FC2ブログ

plumeria

plumeria

つくしが妊娠したということは嬉しかったが、この前の事件が負担となって流産しかけて入院中だった。
この入院中は家元に頼んで仕事を替わってもらい、俺は病院の特別室でつくしに付き添っていた。

とにかく絶対安静状態でつくしはベッドから動けず、むしろそれがストレスなのか機嫌が悪かった!
何かと俺に八つ当たり・・・その度に半分はなだめて半分は口喧嘩で、家にいるのと大差なかった。

「もう!・・・なんでここから帰れないの?もう大丈夫じゃないの?・・・こんな場所、飽きちゃったよ~!」
「馬鹿言え!そんな理由で出られるか!医者から許可出てないんだから仕方ねぇだろ?退屈ならなんか食っとけよ!」

「こうなったのも誰のせいよ!私のせいじゃないもん!・・・子供だって1人じゃ出来ないもん!」
「・・・それをいうのか?まるで俺が襲いかかって妊娠させたみたいに言うなっ!」

つくしのストレスはすでに限界を超えている。思ってもないことを俺にぶつけてはその後に謝るってのが続いた。
喋ると煩いと言われ、黙ると寂しいと言う。帰ると言えば泣くし、側にいたら鬱陶しいと言う・・・!


「お前、腹の中に人質取ってるみたいに思ってねぇか?いくら俺でも我慢の限界ってもんがあるぞ?」

「そんなことないよ。でも、総二郎さんはそうやって自由にどこかへ行けるんだもん!なんで私ばっかりこんな目に遭うの?」

「替わってやれないんだから仕方ないだろ?その代わり神聖な気分、味わえるからいいじゃん。男にはそんな思いは絶対に
出来ねぇんだから!女の特権だぞ?羨ましいぐらいだけどな」

「タツノオトシゴはオスが出産するんだよ?」
「・・・お前はタツノオトシゴを旦那に持ちたいのか!」



昼間はそうだけど夜になったら途端に甘えてくる。看護師に言わせると今は不安定だから仕方ないそうだ。

「総二郎さん・・・この子、どっちだろうねぇ。男の子かな・・・女の子?」
「ん?・・・俺はどっちでもいいぜ。男だったら安心だけど女でも可愛いじゃん・・・俺の子だから」

「この子・・・福岡の時の子だったりして・・・」
「そうかもな・・・あん時のつくしは可愛かったなっ!パンツ事件は最高だったなぁ!」

ベッドの中で俺にピッタリとくっついてそんな話をしてくる。
看護師からは当然行為は止められてるからやんねぇけど、わざわざ持ってくるって言われたサイドベッドは断った。
こうしてつくしの横にいたかったから・・・たまに来る見回りの看護師にももう驚かれないし。

「まだ頑張ってるんだよね・・・この子。強いねぇ・・・」
「お前に似たんじゃねぇの?あの時も凄かったなぁ・・・俺を守るんだって威勢だけよかったじゃん」

「本当に総二郎さんだけは守ろうと思ったの。でも、この子のことを知ってたら1人で逃げたかも・・・」
「それでも良かったのに・・・俺はお前に毒かけられても絶対に勝つ自信あったからさ!」

「・・・根に待ってるんだね・・・」

よく言うぜ!トリカブトにしようとしたくせに!


つくしの腹に手を当てて・・・そこにいる子供に頑張れの合図を送る。
危うく手が伸びるのをつくしに何度叩かれたことか・・・だからってわけじゃねぇがキスだけはいつもよりも多かったな。



西門の強い意向もあってつくしの入院は結構長く続いた。
俺は始めこそ付き添っていたけどそこまで仕事を休めなくて、病院から仕事場に向かい病院へと帰っていく。
そして何日かが過ぎたころ、主治医の診察が行われてつくしの退院が決まった。
なんとか腹の子は頑張って、そこに留まっているらしい。心音も確認できてはいるが自宅でも安静にするよう釘を刺された。

さすが俺たちの子供だ、根性が違うな!世の中の楽しい事を知りたくて仕方ないのかも・・・負けず嫌いなのかもな!


退院するときはもちろん俺が付き添う。
全然目立たない腹を大事そうに抱えて、つくしは見送りの看護師に頭を下げていた。

「やっと帰れる~!病院は楽だけどやっぱり自宅が一番だよね~!」
「でもはしゃぐなよ?安定期ってのに入るまでは絶対安静だ!今度無茶したら許さねぇからな!」

「大丈夫だよ!総二郎さんのDNAがあれば大抵のことはクリアするって!」
「お前のDNAがおとなしくさせないんじゃねぇの?なんたって福岡までヘリで来るぐらいだからな!」



西門につくと門の前には家元達が勢揃い・・・牧野の両親も揃って出迎えてくれた。
つくしがなんとか流産せずに帰れたことで、俺たちを除いて盛大にどんちゃん騒ぎが始まった。

俺たちはつくしの安静のためにそんな騒ぎには参加せずに自分たちの部屋でゆっくりしていた。
笑い声やわけのわかんない拍手が響いてきて、つくしがその場に行きたがるのを何度止めたことか!


「凄いわねぇ・・・家元達、朝までやるんじゃないでしょうね」

「わかんねぇぞ?なんたって大阪も解決した上に西門には跡取りが出来るかもしれねぇんだから。そりゃ嬉しいだろうよ」

「どうしよう・・・女の子だったら、ガッカリされるの?」

「するわけないだろ?俺はそれでも大歓迎!絶対に美人だから・・・何処にも嫁に行かせねぇんだ!」

そんな先の話をする・・・俺たちにはどっちが生まれようが関係なかった。
ただ元気な子が生まれればそれでいいんだ。出来たらつくしみたいな子がいいけどな。振り回されること間違いなしだ!
でもそれも楽しそうじゃねぇか?俺に似た男は・・・想像したくねぇ。


*********


そしてもう8月が終わる頃・・・つくしは普通に生活していて、あれから何度か行った検診も問題はなかった。
まだ安定期じゃないけど、おとなしくすることに飽きたつくしは弟子達に華道を教えたり、うちの正面玄関を ド派手に飾り立てた。
それは今までどおりの大胆なつくしのアレンジ・・・お袋は大喜びだった。

そしてこの夏、最後の夏祭りが隣町で行われる。

つくしはそれに行くんだと言い張って俺と大喧嘩になった。
でも、最後には俺が負けるんだ・・・こいつのエネルギーにはどうしても勝てなくて。


夕方になるとこの前とは違う場所の夏祭りに出向いた。 この時のつくしはワンピース、俺はジーンズで。
2人とも足元はスニーカーだ。そして両手はしっかりと繋がってる。


「ねぇ・・・今日もスーパーボールすくいしてもいい?」
「何度やっても取れねぇと思うけど?やりたいならやりゃいいじゃん!」

「じゃあ、金魚すくいも?トウモロコシもいい?」
「リンゴ飴でも綿飴でも好きなもん食っとけ!でも・・・俺からは離れるなよ!」


新婚で初めての夏祭り・・・でも2人で行く最後の夏祭りだ!
来年は俺の腕の中に小っちゃいのがいるはずだからな!



終!


yjimage0LHY27UZ.jpg
Summer Festival 茶と華と 番外編、終了でございます。
このシリーズは今のところこれで終わろうかと思っております。

また書きたくなったら手が動くかも知れませんけどね。
とても楽しく書かせていただきました。 応援、ありがとうございました。

「正しい恋の進め方」も間もなく終了です。この秋からまたしっとりとしたお話になります。
以前お話ししたとおり毎日更新じゃなくなるかもしれませんが、どうぞよろしくお願いいたします。
関連記事

Comments 6

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/08/29 (Tue) 12:34 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/08/29 (Tue) 13:32 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/08/29 (Tue) 13:45 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

花さーん!こんにちは🎵

テンポがいいかなぁ。(笑)
書きやすかったから調子にのったらこんなになっただけかもよ?最近時間がないくせに更新してるから、ミスが増えてきたよ‼️ヤバい…。

しっとりって、多分花さまのしっとりじゃないと思うよ?
ちょっと今、テンション下がりぎみだから大丈夫かなぁ。

心配してます。
また相談にのってね!

2017/08/29 (Tue) 16:08 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: こんにちは

えみりん様、こんにちは✨

さみしいです~❗(笑)
自由に、ホントに好きなように書いていたからさみしいです。
で、来年の夏?って、私まだ書いてるかなぁ。
燃え尽きて死んでるかもしれませんよ?

と、いいながらもうお子ちゃまの名前と性別は決めてます❗
若宗匠んとこも決まってるんですよ。

そのうち、忘れたころにお子ちゃまを出しましょうね!

ホントに毎日コメントありがとうございました❗
二人に代わってお礼申し上げます‼️(笑)

2017/08/29 (Tue) 16:27 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

さとぴょん様!今晩は!

寂しくなりました・・・好きに書けるお話だったので。
初めは3話~5話程度書けたらいいかなって感じだったんですけど、書き始めたら
楽しくなってこんなになりましたけど。

今のところ、このお話は予定ないんですけど、頭の中では子供の名前が出来てるんで
気持ちが乗ったらリターンズが出るかも?(*^▽^*)

ちょっとハイスピードでここまで来たので少しゆっくりとさせていただきます。
この秋からもよろしくお願いいたしますね。

本当に毎日コメントありがとうございました!

2017/08/29 (Tue) 19:34 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply