FC2ブログ

plumeria

plumeria

類の顔を見る事が出来ずに下を向いてた。




「あきらのこと?子供のこと?・・・もう、知ってるよ?」

「え?うそ・・・」

「ホント。あきらの事はちょっと許せなかったけど、それはあきらにだから。子供のこともショックだったけど・・・牧野も苦しんだでしょ?もう、自分を許してあげなよ」

美作さんのことはともかく・・・子供のことまで知られてたんだ。

「全部わかってるから、それでも牧野と離れたくないんだ」

私が美作さんの子供を妊娠したことを許せるの?私が許せないのに?

「自分が許せないのよ・・・類のことが好きなのに、他の人の子供なんて・・・しかも自分の不注意であんなことに!」



「じゃあ、許さなくてもいいよ。その苦しみ、半分俺が持ってあげるから」



「類・・・?」


「全部持ったっていいよ。あんたが俺の所にいてくれるんなら。きっと、また子供にも会えるよ?ちょっと親がちがうけど・・・俺が連れてきてあげるから心配しなくていい」


花束を私の手から取り、机の上に置いた。そしてまた優しく包んでくれる。
類の腕の中が暖かくて涙がでる・・・

「泣いてもいいよ。悲しい思いを最初にさせたのは俺だから。あの時、俺はまだ子供で何も出来なくて・・・親の言いなりで。だからあんたに辛い思いをさせたくなくて何も言わなかったんだ・・・」

類の手に力が入る・・・。

「でも、今なら言えるよ・・・牧野、俺と結婚して?俺を幸せにしてくれない?」

「ふふっ・・おかしいよ、それ。普通は幸せにするよ・・・でしょ?」

「ん・・あんたと幸せになりたい。他の誰にも出来ないことだから」



それから類は私にたくさんのキスをくれた。
朝になるまでベッドの中で抱き合って・・・話しをして・・・また、抱き合って。
空が白っぽくなってくる頃2人で眠りについた。




次の日、私はお昼まで起きられず、目が覚めたら1人だった。

「類・・・?」

スマホが光ってる・・・メッセージが入ってる?


おはよう。無理させてごめんね。今日は休みだって言ってたからゆっくりしてて。仕事終わったらすぐ帰るから。


「どっ・・・どうしよう・・・!!5年ぶりに現れてこの失態!メイドさん達に何て言えばいいわけっ?!」

1人で慌てて・・・あれ?何でこんなに着替えがあるの?
類が私にわかるように置いてくれたのか、ソファーの所に可愛らしい服がいくつも置いてある。

いつの間に揃えたの?上から下まで・・・
はぁ・・・5年経ってもやっぱりお金持ちのやることはわかんない・・・。

でも、まぁ・・・いいか。



着替えてリビングへ行ってみると5年前に会った執事さんがいた。

「お・・・おはようございます」

「おはようがざいます。牧野様、お久しぶりでございますね」

「はっ・・はい!あの・・・すみません。こんな時間に」

「よろしいですよ。もうお昼ですね。お食事の支度をしましょう」


5年前とかわらない執事さん・・・

「あのひまわり畑・・・まだありますか?」

「えぇ。類様はまたひまわりを植えて育てていらっしゃいますよ。後でご覧くださいね」

類がまたひまわりを?
くすっ・・・今度はちゃんと渡してくれるのかな・・・?

庭にいくと本当にひまわりが育っていた。もう1mくらいになっていてもうすぐ咲きそうなものもあれば、小さく咲いているものもある。7月だからもう咲くんだね。


****


ひまわりを見てたら向こうから走ってくる人が・・・

「牧野ー!!」

って・・・もう帰ってきたの?!まだ、3時だよ?!


「どうしたの?早すぎない?」

「ん?牧野不足だから・・・」

「わっ!!ちょっと!!」

「ダメ・・・もう倒れそう・・・」



そう言って類がキスをする・・・

ELLY_DSC8989_TP_V1.jpg
終わりが見えてきました~
関連記事
Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/03/08 (Wed) 08:24 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

N様,おはようございます~!
いやもう、ベタですけどね・・・!

でも、こういうのが好きなんですぅ~!
私も全部預けたいくらいです!お金払ってでも!
受け取ってはくれないでしょうけどね。

今日もありがとうございました!!

2017/03/08 (Wed) 08:39 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply