FC2ブログ

plumeria

plumeria

14日・・・毎年のように正面玄関が喧しく、弟子達で正規の来客とそうじゃねぇ奴らを振り分けていた。
そして山のように積まれた派手な箱の処分も弟子達。俺の手元に来るのは所謂「お嬢」達の名簿だけ。その返しについては毎年事務所から「礼状」を送るから俺は一切関知しない。
それが判ってるのに毎年ご苦労な事だ・・・と、冷め切ってる俺。


「あら、総二郎さん。まだ行かなくていいの?7時に待ち合わせなんでしょ?」
「・・・・・・・・・まだ6時だろう」

「何言ってるの、そんな寝間着みたいな格好でウロウロしてるクセに!ちゃんとスーツで行きなさいよ?」
「・・・・・・ックション!」

「なに子供みたいに風邪のフリしてるの?ダメですよ、安田様のお嬢様なんだから」
「くそっ!」


お袋から声を掛けられたのは夕方で、気分が乗らなかった俺は朝と同じ格好で母屋を彷徨いていた。
どうにかしてドタキャンできねぇか・・・それも出来そうにないから、仕方なく部屋に戻ってスーツに着替える。そして酒を断わるつもりで自分で車を運転してTホテルに向かった。


そのホテルもバレンタイン仕様なのか、ロビーには真っ赤なアレンジメントが飾られ、全体的にハートマークやら薔薇で埋め尽くされている。
鬱陶しいと思いながらそこを通過し、向かったのは展望ラウンジだ。
勿論そこも今日は恋人達で満席・・・何処を見ても着飾ったカップルが嬉しそうに向かい合って座ってやがった。


「いらっしゃいませ」
「・・・・・・西門だけど」

「あぁ、お連れ様が先ほどいらっしゃいまして、お席でお待ちでございますよ」
「・・・・・・はぁ、帰りてぇ・・・」

「???・・・ご案内致します」


案内されたのは窓際の特別ラブリーな席・・・なにもそこまで飾らなくてもいいだろうってぐらいのアレンジメントが置かれていた。そしてこっちに顔を向けてるのは美咲で、ド派手ピンクのドレスでドン引き。
しかも俺を見るとにっこり笑って手を振るし、回りの連中がそれを見るから恥ずかしいってもんじゃない。

この俺の連れがあんなセンスの無い女かと思われるのがムカつく・・・💢!


「総二郎さまぁ!お待ちしてましたわ~」
「・・・・・・申し訳ありません。今日も忙しかったので」

「さぁ、お座りになって♡ね、ここから見る夜景は素敵でしょう~~~♪」
「・・・(夜景よりあなたの方が綺麗ですよ、って言葉を待ってるな?誰が言うか!!)・・・そうですね」

「いやんっ!真面目に答えちゃダメですって、総二郎様ったらぁ~」
「・・・根が真面目なものですから」

「うふふ!殿方は少しぐらいお茶目な方が宜しいんですのよ?ほら、いつも通りの総二郎様に戻って?私と2人だからって緊張してるんでしょ?」
「いえ、超リラックスしてますけど💢!」


今からこいつと2時間掛けて飯食うのか?!
どんな罰ゲームだよ!!





**************************




「・・・つくしちゃん、つくしちゃん?」
「・・・・・・・・・はっ!」

「くすっ、眠かった?」
「あっ、ごめんなさい・・・やだ、私ったら!」

「初めてだから仕方ないよ」
「・・・・・・///!!」


森山さんと待ち合わせ場所で合流して、そこから向かったクラシックコンサート・・・それの途中で、と言うか多分1曲目から爆睡した気がする!
どんな姿勢で寝てたのかは想像したくもないけど、何となく首が痛いもん!
まさか、鼾までかいてないよね?と森山さんを見たけど彼は怒ったりしない。こんな私なのに「今度はもう少し短めのコンサートに行こうね」なんて笑ってくれた。
・・・出来たら短くてもお断りしたいけど。


だから感想なんて言える訳もなく、無言でコンサート会場を出る羽目に。
そして次はホテルディナーだってタクシーを呼んでくれた。

ここではっきり言った方がいいと思うけど、隣でニコニコしてる彼を見ると言い出しにくい・・・でも食べた後ってのは卑しい気がして嫌だし。
そんな事で迷ってるうちにホテルに着いて・・・・・・って、そのホテルを見てギョッとした!!

ここTホテルじゃん!
西門さんとあのお嬢様のデート場所じゃないの!



「あっ、あの!森山さん、ここはちょっと・・・」
「どうかした?レストランの予約入れてるんだ。美味しいって評判だよ?」

「予約・・・」
「うん。一応期待込めて2ヶ月前に予約したんだ。無駄にならなくて良かったよ」

「2ヶ月前から・・・」
「さ、行こうか」


断れない~~~~っ!
そんな苦労したバレンタインディナーだなんてーーーっ!!




「いらっしゃいませ。森山様ですね?お席はこちらでございます」

結局森山さんに背中を支えられて入った展望レストランは、見事にバレンタイン仕様でホテルの外観に似合わず超可愛らしかった。しかもピンク色と赤で溢れてる・・・そしてほぼ恋人たち。
目に入った席に出されてるお料理も綺麗で、ハートマークもチラホラ見える。

このフロアの何処かに西門さんが居るかと思うとドキドキだったけど、もしかしたら特別席とかかもしれない。あの人達はいつもそうだったから、一般市民とは顔を合わせないような席で・・・と思ったのに、案内された方向を見ると何故か気になる黒髪発見。
私には背中を向けてるけど、お相手はあの時のお嬢さまだ!

嘘でしょ~~~~~~っ?!
あの人達の席の横を通っていくの?と心臓が口から飛び出そう!
それを我慢しながら知らん顔して歩いて行くと、ホール係の人が「こちらのお席です」と。


どうして西門さん達と並んでんのーーっ?!


勿論あの人も気が付いて、私を見て唖然としてる。
しかも西門さんと私の間にお嬢様と森山さんが居るから、彼の向こうに鬼みたいな西門さんが見えるんだけど。

目の前のナフキンの添えられたカード・・・「HappyValentine」


何処がHappyなのよ~~~っ!!
最悪なんですけどーーーっ!





にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
応援、宜しくお願い致します♡


★明日は花沢城があるので11時はお休みです★
関連記事
Posted by

Comments 4

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2021/02/22 (Mon) 11:38 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2021/02/22 (Mon) 12:35 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

ビオラ様、こんばんは。

コメントありがとうございます。

なんだか2人の周りの人達の動きが気になりますね(笑)
このホテルの食事もどうなることやら💦

思ったより積極的な森山さんに要注意かも・・・?
総ちゃん、意地張ってる場合じゃないんですけどね(笑)
つくしちゃんは大きな穴を掘りそうで怖いですね~~~~💦あっはは!

2021/02/22 (Mon) 22:30 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

パール様、こんばんは。

コメントありがとうございます。

あはは!総ちゃんの吃驚顔、想像しちゃいました?(笑)
そりゃ驚くよね~~~っ!

てか、お互いに1番見せたくない場面だろうし💦

そう言えばこんなシーンは初めてかも・・・スーツ着てレストランディナーをつくしちゃん以外の女性と・・・
着物で見合いは数知れず(笑)

このディナーの展開は・・・想像出来ないかもよ?(笑)
楽しみにしててね~~!


それに明日の花沢城(笑)怒らないでね💦
(本日S隊員とお話しました。パール様、怒るんじゃない?!!と・・・)

2021/02/22 (Mon) 22:35 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply