続・茶と華と (9)

本邸の廊下で大声で怒鳴り合ったのは当然大勢の弟子や使用人に聞かれていた。
しかし、これが始めてじゃないから大して驚かれもしないんだけど!

ただ叫んだ内容がとんでもなかった・・・「やる気満々」・・・よく言うぜ!


「総二郎様、なかなか手強いようですね。奥様は・・・」

「ある意味、ものすげー頑丈な箱に入ってた娘だからな」

付き人にそんな事を言われながら今日からの仕事の準備をしていた。
今日からは福岡で4日間、九州の支部会と講習会などの仕事が入っていた。
明日の朝から予定がびっしりだから今日のうちに福岡入り・・・鬼のような家元の仕業だ!
つくしはお袋の都合で連れ回されるから、俺の地方同行はあっけなく断られるし・・・!
世間一般で言う新婚旅行なんていうのはこの西門ではスケジュールに入れられない状況だった。

だからって言うわけでもないが・・・!


「総二郎様、つくし様は家元夫人と外出されますがよろしいので?・・・ご挨拶されないんですか?」

「あぁ、準備で忙しいからいいよ。3日後に帰るって事だけ伝えといてくれ」

別に怒ってるわけじゃねぇけど。あいつの気持ちもわからなくもないし・・・。
あれだけ浮き世離れした育てられ方じゃ、その場で逃げてもおかしくねぇしな。

ちょっとだけ・・・この俺でも拗ねてみたくなる時もあるって事だ!・・・情けねぇけど!


仕事道具と書類のチェックをしながら・・・いや、つくしの事を考えながらする準備は思ったよりも時間がかかった。
やっぱり俺のリードがいけなかったか?どこで間違えた?なんて言葉ばかりが口から出る始末・・・。
そんなとき、障子の向こうから若い弟子が声をかけてきた。


「総二郎様、お忙しいところすみません。これを・・・つくし様から預かって参りました」

弟子が持ってきたのは・・・紫色のラベンダーが一輪?
俺はその花を手にとった。ラベンダー特有のハーブの香り・・・思わずふっと笑いが出た。
どこから持ってきたんだ?この西門では茶花としても使えねぇから植えてはいないのに・・・。

「つくし様は裏庭にご自分で花壇を作られていますから、多分そこで育てていらっしゃるんでしょう。
うちにはないものもいくつか見たことはありますよ。ご自分の教室でお使いになるんでしょうね」

「・・・そうか。いつの間にそんなもの作ってたんだ?知らなかったな」


ラベンダーの花言葉は『私は待っています』・・・花になんか頼らなくてもいいんじゃねぇか?
そう言うぐらいなら昨日からその気になってくれたらいいのに。あぁ・・・なってたんだっけ?

「総二郎様・・・まだ間に合いますよ?つくし様にも、福岡行きにも」

付き人は笑いながら俺を見てそう言った。・・・もしかして顔に出てたのか?


「そうか?じゃ、悪いけど少しだけ待っててくれ。そこの荷物、もう纏めてあるから車まで頼むよ」

「承知しました。ごゆっくりとはいきませんが・・・よくお話しをして下さいね」


ラベンダーをそこに置いて俺も裏庭に向かった。
そこで手にしたものを持って玄関に向かうと、ちょうどお袋とつくしが揃って出かけるところだった。
俺が来たらつくしは少し赤い顔して玄関に立っていた。目線だけはしっかりと外してるけどな!

「あら?総二郎さん・・・お見送りが遅いじゃないの!私は先に車で待ってるわね・・・つくしさん」
「あ!はい・・・すぐに行きますから!」

お袋が気を利かせて先に玄関を出て行って、ここには俺とつくしの二人きりになった。
つくしはラベンダーだけ渡してとっとと出て行くつもりだったんだろうがそうはいくか!


「気をつけて行ってこいよ。俺が3日間いないからって遊んでんじゃないぞ。・・・ほら!」

俺が差しだしたその花をつくしは受け取って・・・びっくりした顔で俺の眼を見てきた。
そしてすぐににっこりと笑った。
さすが・・・この花は茶花では通用するが華道では使わないだろうに・・・花の意味は知ってるんだな。


「総二郎さん・・・ありがとう。行ってきます!総二郎さんも気をつけてね・・・じゃあ、3日後に!」

「あぁ、しっかり挨拶回りして来いよ!」

さっきまでとは別人のように笑って手を振ったつくしが玄関を出て行った。


「・・・俺の方が相当ヤラれてんな!あいつらには見せられねぇや!」

苦笑いしながら俺も1時間後には西門を出て福岡に向かった。


*******


「つくしさん、今度はご機嫌が良くなったみたいね。何かいいことがあったの?・・・っていうか昨日は何かあったの?
・・・随分と喧嘩腰だったけど、また総二郎さんが無茶なこと言ったのかしら?」

車の中でお義母様が聞いてきた。
戻ってきたときに全部見られているから、今更隠さなくてもいいかと思って昨日のことを少しだけ話した。
よく考えたらこんな事話す内容でもないんだけど・・・言葉を選びながら説明していたけどすぐに察してくれた。
さすが、総二郎さんのお母様だわ!息子の事をよくわかっていらっしゃる!

「まぁ・・・それは総二郎さんもびっくりねぇ!そんな事一度も経験したことないでしょうから。
つくしさんもご存じだから言うけど、昔から女の人には手が早いのよ!それはもう家元譲りで・・・あら、失礼・・・」

「そうなんですか?まさかお家元も2桁の同時進行の記録持ってるんですか?あ・・・ごめんなさい!」

「それはどうかしら・・・私が知っているのは精々5人ぐらいよ?総二郎さんには負けてるわ」

そう言って2人で笑ったけど、前に座っている付き人さんは不思議そうな顔をしてた。
そりゃそうでしょうね・・・家元夫人と次期家元夫人がこんな話しするなんて思わなかったでしょうから。


「でも、総二郎さんはつくしさんとお見合いした後から随分変わったわ。あの子があんなに落ち着くなんて
思わなかったもの。貴女にはすごい魅力があるってことよ?」

「どこでしょうか・・・私の魅力なんて。見当たりませんわ」

「きっと、その真っ直ぐなところでしょうね。そして飾らないところかしら。そんな人は今まであの子の前には
現われなかったんでしょうね。ほら・・・どうしてもいいところのお嬢様は隠し事が多いから・・・」

そうかしら?ただ世間知らずなところを楽しんでいるようにしか見えないけど?


そう言いながら総二郎さんがくれた花をまだ手に持っていた。
この花・・・さすが総二郎さんだわ。噂ではすごく頭がいいって・・・お庭の花の意味を全部知っているのかしら。
もしかしたら華道家の私よりもよく知っているのかもしれないわ。

小さなこの花をクルクルと指で回しながら眺めていた。


「それはなに?さっき総二郎さんが持ってきた花でしょう?」

「これですか?これはイカリソウって言う花ですわ。西門のお庭にあったんでしょうね」

「総二郎さんも裏庭で沢山のお花を育てているわ。意外でしょう?茶会のお花は自分の育てたものでって
言う拘りがあるんですって。だから、結構詳しいわ・・・そんなところもお似合いね」


イカリソウの花言葉は・・・「貴女を離さない」

なんて人なのかしら・・・総二郎さんが戻ってきたら絶対に玄関で飛びついちゃおう!
そして・・・そして次は絶対にそのリードに乗ってみせるわっ!


sadou13.jpg
関連記事

花より男子

6 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/06/29 (Thu) 12:46 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/06/29 (Thu) 14:33 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/06/29 (Thu) 19:56 | EDIT | REPLY |   

plumeria  

Re: こんにちは

えみりん様~!こんばんわ~!

いや、親子とはそんなものですよ。
総二郎パパですもの!ホントは二桁にしたかったんですけど5人に押さえました!

よく考えたら1日目に7話も使ったのに2日目は2話で終わった・・・。
さて・・・これからはちょっと舞台が変わりますよ?

総二郎には遠くで泣いてもらいます!
どこまでも総二郎にひどい私・・・ごめんなさいね。

あきつくのお話しは・・・まぁ、置いておきましょうか!
999本・・・持てないんではなかろうか?4人なら何とか持てそうだけど?

そりゃ、つくしちゃん困るだろうな!

今日もありがとうございました。

2017/06/29 (Thu) 21:25 | EDIT | REPLY |   

plumeria  

Re: タイトルなし

はな様・・・ニヤけちゃだめよ?

書いてる方はもっとニヤけるのよっ!
書きながら声が出るのよっ!下手したら後ろに倒れるときもあるのっ!

こんな事自分にも言って欲しいよね~!

・・・ってホウセンカくれたりしてね。花言葉は「私に触らないで」

「お前はいつも俺を落としまくってるだろう?」

そんな言葉をもらいそうな気がする・・・。


2017/06/29 (Thu) 21:35 | EDIT | REPLY |   

plumeria  

Re: タイトルなし

さとぴょん様!今晩は! (12)

いやん!3日後?待ってるんですか?
困ったなぁ・・・この後事件が起きるから約束は出来ないかもですよ?

「貴女を離さない」・・・このセリフでニヤけたのは他にもいらっしゃいました!

もしかしてまた口が半開きになりました?
この二人でのあのシーンは想像できないでしょう?
それとも・・・やっぱりそこもギャグにします?ふふふ・・・

さとぴょん様は絶対にマジモードを要求されるんでしょうね!

考えておきますね!

今日は12連発ありがとうございました!
一話お話しを書いたぐらいでしたね!

本当に感謝しております。


2017/06/29 (Thu) 23:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment