若宗匠総二郎の試練・小悪魔桜子の甘い誘惑

茶道表千家西門流宗家の次期家元、西門総二郎氏には現在妊娠中の愛妻つくしがいる。
つくしはつわりも治まり、現在はある程度普通の生活を送っていたが先日の道明寺司の誘拐事件から
西門の警備は一層強化された。

万が一、複数での襲来に備えて表門・裏門・勝手口・・・すべてに防犯設備と格闘家上がりの警備員が配置されている。
しかし、ここで一つの大誤算があった。

総二郎は敵はあの3人と決めつけている。
ところが・・・ここにとんでもない小悪魔が潜んでいた。

その名も三条桜子!
今日はその桜子がナイスバディを見せつけながら西門邸に近づいていた。

当の総二郎は何も知らずに、今日も茶道教室で何故か幼稚園児相手にその色気を振りまいている。


********


「そうじろう先生!おちゃが苦くて、はなちゃんにはムリっ!」
「そうじろう先生・・・ずっと座っていたらかすみちゃん、足がいたくなったの~!」
「そうじろう先生、ひめちゃん、もう一つ桜のお菓子食べたーい!」

「みんな、このお抹茶はこういう味なんだよ?苦いけどこれがわかるようになったら大人って事だね。
まだ早かったかな・・・正座も大変だよね。お菓子はあとでもうひとつあげようね。
今日は楽しかったらいいからね・・・あと15年ぐらいしたら西門にお茶を習いにおいで?」


・・・誰だっ!この俺に本物のヒヨコの相手をさせるような仕事を入れやがってっ!
この俺が相手にするヒヨコはまだ産まれてないってんだっ!

この状態では茶を落ち着いて点てられない・・・常に誰かがどこかで動いているんだから気になって仕方ない!
それもこれも俺の周りには50人ものガキでいっぱいじゃねーかっ!しかも全員女の子だ!
そして何より問題なのはこの50人のガキに付いてきた50人の母親だ・・・。

つまり、今俺は100人の女に囲まれている。
そしてさっきから自分の子供を見てるヤツ1人もいない・・・100人の眼は俺に集中していた。

こんな日に限ってEMGスマホの出番はない・・・それはそれでいいんだけど。
俺は死にそうな気分でこの茶道教室の講師なんだか生け贄なんだかわからない状態を耐えていた。


********


「こんにちは・・・どなたかいらっしゃるかしら?」

「・・・あぁ!こっ・・・これは三条様・・・今日はどうされたんですか?総二郎様なら・・・」
「嫌だわ!桜子が西門さんを訪ねるわけないでしょう?牧野先輩に会いに来たの。・・・入ってもいいでしょう?」

「え?・・・えぇ!どうぞ・・・つくし様はお部屋ですから・・・」
「うふ・・・ありがとう!可愛らしい殿方ね!」

「・・・はぁ。ありがとうございますぅ・・・」


********


100人に女相手に疲れ切ったを俺はやっとの思いで西門本邸まで戻った。
表門から入り、正面玄関に行ったらそこに何故かど派手な赤いハイヒールが置いてある・・・。

なんだこれ?つくしは今こんなもの履かないし・・・もともと履かねぇし!こんなヒールは持ってないはずだ。


「これは・・・今誰か来てるのか?」

「総二郎様、お帰りなさいませ。今はつくし様のところに三条様がいらっしゃってますよ?」


なんだと?・・・桜子が?
もの凄く嫌な予感がする・・・あの桜子が普通に来て何もせずに帰るはずはない!
絶対につくしで遊んでやがるな?!そう思って俺は疲れているのも忘れてもの凄い勢いで自分の部屋に戻った!

やっぱり・・・部屋の中からつくしの悲鳴が聞こえる・・・!
俺はノックもせずにそのドアを開けてその中に飛び込んだ!

「つくしっ!大丈夫かっ!桜子が来てるって言ってたけど!!・・・・・・なにやってんだ?お前ら・・・」


もの凄い勢いで開けたのはいいが、中にいたのは何故かベビードール姿のつくしとその腕を掴んだ桜子。
なんで妊婦がそんなカッコしてんだ?
そんなスケスケ素材のものを着てるから当然見えるところは見えている・・・そのラインがくっきりと・・・!

つくしは薄いピンクのベビードールを来て真っ赤になって俺を見てる・・・無茶苦茶そそられるけど
今はそんな事を言ってる場合じゃなかった!


「桜子!なんでつくしにそんなもの着せてんだよ!風邪引いたらどうすんだ!」

「あら?このお部屋はそんなに寒くはありませんしそんな季節でもありませんわよ?それよりもどうです?
こんな感じもたまにはいいでしょう?・・・毎回マタニティよりも刺激がありません?」

「こんな時に刺激なんていらないんだよっ!お前、俺んとこの家族計画を台無しにする気かっ!」

ニヤリと笑った桜子は照れまくっているつくしを置いて俺の耳元で囁いた・・・。


「西門さん・・・今ぐらいなら無茶しなければ・・・大丈夫なんですよ?」
「・・・え?」

「それにもうご存じでしょうけど、ほら!妊婦って2サイズは上がるんですのよ?わかってるんでしょ?」
「・・・・・・」

それはわかる・・・。確かに2つで1つぐらいだったつくしが今ではこんなに・・・。
思わず俺の両手が何かを掴むかのような動きをしてしまった!!それを見た桜子の再びニヤリとした笑顔!

「今夜はこれでどうかと思って持ってきましたの。他にね、これもいいんじゃないかって・・・紫のネグリジェ!
真っ白なブラもありますの・・・ここがね?取り外せるのよ・・・授乳用ですけど今でもよくありません?
楽しそうですわ!ねぇ・・・西門さん!」


このクソ馬鹿野郎!!つくしが卒倒しかけてるじゃねーかっ!
確かに面白いかもしれねぇが今は腹の中のヒヨコ・・・じゃなかった子供の方が大事なんだよっ!
俺がもの凄い顔で睨み付けても何一つ反省もせずに、顔色も変えずにまだこれ以上のものを並べやがった!

「桜子!今はつくしも落ち着いたけどこんなもんで興奮させるのはやめてくれっ!とっとと帰れっ!」

「あら?興奮してるのは西門さんでしょ?全部ご自分の手に持ってるじゃないですか!」

え?・・・って自分の手を見たら確かに色んなセクシーランジェリーを持っていた・・・!
いや、そんな気は全然なかったんだけど!つくしに着せる気もなかったけどっ!


「嫌だわ・・・西門さんったら。毎日我慢していらっしゃるのね?先輩さえ許してくれれば桜子、お相手しますわよ?」
「誰がお前に頼むかっ!しかも俺は別に我慢とかしてねぇよっ!つくしさえ大丈夫なら・・・!」


・・・あれ?俺は今なんの話しをしてるんだ?
振り向いたら結構顔を引きつらせたつくしが俺を睨んでいる・・・ベビードール姿で・・・。

「あら・・・この後はベッドでバトルにでもなるのかしら?ふふっ・・・お邪魔ですから帰りますわね?」

「帰るのはいいがこの荷物を持って帰れっ!桜子っ、てめぇ・・・二度と来んなっ!!」

桜子は笑い声を響かせながら帰って行った・・・!
そして俺の悲劇はこの後・・・後ろからいつもより低めのつくしの声がこの俺を責めてきた。


「総二郎って・・・今でもこんなのが好きなの?もしかして・・・私がこんなの着ないから不満だったの?」
「つくし・・・お前まで何言ってんだよ!そんな事あるわけがないだろ?」

「じゃあ、どうして今でもそれを手放さないの?」


そっ・・・それは、何でだろうな?俺にもよくわかんないけど・・・。


*********


何故か俺の手から離れなかったセクシーランジェリーをつくしに奪い取られて、しかも部屋を分けられた。
今日一日、反省しろと・・・。なんで俺が反省するんだ?

よく考えたらなんで桜子が現われた時点で俺に連絡がはいらなかったんだ?
俺は西門の非常時連絡責任者を読んで追求しようとしたが、女性の使用人頭に呼び止められた。

「三条様は弟子達に近寄ってはご自慢の谷間で悩殺されてますからね・・・。誰もその後は仕事になりませんよ!
そんなお客様のご予定があるんでしたら先に教えて下さいませ!私どもがお相手しますから!」


そういう事か・・・
と、いうことは今度からは格闘家上がりの警備の他にタマさん並みの婆さんを付けるか・・・。
まさか、あいつら以外にも厄介な敵がいたとは・・・!


今日は俺が反省部屋・・・じゃなくて客間で休むことになったがこの時何故か類から電話が来た。

「なんだよ・・・類。こんな時間に!まさか今から来るとか言わねぇよな!」

『・・・そんなわけないじゃん!フランスなんだから・・・それよりも牧野にあんな格好させるなんて・・・
総二郎って今でも変わってないんだね・・・でも、牧野には似合わないよ!ベビードールなんてっ!』

それだけ言ってブチッ!と切られた・・・!

やりやがったな・・・!!俺が帰る前に写真まで撮っていたとは・・・!!
桜子・・・お前、一体何人につくしの写真を送ったんだ?!


この後、あきらからも司からも電話がかかるだろう・・・
俺のスマホの電源はこの瞬間落とされた。

新しい敵の出現・・・もしかしたら出産時には桜子まで現われるんじゃないだろうな!
つくしのつわりが治まっても俺の苦労は減らないのはなんでだっ!!


14kadou.jpg
大好きな桜子登場~!!

実はいつも来て下さる読者様からのリクエスト?なんです!
ヒヨコのモデルもわかったかしら?敬愛する先輩達にも登場していただきました!
許可はいただいておりませんけど。許して下さるでしょう!

花より男子

8 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/06/14 (Wed) 12:28 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/06/14 (Wed) 12:53 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/06/14 (Wed) 14:44 | EDIT | REPLY |   

plumeria  

Re: こんにちは

えみりん様、こんにちは🎵

さっそくですよ!
こんなのは楽しいですよね!おかげさまで昨日の晩は楽しませていただきました!書くのも早いですよ?ふふふ。

どんな写真でしょうね❤ベビードールの画像がいいのがなくて残念❗
総二郎も私のせいであっちが暗いから、ストレス溜まってるんですよね。
さて、滋ちゃんも考えよう‼

ネタの提供、ありがとうございました🎵

2017/06/14 (Wed) 16:51 | EDIT | REPLY |   

plumeria  

Re: タイトルなし

わんこ様、こんにちは✨

笑っていただけました?良かったです‼
マジてあっちが暗いから、楽しいのを書かないと自分が死にそうになります!

微笑ましいっていいですけど、短編にしかなりませんものね~❗次は滋ちゃんも書きたいですね❗

産まれる時は全員集合じゃないかしら?
楽しみだなぁ。自分が書くんだけど🎵

それでは、今日もありがとうございました🎵

2017/06/14 (Wed) 16:58 | EDIT | REPLY |   

plumeria  

Re: タイトルなし

花さま、こんにちは🎵

勝手に登場させちゃった🎵えへへ。
思い付いた時、絶対3人出しちゃえ!って思いました❤

桜子、好き❤ですよね!
お話でも使いたいキャラですが、今のところそんなに書いてないの。
次回作にも出ないし。

なんか考えたいぞ❔楽しいやつを書きたい❗
ストレスたまりすぎ‼なんですよ~。

滋ちゃんも考え中よ!頑張りまーす🎵

2017/06/14 (Wed) 17:05 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/06/16 (Fri) 19:01 | EDIT | REPLY |   

plumeria  

Re: タイトルなし

Gip様、こんにちは🎵

ご無沙汰しておりますのに、勝手に出演させてしまいましたよ!ごめんなさいね🎵しかも、ヒヨコ呼ばわりしちゃいました!大先輩なのにね~❗

総二郎はヒヨコの生け贄でございます。
好きにしていいよ❤って言ったらはなちゃんがすごい勢いで押し倒すかもしれませんね!

滋ちゃん…凄く苦手キャラなんですよ。
でも、頑張ってみようかと!

いや、こんな総二郎君は楽しいですわ。にやけながら書いております🎵えへへ。

では、また~❗
いつもありがとうございます❤

2017/06/16 (Fri) 19:29 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment