FC2ブログ

plumeria

plumeria

不可抗力とはいえ自分の嫁に毒を投げられてから3日目・・・俺は退院できた。
つくしはあれからも申し訳なさそうにしょんぼりしてたけど、これでしばらくはおとなしくなるかと思うとちょっと笑えた。


思いの外俺がつくしを早く見つけたから、関西の連中が動き出す前に捕まった男が自白、関西の連中の計画が発覚し た。
家元は山崎を始めとする一連の関係者を処分、薫は持ち上げられてだけで何もしていないため処分保留となった。
これまでは内々で片付けようとしていたが、あきらのライフル銃で事件化されてしまい世間に公表されてしまった。
そりゃそうだ・・・男の肩には思いっきり銃創が残ってる。つくしはいきなり後ろから撃ってきたからわからないを連発。
まぁ、あきらは当然知らん顔・・・どこからライフル弾が来たのかは多分永遠の謎になるだろう。

俺にとって何より良かったのはハーレーが無事に西門に帰っていたことだった。
ここはやっぱり大親友!あきらが美作の連中に言いつけて警察が来る前にハーレーをあの場所から移動させてくれていた。

『つくしちゃんはあんなもの放っておけって言ったけど、お前が極上を紹介してくれるんだからこのくらいしとかないと
いけないかと思ってな!どうだ、いい友達だろう?感謝しろよ!』

「あんなもの・・・まぁ、助かったよ。でも、お前が派手にライフルぶっ放してくれたから警察沙汰になって大変だけどな。
なんで威嚇射撃で終わんなかったんだ?つくしに当たってたらどうすんだよ!」

『・・・俺の趣味なんだよ。ギリギリラインで緊張感!最高だろ?・・・じゃあ、元気になったら連絡くれよ!』

前言撤回!・・・危ねぇヤツ!もしかしたら役立たずの類の方がマシかも知れねぇ。危険からは回避できるからな。


そしてつくしの傷害罪はもちろん内緒。 ひやひやしたが捕まった男はつくしの「薬」のことは綺麗さっぱり忘れていたようだ。
西門の家元達には知らせてはいないが、つくしは牧野の親父には報告したらしい。
ものすごい勢いで飛んできて俺に頭を下げていた。

「総二郎君!この度は申し訳ない!・・・つくしを守ろうと思っただけで君に使うとは思ってもいなくて・・・!」

「・・・お義父さん、念のため申し上げますが使われたわけではありませんから。かける相手を間違えただけですよ」

「本当にすまなかった・・・つくしの言うことを聞いてトリカブトで作らなくて良かったよ・・・」

本気だったのかっ!・・・そっちの方が怖えぇぞ?


牧野の家元が俺に両手をついてるときに横にいたつくしがなんだか真っ青になっていた。
口元を押さえて俯いている。今度は俺と家元がつくしを見て固まってしまった。

「どうした?つくし、具合でも悪いのか?」
「ううん、何でもないけど。なんだか、ちょっと目眩が・・・ごめんなさい、お部屋に戻るわ」

そう言って立ち上がった次の瞬間、つくしの身体がふらぁっと揺れたかと思うと俺の目の前にその身体が落ちてきた!
完全に意識がなくなっていて、唇が青くなっていた!そう言えばここんとこ調子が悪そうだったけど・・・。

「おいっ!つくし?・・・しっかりしろ!つくし!・・・誰かいないかっ!車の用意をさせろっ!・・・誰かっ!」
「うわぁっ!つくしぃっ!どうしたんだ?まさか責任取ってお前まであの粉を飲んだのかっ?!」

「・・・お義父さん。クドいようですが俺は生きてますから!」


意識を失ったつくしを抱きかかえるようにして急いで車に向かった!
運転手に病院へ急ぐように伝えて後部座席でつくしを抱き締めていたけど、青白い顔のまま目を開けなかった。
そして病院に入って診察を受けている間に今度は牧野の両親とうちの両親が飛んできた。

「どうなってるの?つくしちゃんは大丈夫なの?」
「総二郎さん、つくしは?何があったんですか?」

「落ち着いて下さい!まだ診察中です・・・俺にもわからないんです。急に倒れたものですから・・・」

診察室にドタバタと看護師が出入りする度にお袋達はオロオロして落ち着かない。
もちろん俺もそうだけど、俺までがイライラしてもいけないだろうと必死で平静を装っていた。
どうも別の科の医者までが呼ばれたようで、一段と慌ただしくなっていた。

そのうちつくしはストレッチャーに乗せられて診察室から出てきた。そして数人の看護師に付き添われて特別室に向かうらしい。

「つくし・・・!おい、つくし、大丈夫か!おい!」
「ご主人様ですか?まだ意識は戻っていませんので落ち着いてください。奥様の命に別状はないのですから・・・」

看護師長と名乗った女性に引き留められて、つくしは1人で病室に運ばれていった。
そして説明のため診察室の隣にある個室に入るよう言われ、両親と共にその部屋に入った。

********

「あの、つくしは・・・妻はどうなったのでしょうか?まさか何か病気でも見つかったとか?」

俺がそう言うと主治医は真剣な顔で、落ち着いて聞くようにと話した。


「奥様は現在妊娠2ヶ月目・・・おそらくですがもう少しで3ヶ月に入ろうというところだと思います・・・」


「・・・・・・えっ?」

「「「「本当ですか?!」」」」

俺も親父達も全員がその言葉に驚いて・・・でも、主治医の顔が真剣すぎて言葉が出なかった。

「大変申し上げにくいのですが今は安静にしていますが、お子様が助かるかどうかは今のところ五分五分でしょうか・・・
何か強いストレスか無理な運動でもされましたか?ご本人も自覚がなかったとは思いますが・・・内部出血がみられます。
流産する危険も十分ありますので覚悟だけはなさって下さいね。あとはお子様の生命力です・・・」

「・・・本人は知っていますか?」

「いいえ、意識がまだ回復していませんから、我々の話は聞こえてないでしょう」



主治医の話が終わってから、俺は両親達に帰ってもらってつくしと2人で特別室にいた。

つくしはまだ目を覚ましてなくて青白い顔のままそこに寝ていた。
手を取ると暖かくて・・・こいつの中に頑張ってる命があるかと思うと嬉しい反面、もしもの時を考えると恐ろしかった。

「つくし・・・頑張ってくれよ。なんとか・・・なんとか助けてやろうぜ」

小さく声をかけるとつくしの眉が少し動いた・・・意識が戻るかもしれない。
手を強く握ったまま何度も耳元で名前を呼んだ。髪を撫でで頬をさすって・・・つくしが目を開けるのを待った。

何度か顔を動かしていたつくしはそのうちうっすらと目を開けた。


「つくし?・・・気がついたか?つくし・・・病院だから心配すんな!」
「総二郎・・・さん?私どうしたんだっけ・・・目眩がして、目の前が真っ暗になって・・・」

「あぁ、倒れたからここに連れてきたんだ・・・気分はどうだ?」

大丈夫だとつくしは笑っていた。でもこの先の話を今するべきなのかを悩んでいたら、つくしのほうから聞いてきた。


「何かあったんでしょう?私のことで・・・はっきり言っていいよ。私はちゃんと受け入れるから」
「・・・別に病気じゃねぇよ。そんなんじゃなくて・・・」

「じゃあなんでそんなに悲しそうにしてるの?大丈夫だから話してよ。隠し事はなしでしょう?」


俺はさっき主治医に聞いたことをつくしに話した。
つくしは真剣な表情で俺の話を聞いていた・・・でも話し終わるといつもと変わらない顔で笑った。

「なーんだ・・・そうだったの?ふふっ・・・じゃあ大丈夫だよ。この子はきっと頑張ると思うよ」
「何でだよ!なんでそう言い切れるんだよ・・・もしダメだったら・・・どうすんだよ!」

「総二郎さんがそんな事言ったらダメでしょう?この子の父親なんだから・・・来年は賑やかだね・・・」

助かるかどうかの瀬戸際にいる子供の来年を話している。
それも心配もせずに自分の腹に手を当てて・・・愛おしそうに撫でているつくしはすでに母親みたいな顔をしていた。

「つくし・・・まぁ、そうかもな!俺たちの子供ならこのくらいのことじゃ負けねぇか!」

「そうだよ。じゃあ、私はこの子のためにもう少し休むね・・・側にいてね、総二郎さん」


つくしはそう言うとまた目を閉じて眠った。
俺はその手を離さないまま、次の日までつくしの横でその寝顔を見ていた。


yjimageA93PNJRH.jpg
明日がラストです!
関連記事
Posted by

Comments 4

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/08/28 (Mon) 13:14 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: こんにちは~♪

えみりん様、こんにちは🎵

一話めの最初に匂わせただけなので、覚えてるかなぁとは思ってましたけど、ちゃんと覚えてくださってたのね?ありがとーございます♥️

一応、茶と華と、はこれで完全終了しようかなぁ…とは思ってるんですよ。書いても短編かな?
今はお休みしてる若宗匠のとこが予定日、クリスマスなんですよね~❗(笑)被ってしまうから、どちらかに絞らないとわけがわかんなくなりそうで。

明日が最後って思うとさみしいです。

みんな終わっちゃう。猫も、正しい恋も。

た、大変だわ❗(笑)

見捨てずにお願い致します❗

2017/08/28 (Mon) 16:56 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/08/28 (Mon) 22:49 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

さとぴょん様!今晩は!

バレバレでごめんなさいね!
初めはつくしに倉庫で倒れさせて病院に行こうとしたんですけど、毒草を思いついたらお話しが変わってしまって。
どんどん変な方向に走ってしまいました。

実は初めは3話で終わる予定でした。それがなぜか10話・・・。
あれ?ってなりましたよ。書いても書いても事件が解決しない・・・。それどころか事件が増えてる・・・。

なんでこんなに長くなったんだろう。初めの設定ではあきらも毒草もハーレーもなかったからかな・・・。
メインの2つを置いてといてこれに夢中の10日間でございました。

明日で終わるんですが自分が一番寂しいかも・・・。
応援していただきありがとうございました。

2017/08/29 (Tue) 00:31 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply