FC2ブログ

plumeria

plumeria






Flowerislandでも1番早く春を迎える道明寺国。
その城で国王・司がのんびりと昼寝をしていたのは大庭園、そこの草むらでデネブを抱き抱えて流れる雲を見ていた。

その真っ白な雲を見ていると思い出されるのはスピカ。
美作国に嫁に出したスピカが今頃どうして居るのかと……。

「なぁ……あきらんとこ、寒くねぇのかな」

そのひと言で「ブヒ?」と言うデネブはスピカの後釜……『僕がいるじゃん!』とばかりに司にスリスリ。
それを撫でながら、やっぱり感傷に浸っていた。


「今頃どうしてるんだろうな……」
ブヒ……

「黒曜星と喧嘩しねぇのかな」
ブヒブヒ!

「そろそろガキが産まれたりしてな……」
ブヒヒッ♪

「初孫かぁ……男かな、女かな……」
………………ブ、ブヒ?

デネブに言語能力があったら
『あんたの孫でもないし、男とか女とか言わねぇよ!』、と叫んでいるだろう。

そんな時、庭の奥にある池とも沼ともとれる水辺で何かが動くのを見掛けた。
そこは先日から刃司郎(カモノハシ)が棲み家としている場所……そこで何が動いたのか気になって、司はデネブを肩に乗せたまま見に行った。

すると見えたのは黒いドーム型……


「なんだ?あれ………………えっ?!
…………うわあぁーーーーっ!!

ブヒヒッ?!!



***その頃の西門城***


「な?俺が教えたわけじゃなかっただろ?」

「あっはは!朝陽ちゃんかぁ~!それにしてもよく覚えたよね~~♪」
「笑い事じゃないよ、つくし!気分悪い……」

「そう言うなって!清明だって必死だったんだから」

青いセキセイインコ・清明が話す昔話のことで総二郎のところに文句言いに来てたのに、何故か今はケーキタイム。
お爺さんが「ソウチャン」に、お婆さんが「ツクシチャン」になっていたのが朝陽の仕業だと判れば怒る訳にもいかず、ここは許すことになった。
今でも部屋の隅では朝陽と清明が「国語」の授業中……それを横目で見ながら珈琲を飲んでたらスマホが鳴った。

誰かな?って思ったら司?
それを総二郎とつくしにも教えてから電話に出ると……


『類ーーーっ!大変だ、総二郎が死んでる!!』

「…………は?」


総二郎が……でも目の前に居るんだけど。
そしてその声があまりにも大きかったから本人にもつくしにも聞こえてて、2人ともキョトン。
「俺が?」って言うし、「西門さん、まだ生きてるけど」……それには総二郎も嫌な顔してたけど。


「ちょっと、何言ってんの?」
『いいからすぐに来てくれ!総二郎がっ、総二郎がーーっ!!』

「いや、だから……」
『あいつに何があったのか知らねぇけど、うちの池に浮かんでんだよ!』

「…………えーと、本人に代わるね」
『そんな事はどうでもいいから来てくれーーーっ!』

「はい、総二郎。お前、司んとこの池に浮かんでるってよ?」

「もしもーーーし!俺だけど」
『おおっ!総二郎か?早くお前も来い!池に浮かんでんじゃねぇーよ!』

「……判った。なんか知らねぇけど俺が迷惑掛けてんだな?」
『いいから早く来い!お前が死んでるんだ!!』


…………大混乱ってこういう事を言うんだろうな。
死んでるっていう本人に話しかけてるし。
つくしもポカンとしてたけど、今度は道明寺国に移動……はぁ、疲れるよね!


こうして3人を乗せた馬車は南下して道明寺城へと向かった。



***道明寺城***


「これはこれは、花沢様、西門様、いらっしゃいませ」

「こんにちは~!西田さん♪」
「司、居る?変な電話もらったんだけど」
「俺達に顔揃えて来るようにってさ。あいつ、頭大丈夫か?」

「……あぁ、そう言えばなにやら大騒ぎでご自分のお部屋に駆け込んでましたねぇ。
何があったのか知りませんが、どうぞお入り下さい」


西田さんに言われて城の中に入り、真っ直ぐ司の部屋に向かった。
今度は何があったんだろう?ルンルンしているつくしとは真逆で、俺と総二郎は溜息しか出ない。

トントン!とノックが終わるか終わらないかの間にガバッ!!と開いたドア。


「遅いぞっ!類。大変なんだっ総二郎がっ!!!!」
「………司……」

「何でそんなに落ち着いてんだよ!」
「……あのさ…」


「…………俺がどうしたって?」

後ろから顔を覗かせた総二郎を二度見した司は……

「総二郎ぉーーーー!!無事だったのか!」

池に浮かんでると思っていた総二郎を見た司は、まず足を確認、次に身体を確認。
濡れて無い事を不思議に思ったのか?
頻りに首を傾げている。


「生きてるな……」
「おぉ、この通りだ」

「お前、さっき池に浮かんでなかったか?」
「いや…今、類達と来たばっかだけど?」

「…………………」
「…………………」


「あらっ♪あれは何?」

司と総二郎のやり取りを呆れ半分で見ていたつくしは、窓の外に視線を移し何かを発見したらしい。


「「「ん?」」」

男三人もつられて窓の外に視線を移す。


「何だ、あれ?」
「へぇ~」
「あれだよ、あれっ!!総二郎の頭だろ?!」

そこには、微動だにしないお馴染みの静司郎と、近くもなく遠くもない距離に総二郎の頭……では無くて羽を広げている黒い鳥。


「あぁ、あれはクロコサギと言うサギの仲間らしいですよ♪」
「うおっ!西田いつの間にっ」
「お茶をお持ちしました♪」

「へぇ~クロコサギって言うのね♪」
「動かないね…」

「はい、なんでも羽を広げて日陰を作り魚が寄って来るのを待って捕るのだそうですよ」
「そうなんだぁ~」

「西田……お前詳しいな……」
「えぇ、出水先生に連絡して教えて頂きましたから」

「……確かに…総二郎に見えない事もないかもね…」
「……成る程な…で、俺が浮いてるって思った訳だ…」

「な?だろ?」
「やめろって…水死かよっ!しかも、他人(ひと)ん家の池でっ」

「まぁ、いいんじゃない?無事なんだし、勘違いだったんだから、ね♪お茶頂きましょう」


「そうだな」と久しぶりに皆で teatime に突入。
道明寺城の池には、ハシビロコウとクロコサギ…動かない鳥が二羽。


そこに……


「総二郎は無事かぁーーー?!!!」

と、黒曜星に跨がり自慢の髪を振り乱し山を二つ程越えて来た あきらの声が響いた。


「…司…あきらにも連絡したの?」
「仕方ねぇだろ、本当に浮いてるって思ったんだよ…」
「お前……勘違いにも程があるぞ」
「まぁまぁ、皆揃って楽しいじゃない♪」
「それでは、もう一つお茶の用意をして参ります」


「総二郎は何処だっ!」と到着したあきらに司の勘違いだと告げ、再度 teatime に突入するまであと数分。


もうすぐ春の Flowerisland は、今日も平和です。




おしまい🌱


**オマケ**

「ねぇ、道明寺」
「なんだ」

「あのクロコサギ…飼っちゃう?」
「……さぁな…」

「静司郎くんと仲良さそうよ?」
「そうか?」

「飼うならお名前考えなくちゃね♪」
「おぉ、そうだな♪」

「道明寺……総二郎はどうだ?」

「あら♪」
「「ぷっ」」
「やめろっ!!」

「「「あっはは!」」」


失礼致しましたm(__)m



にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村


皆様、こんにちは~~!
今日は司君でクロコサギでした♡

とある方からのリクエストでございます(笑)
このクロコサギと言うアフリカに住む鳥は、全長50cmほどの肉食だそうです。カエルや魚を食べるんですって。
で、この姿が「狩り」のスタイル。
浅瀬で翼を傘の様に広げ、その中に頭を隠して水中の獲物をとるそうです。不思議ですよね~~💦
何故こうするのかは判ってないんですって。

そして、何故こんな不吉なお話かと言うと、タイトル画像のクロコサギの羽がどうしても総ちゃんに見えてしまったんです(笑)
真ん中分けに見えませんか?あっはは!

お顔はこんな感じ。
16139116690.jpeg

頭を隠したらこんな感じ(笑)
これだったら「タラちゃん」みたいだけど💦
16139116310.jpeg


世界には不思議な動物がまだまだ居るんでしょうね~~~!
Flowerisland、マダガスカル以上に貴重な島かも?(笑)

ってことで、もう1人(1羽)の総ちゃんもヨロシクです♡


では、またお会いしましょう~~~~!!
関連記事
Posted by

Comments 10

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2021/02/23 (Tue) 15:24 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

ビオラ様、こんばんは。

コメントありがとうございます。

ねぇ~~~(笑)
ホントに面白い動物は多いですよね~!

飼えない動物を出してないから(ライオンとか虎とか)それを出せば凄い事になりそう💦
最近は変わりネタが多いですよね(笑)

そろそろ限界が近いのかも!?
面白い生き物がいたら教えて下さいね~~♡

2021/02/23 (Tue) 18:37 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2021/02/23 (Tue) 23:18 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

安心した女 様、こんばんは。

コメントありがとうございます。

あはは💦ごめんなさいねぇ💦
ストレートに書いてたから読んだら吃驚すると思ったのよ。

でも総ちゃんがその前に出てたから良かったでしょ?
え?そんな問題じゃない?(笑)

タイトルもね、私が「道明寺サスペンス劇場」って出したけど、空様が「道明寺総二郎」って出してね(笑)
それにバカウケして決めたの。


S「起こられないかね?総ちゃんファンに」
P「いいんじゃない?」←半分総つく
S「じゃ、いっか♪」

あっはは!色々纏めてごめんなさいっ!!(爆)

2021/02/24 (Wed) 00:16 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2021/02/25 (Thu) 22:01 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

吃驚した女様(笑)

あっはは!そこは私の家からめっちゃ近いですね!
小学校までは知らなかったけど、ありますよ(笑)

凄いなぁ~~!
今、S隊員と大笑いしてました。

あぁ、そう言えばS隊員、スナフキンでエロいこと考えてるみたいです。
今度コメントするときに聞いてみて下さい(笑)

2021/02/25 (Thu) 23:25 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2021/02/26 (Fri) 10:39 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

わ~お♥な女様、こんにちは。

あっはは!そう来たか!!

朝から2人で大笑いしました。
その結果は・・・S隊員がしてくれるかも?(笑)


「これ、子供が見るアニメだから!」

ってS隊員が叫んでましたよ(笑)

2021/02/26 (Fri) 11:31 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2021/02/26 (Fri) 13:08 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

びっくりした女 様、こんにちは。

コメントありがとうございます。

あっはは!
今度からお名前も「抹茶色」にしていただこうかしら(笑)

ね?だんだん妖精から妖怪になって来たでしょ?(爆)

2021/02/26 (Fri) 14:16 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply