続・茶と華と (16)

福岡での仕事が始まったばかりなのはわかっている・・・明後日には帰れることも!
わかっているが頭にきていた俺は弟子に八つ当たりをした。

「いつになったら福岡を出られるんだ?もう帰っても良くないか?・・・お前達で何とか纏められないのかよ!
わざと仕事増やしてんじゃないだろうな?」

「総二郎様・・・まだ初日ですよ?ここでのお仕事は明後日までです。それに次期家元のご出席と連絡してあるんですから
私どもでは務まりませんよ・・・何とか我慢してもらえませんか?」

「急病にでもしたらいいじゃねぇか!専門医が東京にしかいないとでも言えねぇのかよ!」

「医療大国日本ですから・・・そんな事は嘘だとすぐにバレますって!」

「家元を危篤にでもしてやろうか!」

「一番マズいでしょう?・・・むしろ事を大きくするのでは?」



弟子達もビビるほど今日の俺は機嫌が悪かった。
類からの報告で、司が自分の見合いをぶち壊すために芝居の相手につくしを選んだ・・・これはわかった。
でも完全な人選ミスだ!!あのつくしに演技が出来るわけがない!
多分・・・やってやるとは言うだろう。でも所詮嘘がつけない女だ!そんなヤツに頼んだら計画通りにいくどころか
もっと大騒ぎになるはずだ!そして、司も演技が超ド下手なはず・・・!組み合わせは最悪だっ!

自分が出来ないくせによく他人にやらせるな・・・マジで馬鹿な奴だ!


もしかして、頭にきすぎて司の母ちゃんを怒鳴りつけてないだろうな・・・。
道明寺は西門の後援会の中でもトップクラスだ・・・それこそ抜けられたら親父が危篤になるかも・・・。

「はぁ・・・なんで俺がいないときに限って問題を起こすんだ!あいつらは・・・!」

まぁ、目的がつくし本人じゃなかったから少しは安心したけど今頃ホテルで何やってんだか・・・。
次の仕事まで時間があった俺はどうすることも出来なくて適当にスマホを触っていた。
そしたら突然そのスマホが大きな音で鳴った!・・・でも、知らない番号?

いつもなら出ないんだけど、こんな時だから気になってその電話に出てみた。


「もしもし・・・?」
『きゃあぁぁぁぁっ!!出たっ!出たよっ、つくしちゃん!!』

はっ?今・・・つくしって言ったか?

「もしもし?あんた、誰だ?!そこにつくしがいるのか?いるなら変わってくれ!・・・おいっ!!」
『あら!ごめんなさいね。ニッシー!私は大河原滋。よろしくね!ニッシー!』

ニッシー?・・・誰だ!このイカれた女はっ!
この俺の事をそんな呼び方したヤツはこいつが初めてだっ!・・・ん?大河原・・・もしかして?

「大河原って言ったら司の相手か?・・・どうでもいいけどそこにうちのつくしがいるんだろ?代わってくれよ!」

『きゃあぁあっ!うちのつくしって言ったわ!マジで夫婦ーっ!!』
「やかましいっ!少しは静に話せっ!!」



『・・・いやだ。つくしちゃん、この人怒鳴ったよ。怒鳴る人キラーイ・・・』

なんなんだっ!この頭のおかしな女はっ!俺の方がどうにかなりそうだっ!
スマホを耳から離して荒くなった息を整えてたら小さな声が聞こえた!


『もしもし・・・総二郎さん?つくしだけど・・・』

「つくしっ?!・・・お前大丈夫なのか?いきなり司に捕まったって聞いたけど・・・で?今は何してんだ?」

申し訳ないと思っているのかつくしは消えそうな声で話し始めた。

『うん・・・あの、滋さんとお部屋でお話しを・・・。道明寺さんはどこに行ったかわかんないのよ。
多分お母さんといるんだろうけど・・・でね、滋さんがどうしても総二郎さんと話したいって言うから電話したの。
でも、どうしよう・・・西門のお義母様にもまだ連絡してないの。心配されてるかしら・・・』

「取り敢えず、その滋に頼んで西門へ送ってもらえ!家元達には俺から連絡しとくから心配すんな!
まぁ、お前のせいじゃないかもしれないけどこれからは気をつけろよ?マジで世間のこと知らないんだから
一人でウロウロすんなよ!絶対に送ってもらえよ!」

『うん・・・わかった』

なんだか素直に俺の言うことを聞いているつくしにちょっとしたイタズラのつもりで囁いてみた。


「明後日には帰るから、楽しみにしとけよ?・・・愛してる、つくし・・・」

『きゃあぁぁぁっ!愛してるってよっ!つくしちゃーん!!』

「てめぇ!・・・代わるんなら代わるって言えよっ!こっちがびっくりするじゃねぇかっ!・・・って、おい!」



『ねぇ・・・一言言ってもいい?』

急にド真面目な大河原の声が聞こえた・・・なんだ?このテンションの上がり下がりはっ!

「何だよ・・・」

『あなた達夫婦の好みや趣味に口を出すほど野暮じゃないけど、つくしちゃんの事を大切にしなかったら
すぐに大親友の私に連絡が来ると思いなさいよ?そしてあんまり無茶なことはしないで!
特に屋外では気をつけてねっ!変な病気も危ないけどスキャンダルってのも怖いんだからね!』

「・・・一体何の話だ?」

『あなたのことは噂で色々知ってるのよ。・・・この先つくしちゃんを泣かせたら許さないからね?
もしそんなことになったらどうなるか覚えておいて?・・・この大河原から総攻撃を受けると思っててよ!』

それだけ言うとブチッと電話を切りやがった!
つくしを泣かせたら?・・・どう見ても今まで泣いたのは俺の方だと思うが?


「大親友だと?そんなもの一日でなれんのか?・・・何が起きてんだ?」

なんだかさっぱりわかんない電話・・・しばらく真っ暗な画面を見ていた。
大河原滋って変な女が今でもつくしに何か妙な事を教えてるような気がしてならないんだが・・・

それでも、さっきのつくしの声がまだ耳に残っている。
あの日の夜の事を想いだしていた・・・やっぱり俺が上手くやりゃ良かったのかもしれねぇな。



「総二郎様・・・夕方の会食の時間になりましたから。お車の準備が出来てますよ」

「あぁ、わかった。すぐ行くよ」


まぁ、声が聞けただけでもいいか!
俺はこの後にとんでもない事が起きるなんて知らずに仕事に向かった。

kadou4.jpg
関連記事

花より男子

6 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/07/06 (Thu) 13:34 | EDIT | REPLY |   

plumeria  

Re: こんにちは

えみりん様、こんにちは‼

滋ちゃんっぽいっしょ?
いや~❗総二郎、可哀想だけど可愛いでしょ?
舞台がまた変わりますので頑張ってついてきてくださいませ!

どうしても総二郎ばっかりいじめてしまうわ!
ドSなのかしら?わたし…。

昨日っていうか今朝、わたしの所は雷雨でした。
2時ごろかなぁ。寝られなかった(*T^T)



2017/07/06 (Thu) 14:39 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/07/06 (Thu) 16:13 | EDIT | REPLY |   

plumeria  

Re: タイトルなし

花さま………


マジで⁉ホントに⁉
愛で溢れてなかった⁉

気がつかなかったわ……。ドSなはずはないんだけど。


総二郎には伝わってるはずだけどな、私の愛…。
もしかして、思い過ごし?


いやん!花さまの意地悪っ‼(気持ち悪い?笑)

2017/07/06 (Thu) 19:13 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/07/10 (Mon) 11:28 | EDIT | REPLY |   

plumeria  

Re: タイトルなし

さとぴょん様、こんにちは‼

なかなか滋ちゃんがいいでしょ?
私もこの滋ちゃんは好きですね🎵

総二郎も私のせいでキャラ崩れが激しくて…。
よくクレームが来ないな❗(笑)😁と思っております。

電話でね、愛してる💓♥❤なんて言われたいですよね!
萌えるわぁ。
電話の声って耳元だからゾクッとしません?

(/▽\)♪照れちゃう‼

いや、言われたことはないですけどね。

2017/07/10 (Mon) 16:38 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment