FC2ブログ

plumeria

plumeria

11時・・・BMが来る時間になったら、コンコンとノックの音がして藤本が対応に出た。
その時に見えた紺色の制服に心臓がバクバク言ってる。でも藤本の向こう側に立ってる女性の背格好から牧野じゃないって判った。

判った途端にデスクにくっつく額・・・これまで頑張った時間が凄く勿体なく感じたって何故?!
いやいや仕事が捗ったんだ、それは良かっただろう・・・なんて誰を慰めている言葉やら。


「それでは作業を開始させていただきます。牧野さん、ここも窓をお願いね」
「はいっ!」


・・・牧野?!


カタカタカタ、カタカタカタ・・・・・・

「専務、お忙しい所申し訳ありませんが、少し休憩しませんか?」
「いや、もう少しで終わるものがあるから・・・」

「・・・・・・・・・」

藤本、そこは黙らずに演技続けて!

「・・・それでは私は秘書室に戻って自分の仕事をしてきていいですか?」
「ん、いいよ」

藤本、ナイス!!


視線は向けずに、でも心の目で牧野達を見たら2人はそれぞれの仕事に取り掛かった。

先輩の女性が床掃除に入り、牧野はソファーの拭き掃除。
藤本は1度振り返って俺を見たけど、その顔・・・今にも白々しいとでも言いそうだ。だから目配せして『早く出ていけ!』と念じたら、呆れたように「専務は仕事があるのであのままで」と言って出ていった。


「専務、お仕事中すみません。デスクの周りから先にやりますね」
「ん、頼む」

牧野じゃない女性の言葉に軽い返事だけして、只管キーボードを叩く俺。
少しだけ頬を赤くした牧野は時々俺を見ながら、でも手を止めずに大きなソファーを拭いてる。BMの制服はズボンだから、牧野が腰を曲げて拭き掃除してたらお尻のラインが・・・・・・いや、初日にパンツ丸出しだったけどさ。


「専務、あの・・・」
「はっ!なに?!」

「驚かせました?ごめんなさい、少しだけ椅子を引いていただけますか?」
「・・・・・・あ、ごめん」

「こちらこそです・・・はい、いいですよ。ありがとうございました」
「ん・・・」


吃驚した・・・心の中、読まれたかと思った。


「牧野さん、WAX足りなくなったから急いで取ってくる。作業続けててね」
「あっ、私が行きましょうか?」

「ううん、ちょっとややこしい場所に置いてあるから私が行くわ」
「・・・はーい」


そう言って1人が出ていくと、この部屋には俺と牧野だけ・・・今は窓掃除の準備をしていて俺のすぐ近くに居る。
キーボード入力を続けながら横を見たら、硝子窓越しで暑いのか、上着の前側をパタパタさせて汗を拭ってた。それに髪を掻き上げて首筋が丸見え・・・たったそれだけなのにドキドキした。

そして「よし!」って小さな声で言うとウィンドモップを持って掃除開始。
ホントによく働くなって・・・ちょっと感心してた。


この部屋は天井までの高窓だから、用意していた脚立を持ってきてそれに登った。でもそれが俺の真後ろで、パソコンのモニターなんか全然見ずに意識は完全に背中にある。
大丈夫かな?なんて気になって仕方ない。
そりゃ窓は開かないから外には出ないけど・・・って考えていたら案の定・・・!

「うわ・・・っ!」
「えっ?!」

その「うわっ!」に驚いて椅子を引くと、逆にそれが脚立に当たって牧野の身体が蹌踉めいた。不安定な体勢でモップを掛けていたんだろう、その振動で脚立の上からフワッと身体が・・・!

「危ない!!」
「きゃあぁ・・・っ!」


これ、何回目だろう・・・そう思った時には落ちた牧野を抱き留めていて、彼女の両脇を抱えるようにして・・・手はしっかり牧野の胸の膨らみをを掴んでいた。



「・・・専務、何してるんですか?」

「きゃあああぁっ!!」
「違うっ!これはそう言うんじゃ無くて!!」





*********************




いよいよ専務の部屋だと思ったら緊張して来た。
いや、それよりも2人が一緒にいる場面をちゃんと見ることが出来るだろうか・・・その方が心配。


「ううん、余計な事を考えちゃだめ!」
「あはは!大丈夫だって。入るよ?」

「あっ、すみません・・・」

何も知らない青木さんは平然とノックをする・・・そして予想通り出て来たのは藤本さんだ。
当たり前だけど極普通に業務的会話をしていよいよ中へ・・・数歩歩いたら奥の方でド真剣に仕事してる専務の姿があった。


あぁ、仕事中はこんなに真面目なんだ?
屋上で見た穏やかな顔じゃなくて、少し厳しい男性の顔に見えて心臓がバクン!と・・・でも真横で凄くクールな藤本さんが私を睨んでる気がした。


ヤバッ!他の事考えなきゃ・・・何を考える?何を・・・はっ!そうよ・・・星占い!

でも今日の星占いは「女らしさのアピール」だったっけ?
それ以外は忘れたけど、女らしくすればいいのよね?と、2人の事じゃなくてそっちに集中しようと思った。


女らしく、女らしく・・・でも女らしくが既に判らない。
何がどうなったら女らしいのか・・・しかも掃除しながら?

ソファーを拭きながら、いつもだったら跪くのにちょこっとお尻をあげてみた。
いや、これは女らしいのか?むしろ腰が痛い・・・やめよう。
窓を拭きながら暑かったからパタパタしてしまった。
いや、ここで髪をサラリとした方が女っぽいのか?って、風が吹いてるわけでもないし・・・やめよう。

結局私には女らしい仕草が判らない。
もういいやって思って脚立を持ってきて、その上に乗って窓を拭いた。


でもここは花沢専務が仕事してるデスクの真後ろで、カタカタ鳴ってる音が凄く速い。
まさか副社長みたいに何かの写真をデスクに飾ってないよね?って、ほんの少しだけ振り向いてみた。

・・・何もない。

そうか・・・藤本さんは毎日目の前に居るんだもん、写真にしなくてもいいって事ね?
昨日は自然体の藤本さんを撮りたかったのかしら・・・なんて考えていたら、身体が傾いた・・・!
そして軽く声を出したのに花沢専務が反応して椅子を動かし、それが脚立に当たって1番上に半立ちしていた私はそのまま・・・落っこちた?!

何これ!最近もあった感じ・・・・・・・・・あ!非常階段だ!!


「危ない!!」
「きゃあぁ・・・っ!」

てっきり床に落ちると思ったのに、今日も抱き留めてくれたのは勿論専務・・・フワッと香ったこの人のフレグランスに今日は特にドキッとした。
良かった・・・背中向きだったから今日は唇に激突しなかった、そう思ったのにムギュッとされた感触。
それは一体何?って思ったら・・・


専務の両手が私の胸にっ?!


しかもお椀持つみたいにめっちゃ広げて掴んでないっ?!(お椀ほど無いのは悲しいけれど)


こういう時に限って事件は起きる。
ガチャッとドアが開いて藤本さんが戻って来て、私を背中から抱き締めてる花沢専務を見て固まった。


「・・・専務、何してるんですか?」

「きゃあああぁっ!!」
「違うっ!これはそう言うんじゃ無くて!!」

「いつからですか?これはどう受け止めればいいのでしょう・・・おめでとうございます、ですか?」

「ととととと、とんでもありません!!」
「牧野が脚立から落ちたから助けたんだって!」

「・・・そんなに上手いこと抱き留めるなんて下で待ち構えてないと出来ませんよ。どうしましょう、席を外しましょうか?」

「いやいやいやいや、ここに居て下さいっ、藤本さんっ!」
「ここに居たらいいじゃん、お前の仕事場なんだから!」

「その前に目のやり場に困るので胸から手を離しませんか?」


「「・・・・・・・・・・・・」」


思い出した!!今日の占い、『ハートを鷲掴みよ♡』だった!
でも鷲掴みされたの、私の胸だけど・・・。


パッと手を離した専務はコホンと咳払いしてデスクに戻った。
私も髪やら制服の乱れを直してもう1回脚立の1番上に・・・でも心臓が喧しくて顔が熱くて仕事が出来ない・・・!

しかも藤本さん、めっちゃ不機嫌・・・専務が私を触ったから?
どうしよう、これで2人の仲が気不味くなったら・・・別れたりしたら責任取れないんだけど?!


「あっ!専務すみません。ウィンドモップ拾ってもらえます?」
「・・・・・・・・・・・・」






にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
応援、宜しくお願い致します♡
関連記事
Posted by

Comments 4

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2020/05/22 (Fri) 00:44 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2020/05/22 (Fri) 08:11 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

シナモン様、こんばんは。

コメントありがとうございます。

あはは💦そうそう、そんな所を鷲掴みしたんです♡
意外と大胆な専務ですよね~!そして言われるまで離さない💦
うんうん、無意識のうちにそういう関係だけ進んでますね!

それで良いのか?専務・・・。


藤本の行動は・・・ははっ、どうなんでしょうかね?(笑)
まぁ、態とである事は間違いなさそう(笑)

この人も冷静ですが楽しんでるんだと思います♡

えっ?!
そんなプレイは・・・いやいやいや、しないでしょーーっ!

2020/05/22 (Fri) 19:17 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

ビオラ様、こんばんは。

コメントありがとうございます。

そうそう、頑張った甲斐がありました♡
お掃除中はキーボード空打ちで意識は100%つくしちゃん💦
気になって仕方ないみたいです。

まぁ、あんな出会い方ですからねぇ・・・忘れられないんでしょうね。
それがじわじわと恋に変わるのですよ♡

えっ?それがいつかって?
いつだろう・・・(笑)


この後も実は色々と事件が待っております。
つくしちゃんの誤解は・・・もう暫く続くかな?(笑)

2020/05/22 (Fri) 19:21 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply