FC2ブログ

plumeria

plumeria

ニースのノエル村をウロウロした後、子供が小さいというステファンには自宅に戻るように言った。
日本と違って欧州のクリスマスは家族との時間・・・子供も寂しがるだろうからと。
でも逆にこの時期にはタクシーすら拾えないこともあると言われ、それなら俺達が早くパリに戻るか・・・。

そんな事も考えたが、折角ここまで来たんだから何処かでもう1度南フランスの料理を・・・と、つくしの目がウルウル。でも明日は早くからモン=サン=ミシェルの予定だし。


『ニシカド様、それでしたら我が家に来ませんか?』
『え?ステファンの家・・・いや、不味いだろう。嫁さんも驚くんじゃないのか?それに子供だって居るんだろ?』

『そうですけど、元々妻はレストランで働いていたので料理は得意ですし、大勢の食事を喜ぶ人なんです。今から連絡すればちゃんと用意してくれますから』
『でも急すぎないか?俺、なんのプレゼントも持ってねぇし』

『ははは!そんなものはご心配なく!ね、そうしませんか?私が少しワインを我慢すれば空港までちゃんとお送り出来ますし』



それをつくしに伝えれば大喜びだったが、俺と同じくプレゼントが無いことに大慌て。
言葉に甘えてステファンの家に行くことにしたが、同時に嫁さんと子供に渡すプレゼント探しが始まった。
ニースの人間にニースの物を・・・それもどうかと思ったが仕方ない。子供には大きな縫いぐるみ、料理好きだと言う嫁さんにはエプロンを買って、それを包んでもらい赤いリボンを掛けた。
そしてステファンには俺達が帰った後で嫁さんと飲めって意味で極上のワインを1本。


ステファンの家は丁度ニースとコートダジュール空港の間のコカードと言う街にあり、そこからだと空港は30分もかからない。
夕食が終わってからその日の最終で帰るには充分間に合う。

クリスマスの家族団欒の時間に踏み込むのは少々気が重かったが、彼の家に着くなりその気鬱はすっ飛んだ。


『いらっしゃい~~!どうぞどうぞ、寒かったでしょう?』
『パパ!おかえりなさい~~~』


ドアを開けたのはブロンドの美人で、俺と身長が変わらないような女性・・・レストランで働いていたというよりはモデルだったんじゃ無いかと思うようなプロポーションだった。
それにはつくしも唖然・・・見上げるほどの美人にポカンと口を開けたままだ。


『マリアンヌ、こちらが社長のご子息の友人でニシカド様、こちらがフィアンセのマキノ様だ。
ルイーズ、ご挨拶出来るかな?』


ステファンがそう言って4歳ぐらいの女の子に俺達を紹介すると、照れて嫁さんの後ろに回ったが、嫁さんが笑いながら子供を自分の前に連れだし一緒に挨拶してくれた。
父親によく似た子・・・つくしは喜んでその子と目線が合うようにしゃがみ込んでいた。


『初めまして、ニシカドさん、マキノさん。ステファンの妻でマリアンヌと言います。この子は娘のルイーズ、もうすぐ5歳なんです。照れてるけど慣れたら煩いぐらいだから許してくださいね』
『・・・・・・こんばんは・・・』

『突然お邪魔して申し訳ありません。西門総二郎と・・・ん~、でも堅苦しいから名前で呼んでもらえるかな。俺は総二郎でこっちはつくし。牧野つくしって名前だからつくしでいいや』

「・・・え、えと・・・フランス語が判らないからごめんなさい!お邪魔します~!」

『うふふ、可愛らしいお嬢さんね!じゃあソウジロウにツクシ、リビングへ行きましょう!』
『マリアンヌ、そんなニシカド様のことを名前でなんて・・・!』



類の事もあるからビビってるステファンに『いいから心配すんな!』って言えば、彼もそれからはフレンドリーになってあっという間に「ソウジロウとツクシ」になった。

リビングに入ると目に飛び込んできたデカいクリスマスツリー、それに幾つか重ねられてるプレゼントの箱。
ここでつくしがルイーズにプレゼントを手渡すと、喜んでその箱の1番上に置かれた。飯の後で全部纏めて開けるのを楽しみにしていると言われたから、それをつくしに教えると大笑いしていた。


並べられた料理はスパゲティ・ボロネーズに「ニソワーズ」。
ニソワーズは南フランス地方の代表的なサラダで、トマト、オリーブ、アンチョビやツナ、ゆでたポテトにゆで卵がてんこ盛りの大胆なサラダ・・・今日はクリスマスだから赤と緑が多い華やかなサラダだった。
そしてニースの代表的な家庭料理の「ファルシ」。
ファルシとは「詰める」という意味で、簡単に言えば日本の「肉詰め」ってイメージ。適度な丸みを持つ野菜に肉を詰め、熱い煮汁を全体にかけながら焼くんだとマリアンヌが教えてくれた。
煮詰めたあとでオーブンで中まで火を入れ、仕上げにトースターで焼き目をつける・・・手間の掛かったものらしい。

つくしは俺が通訳する前に、もうそれを頬張ってホクホクしていた。

『これはソッカと言って、ニースの名物料理なの。
この土地では昔から食べられているものでね、ヒヨコ豆で作られてて手軽に食べられるから庶民に愛されたおやつみたいなものね。大きな鉄板で焼くから家ではあんまり作られないけど、うちは私の手作りでご近所にも配ったりするの。自信あるから食べてみてね』


と言っても味はシンプル・・・つくしが小さな声で「これが海外旅行ってものよね」って呟いたのには噴き出しそうになった。


飯が終わるとツクシがルイーズと少しだけ遊び、言葉も通じないのに大はしゃぎしていた。
その頃には子供も慣れて、俺の背中にもジャンプしてきたり、それを慌ててステファンが引き離したり。マリアンヌはケラケラとよく笑う明るくて素敵な女性で、クリスマスをこんな風に過ごせると思わなかった俺は変な気分・・・。

こんな騒々しいクリスマスなんて好きじゃ無かったような気がするのに、何故か今は笑っているんだから。



飛行機の時間が迫って、マリアンヌとルイーズは玄関先で別れた。
そしてステファンの運転で空港まで行き、そこからオルリー空港に向かう・・・温かいクリスマスの夜だった。




********************




26日の朝、パリのホテルで目を覚ましたのは6時。
今日は私の行きたい場所リストの上の方にあった、モン=サン=ミシェルに行く♡
珍しく私より遅く起きた総二郎が目を擦りながら珈琲を飲み、自慢の黒髪も寝癖が付いてる。そんなポケッとした彼はあんまり見たことが無くて、私の方が急かして支度をさせた。


「もう~~~~、はやくコート羽織って!ご飯はモンパルナス駅で食べるんでしょ?そこで迷子になるから早く行こうって言ったの、総二郎じゃない!」
「・・・そうだけど俺はフランス語出来るから問題ねぇだろ。10年前にも行ってるし・・・」

「そんな昔だと色々変わってるって!はい、部屋出るわよ!」
「・・・お前、急に元気になってんな・・・」

「総二郎より2歳若いからねっ!さぁ、行くわよ~~!」
「・・・・・・・・・ふぁ・・・」


大欠伸してる総二郎のコートの腕、そこを引っ捕まえてホテルを出て、すぐにタクシーに乗り込んだ。そして寝惚け声の彼に行き先を言わせ、暫くして到着したモンパルナス駅。
予約したTGVの発車時間まで余裕の1時間前だった。

だから調べていた有名なパン屋さんで朝食♡
ここで漸く総二郎も目が覚めたみたい。いつものキリッとした目になって、私がモグモグしているのを笑いながら見ていた。


時間が来てTGVに乗って、レンヌまでの時間は約2時間。ここでは発車2分前までに乗車しないといけないらしく、のんびりし過ぎた私は総二郎に手を引っ張られて駆足でホームに向かった。


「お前なぁ!ホテルでも少し食ってなかったか?!」
「だってぇ、ホテルの朝ご飯、ほんの少しなんだもん!」

「だからってこんな場所で幾つパン食えば気が済むんだよ!」
「あっ、TGVにはバー車両があるんだってよ?行こうよ、総二郎~~!」

「・・・・・・・・・」


勿論ここで彼は赤ワイン、私はキッシュを頬張った♡



**



レンヌという駅に着いたのは午前中で、ここで待っててくれたのは女性だった。
しかも超美人で、コート着てても判るほどプロポーション抜群・・・いきなり総二郎の姿勢が良くなって、眼力が強くなったのは言うまでもない。


『初めまして、ニシカド様。ルイ様からの依頼で本日ご案内させていただくアネットと申します。どうぞ宜しくお願い致しますわ』
『こちらこそ宜しく、アネット。こちらはフィアンセの牧野つくし。良かったら俺の事も総二郎って呼んでくれる?その方が気を遣わずに楽しめるだろ?』

『あら、宜しいのですか?では・・・うふふ、ソウジロウって呼ばせていただくわ。彼女はツクシね?』
『あぁ、それでいい。休暇中だろ?彼氏は大丈夫なのか?』

『・・・気になるの?でも大丈夫・・・彼も仕事だからジェラシーなんて感じないわよ』
『くくっ、すこし残念な気もするな』



「・・・・・・・・・・・・」


何となく表情で判ってしまうんだけど、総二郎・・・あんた、悪いクセが出てるわね?




にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
応援、宜しくお願い致します♡
関連記事
Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2020/06/27 (Sat) 17:41 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

パール様、こんばんは。

コメントありがとうございます。

うんうん、いいご夫婦ですよね~❤
ソッカって写真だと美味しそうだけど、味は薄いみたいです。
フライパンとかじゃなくて、屋台の焼きそばぐらいある大きな鉄板で焼いてるのをネットで見ましたよ。


ふふふ、悪いクセ(笑)
そこは総ちゃん、治らないみたいです❤

仕方ないよね、ナイスバディな美人は別腹でしょ(笑)
取り敢えず、お話はしておかないとね!

モンサンミシェルは遠くから眺める方がいいらしいですよ?
実際中にある修道院はそんなに感動しないんだって。

1度見てみたいですよねぇ~~!

私はピラミッドとブルーモスクも見てみたい❤
でもまずは・・・スカイツリーを見てみたいかも(笑)

2020/06/28 (Sun) 00:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply