね・・・もし失敗しても頑張ったんだから諦めもつくというものです。
そういう風潮に流されることなく、あらゆる執着から解き放たれた状態が「暇でいい」と言うことではないでしょうかね・・・これくらいで良し、と思って幸せを感じる”足るを知る”と言う境地です」

「・・・成る程、身に染みるお話ですね」


有り難い法話を聞きながら頭の中では別の事を考える。

暇があったらあいつを閉じ込めて離さねぇけど?
その暇のためなら仕事を後回しにしても構わねぇけど?
『足るを知る』・・・いい言葉だとは思うが、つくしに関して言えばこの先抱き続けても「足りる」なんて感情にならねぇけど?


いや、暫くは抱けないのか・・・ヤバい、俺、我慢出来るのか?安定期に入ればヤッても良くなかったっけ?


「若宗匠、なにか悩みですかな?お顔の色が・・・」
「はっ?いえ、何でもありません。考えさせられるお話だったので」

「ははは、お若いうちはわからんでしょうなぁ!それこそ家庭をお持ちになったら判るかもしれませんよ?」
「家庭を持てば・・・そう、ですか」


確かに・・・つくしと赤ん坊が居るなら暇な時間は大切だ。

うん、仕事は程々にしよう。



気が付けばもう薄暗く、このまま屋敷に戻らず鴨川の料亭に行くと言われた。

「牧野が戻ってるかもしれないから一乗寺に戻ってくれ」
「申し訳ありません、牧野さんは呉服屋さんで手間取ってるらしく、まだお戻りではありません。呉服屋の女将さんから謝罪の電話がありました。ですから牧野さんには屋敷で夕食をとっていただきましょう」

「は?いや、昨日も居なかったし・・・」
「でも牧野さんは秘書のお仕事をしているのです。問題は無いでしょう?ささ、行きましょうか、もう先代も他のお客様も向かってるそうですから」

「・・・・・・・・・」


俺のスマホは何処に行ったんだ!!💢





にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
応援、宜しくお願い致します♡
関連記事
Posted by

Comments 4

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2020/01/17 (Fri) 13:57 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2020/01/17 (Fri) 16:36 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

パール様、こんばんは。

コメントありがとうございます。

あっはは!爆笑!!
面白い事思い付くなぁ!成る程ね~💦
確かに「足るを知る」よりは総ちゃんに似合ってるわ💦

ふふふ、今度はアメリカでの反対で総ちゃんが妄想に走っております♡
何処に行っても何をしても考えるのは「妊娠」・・・なんて阿呆なんでしょう(笑)

まぁ、いつも格好いい総ちゃんばかりじゃ面白くないからね!
(いつも格好いい総ちゃんを書いてる風に言う私・・・厚かましいってか?💦)


うんうん、全部が判ったら・・・やっぱり安心して・・・暴走だよね!!(笑)

2020/01/17 (Fri) 22:47 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

生粋娘様、こんばんは。

コメントありがとうございます。

あはは!毎日怒ってますね?
本当に申し訳ない💦(笑)

そうそう、どんどん話が膨らんでいく総ちゃんです♡
ちゃんと言葉に出さない2人・・・ここまで騙される方もどうかと思いますけどね💦

ってか、まだ悪阻なんて始まらないだろうに、それには疎いと判明(笑)
ソコにいくまでの行為のみパーフェクトな総ちゃんですね。

そんな間抜けな総ちゃんをもう少しお楽しみ下さいませ~♡

2020/01/17 (Fri) 22:52 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply