FC2ブログ

plumeria

plumeria

「それでは次に千利休と古田織部のお話に移りましょう。まずは関係図がございますのでモニターでご確認下さい」

そう言ってもまだ何処かでザワザワしてるのにイラついて、滅多にこういう場所では寄せない眉を引き攣らせた。女の溜息やら奇声なら聞き慣れてるが、こんな雑音が多い講演会は初めてだ!
2度と京都支部では講演してやらねぇからな・・・と、そう思ってモニターを確認したら、右側で何かが動いたのが目に入った。


「くそっ!話が違うじゃねぇかよ!!」

その声と同時に悲鳴があがり、さっきのおっさんがすげぇ形相で俺を睨んでるのが判った。
そいつはがに股で飛び出してきて、ステージに向かって来る・・・!

その手には刃物か?・・・何かがキラッと光った!


「この野郎!くたばりやがれ!!」
「総二郎ーーっ!!逃げてーーっ!!」


はっ?!

そのおっさんの後ろから聞こえた覚えのある声。
しかも俺を呼び捨てにする女は1人しかいねぇけど、その声が響いた方向に目を向けると黒いスーツの女が、こっちもすげぇ形相で男を捕まえようとしていた!

・・・ってか、つくしじゃねぇか!!


やっぱりさっき動いていたのはつくしだったのか?!
驚いて2人が突進してくる方に身体を向けたら「逃げろって言ってるでしょうがーっ!」、と怒鳴られた!


「馬鹿野郎!逃げるか!!」
「喧しい!こうなったらヤケクソだ!悪く思うなよ、兄ちゃん!!」
「だめぇーーーっ!!総二郎に何すんのよ!」

そいつに追い付いたつくしが上着に手を掛け動きを止めた!
男は急に引っ張られたもんだから体勢を崩してステージに上がったところで転倒し、その辺にいた奴等は席を立って避難、司会者が「警備はどうした!」と騒ぎ出した。

つくしは転倒した男の服を離そうとせず、スカートのくせに片足上げてそいつの腰を踏みつけてる。勇ましいっちゃ勇ましいが、太股丸見えで俺は超焦った!
しかも妊娠してんのにそんな靴履いて走りやがって・・・と、そっちの方が気になって男なんてどーでも良かった。

兎に角つくしをその男から引き離さないと・・・俺まで演台を跳ね飛ばす勢いで2人のところに駆け寄った。


「つくし、お前は引っ込んでろ!」
「な、なんだ、この女!邪魔すんなっ!!」

「ひゃあっ・・・!!」


俺が向かって行ったから男が身体を起こしてつくしを跳ね飛ばし、ちっせぇ身体がフワッと階段の方に・・・!

そのままだと頭からステージの下に落っこちる!
そう判断した瞬間、俺は起き上がろうとした男を蹴ってつくしのところに向かい、こいつの身体を抱き留めたまま背中から階段を滑り落ちた!!


「きゃあーっ!!若宗匠が!!」
「総二郎様ー!誰か救急車ーーっ!」

そんな声が聞こえるが、あちこち打っただけで意識はある。
ただ背中を強打して瞬間全身が痺れただけ。すぐに腕の中のつくしを確認したらこいつの方がダウン・・・でも閉じてる目元を引き攣らせたからこいつも意識はある・・・ホッとしてその場に横にさせた。

つくしの腹に手を当てて「もう少し我慢してろ」と囁き、こっちの無事も祈った。



ジロッとステージを見上げたら刃物男の方がビビった顔で震えてやがる・・・。
ゆっくり立ち上がって袴の裾を払い、もう1度睨んでやった。そして一段ずつ階段を上がりステージに戻ると、顔面汗塗れの男がガタガタしながら刃物を胸の前で構えた。


「てめぇ・・・よくもつくしを飛ばしてくれたな・・・・・・この俺を怒らせて、覚悟出来てんだろうな?」
「うっ、うっ・・・うるせぇ!そいつが俺を踏んだからじゃねぇか!」

「その前に危ねぇもん持って突っ込んで来たのはお前だろうが!俺になんの恨みがある?!お前、何処の何奴だ!」
「喧しい!!恨みは・・・恨みなんて・・・だから、その・・・!」

「馬鹿か?なんの理由もなく襲ってきたってのかよ?じゃあ何か、誰かに頼まれたのか?」
「・・・・・・そ、それは・・・」


そんなフラついた手足でこの俺が倒せるとでも思ってんのか・・・会場が一層騒ぎ出す中、少しずつ男に近づいた。
ビビったこいつはさっきまでの勢いは何処に行ったやらでジリジリと後ろに下がる。

でも、それ以上下がったら今度は先代達に被害が及ぶかもしれない。こんな時だけ妙に度胸が据わってる爺さんは、今でもそこに座ってこの有様を傍観してるんだから!
だから人差し指をクイッと曲げて挑発してやった。


「本気で勝てると思うなら来いよ・・・それともその刃物はハッタリか?」
「な、なんだと?!」

「声だけ威勢がいいがビビってんじゃね?その手、震えてんぞ?」
「五月蠅いっ!!こ、この野郎ーーーっ!!」


今度は自分の頭の上に刃先を上げて、眉を吊り上げ奇声を上げながら向かって来た。
でも本気で斬りかかろうと思うならその位置じゃ無理・・・こいつは素人だってことはすぐに判った。
だから動かずに目の前まで来るのを待ち、その刃先が振り下ろされると同時にヒョイッと交わすと、男は勢い余って俺の後ろ側で蹌踉けた。
袴だから足を出すのは簡単って事で、この男の足を勢いよく払うと今度は刃物を持ったままその場に崩れ落ちた。

それを見て手首を蹴りあげ、持ってた小刀のようなものを誰もいなくなった会場に蹴り飛ばし、その男の背中をダンッ!と踏みつけた。
「ぐわぁっ!!」と呻き声を上げて背中を逸らせ、その後すぐにぐたっとしやがった。


「若宗匠、大丈夫でですか?!」
「・・・・・・あぁ、問題ねぇ。こいつを警備室にぶち込んどけ!」

「警察に連絡します!」


押さえつけた後で京都支部の連中がわらわらとやってきて男の両脇を抱えて警備室に行った。
それを見届けてからすぐにつくしのところに行くと、まだ意識が完全には戻ってなかった。何度か名前を呼んだら唇を動かして俺の名前を呟いてる・・・ホッとして抱き締めたら、俺の胸の中で目を覚ました。


「・・・・・・あれ?総二郎?」
「あぁ、大丈夫か?つくし・・・お前、無茶すんなよ!」

「はっ!そうだ・・・あの人は?!」
「心配すんな。もう捕まえたから」

「総二郎に怪我は?」
「あるか、そんなもの。お前の方が無事で良かった・・・マジ、焦ったわ!」

「・・・はぁ~、良かったぁ・・・・・・」
「馬鹿野郎!1人の身体じゃねえのに・・・!」




*********************




総二郎が無事で良かった・・・そう思ったら気が抜けて彼の腕に身体を預けた。
そうしたら言われた「1人の身体じゃねえのに・・・!」・・・それ、どう言う意味だろう?

私が痛い目に遭ったら総二郎まで痛いってこと?そんな訳無いけど、そういう風に表現したのかしら。
良く判らなかったけどすごく嬉しかったから「そうだよね・・・ごめんね」って言うともっと強く抱き締められた。


「じゃ、控え室に向かうか。こんなんじゃ講演会も中止だろうし」
「そうなの?先代は?」

「先代は無事だ。あそこでまだのんびりしてるよ」
「ホントだ・・・良かった!」

「じゃ、掴まっとけよ?」
「え?・・・うわぁっ!!」


私は何処も怪我してないのに総二郎が抱き上げてくれて、まだ沢山の人がいるのにその中をズンズン控え室に向かって歩いて行った。
途中で先代を見るとニコニコしてるし、会場に目を向けると「きゃああぁ!」」のj悲鳴・・・どうしていいか判らないから総二郎の着物に顔を埋めるともっとすごい奇声が聞こえた。

だって総二郎が勝手に抱っこするんだもん!


「総・・・じゃない、若宗匠、大丈夫ですから降ろして下さいっ!」
「ダメ。大人しくしてろ」

「でも、今は仕事中だし、公私混同しちゃ・・・」
「構わねぇ。ある意味こっちの方が西門には重要だ」

「・・・?こっちってどっち?いや、本当に自分で歩けるから」
「検査して無事を確かめるまで言う事聞けって!」


・・・・・・・・・検査?

なんの検査するの?
私の検査が西門に重要・・・・・・なんで?







にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
応援、宜しくお願い致します♡

関連記事
Posted by

Comments 6

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2020/01/23 (Thu) 13:05 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2020/01/23 (Thu) 18:13 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2020/01/23 (Thu) 20:43 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

まりぽん様、こんばんは。

コメントありがとうございます。

あっはは!跳び蹴りは出来ませんよ💦
スカートですからね~💦総二郎が腰抜かしますよ?(笑)
ってか、跳び蹴りしたら総ちゃんにスカートの中身が見えそうですね♡

ふふふ、総ちゃんは自分の分身を守るために必死でしたね(笑)
お惚け総二郎、そろそろ事実に気が付きそうです。

解決編、無理矢理感満載ですが宜しくお願い致します♡

2020/01/23 (Thu) 22:00 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

生粋娘様、こんばんは。

コメントありがとうございます。

はい、私にまでお気遣いいただきありがとうございます(笑)
総ちゃん、自分がめっちゃ痛いのに抱っこ♡
ってか、検査と言いながら自分でお医者さんごっこしそうで怖いですね♡

真実が判った時の総ちゃんが可哀想になるでしょ?(笑)
もう「妄想」通り越して自分の中じゃ「現実」になってるので。

そんな総ちゃんもお楽しみに~!

2020/01/23 (Thu) 22:04 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

パール様、こんばんは。

コメントありがとうございます。

格好良かった?うふふ~!嬉しいです~!!
こういう助け方はよくあるけど、このあと頭打って記憶無くすとかもあるあるだよね💦
(はっ!そう言えばテリーの階段バックハグ、まだ書いてない💦)

何気に傷ついた男の背中ってのは好きです❤(怪我してるって意味ね)
ドキドキしない?私だけかな・・・。

さて、解決編が終われば・・・いよいよ・・・?❤



2020/01/23 (Thu) 22:11 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply