FC2ブログ

plumeria

plumeria

「それでは今日は午後から左腕の再手術を行いますからね。昼食はないけど夕方からは食べられますから。水分は大丈夫ですから
水かお茶でお願いします。何か質問はありますか?手術といっても全身麻酔じゃないから身体への負担は少ないわ。安心して下さいね」

看護師さんが説明に来てくれたのは朝の回診後の事だった。
不安そうな私の横には朝から花沢類が付き添っていた。今日は会社を休んだという・・・スーツを着ていない彼を見ると、自分の我儘を
感じて申し訳なかった。
そんなことは気にしないで・・・なんて笑っているけど、私は多分、この人も失うだろうと思っていた。
この手術が終われば妊娠の事も話そう・・・そう思っていたから。逃げたのがこの子のためだとわかると流石に花沢類も私から離れる。
それも仕方のないことだと覚悟を決めていた。

後のことはそれから考えよう・・・まずは今日一日。無事に終わることだけを祈った。


「牧野、ここを退院しても通院だけは続くから、しばらくは北海道に住もう。心配しなくても別荘で一人になることはないからね。
北海道の冬は俺も経験ないんだ・・・雪、凄いだろうね。きっとびっくりするほど積もるんじゃない?」

「私も北海道は10年以上前に西門の家族旅行で来て以来だわ。あの時は秋だった・・・まだ雪が降るような時期じゃなかったな。
どんな感じだろうね・・・東京の雪とは違うって聞いたわ。含んでる水分の量が違うからこっちの方がサラサラしてるんだって・・・。
そんな冷たさもこの左手は感じるようになるかしら・・・」

動かせないわけじゃないけど固定されてて動かしにくい左手を少しだけ上げてみた・・・ズキッと痛みが走って慌てて戻す。
やっぱり花沢類がその左手をさすってくれる。
微かに感じる・・・人が触れてるって・・・でも、本当に微かに、だった。

「少しでもいいわ。この腕が動くようになればいいな・・・もう贅沢なんて言わないから、今日の手術、上手くいくといいな」

「大丈夫だよ。心配ならお守り、持っとく?」

類が出してくれたのは両親の写真立てだった!忘れてた・・・取ってきて欲しいなんて頼んだくせに。
その写真を右手で受け取って自分の胸に当てた。ドキドキしていたのが少し治まる気がする・・・お母さん、見守ってくれるよね?
あの時にも「泣いたらダメだ」って・・・現われてくれたもの。


そうしているうちに時間が来た。
看護師さんが迎えに来てくれて私は車椅子のまま手術室に向かった。

「頑張って・・・牧野。待ってるから」

「うん!行ってきます・・・また後でね」


どうして気が付かなかったんだろう・・・この時の類がとても悲しそうに笑っていたのに。
また後でね・・・その言葉が叶わないなんて思いもしなかった。


**********


時間になって俺は類が教えてくれた旭川の総合病院に来ていた。
1階の待合室で椅子に座っていたら電話が鳴った・・・類からだ。やっと、今からつくしの所に行ける。そう思ってスマホに出た。

「もしもし・・・もう待合に来てるけど」

『うん・・・姿が見えてるよ。後ろ振り返って?』

は?後ろ・・・電話を耳に当てたまま振り返ったら、2階の階段上・・・フロアの手摺りに類が寄り掛かってこっちを見ていた。
なんてヤツ!俺は持っていたスマホの通話を切ってから、類のいる2階へとあがった。どうやらここの手術室はこの上の3階らしい。
類は、ちょうど今始まったから時間は全部で2時間ぐらいだろうと話した。


「・・・随分怖がってたから興奮させないようにね。全身麻酔じゃないけど眠くなるような薬使ってるから、多分よくわからない状態で
戻ってくると思う。総二郎を見たらきっと泣いて大騒ぎするよ・・・クスッ眼に浮かぶ。それも見たかったかな・・・」

「類・・・お前、ホントにバカだな。そんなにお人好しだったか?・・・信じていいんだよな?」

「・・・別に牧野に何もしてないし、する気もないよ。言ったでしょ?笑ってて欲しいんだよ」


待合室の椅子に大の男が2人並んで座って、お互いに顔も見ずに話して・・・俺は腕組みをして、類は足を投げ出して・・・。
他の見舞客の不思議そうな顔を横目に時間が過ぎるのを待っていた。
終わったら類が持っているベルが鳴るらしい・・・類はその時間が来なければいいと思ってる。俺はその時間が待ち遠しくて仕方なかった。


ピンポン!

えらく簡単な音がそのベルから聞こえると、類は大きくため息をついた。
時間通り・・・時計は午後5時を刺していた。やっと椅子から立ち上がったのは類の方が先だった。

「じゃあ、行くね。俺はこのまま東京に帰るよ。そして明日にはフランスに行く」

「え?フランスに・・・ってお前、暫く日本で仕事だって言ったじゃねぇか!」

「ん~・・・そうだけど、気が変わったから父さんに相談して決めたんだ。今度は逆にいつこっちに帰るかわかんない。牧野にそう伝えて?
多分疑ってるから・・・俺が北海道に仕事で来てるって嘘ついてるの、バレてると思うんだよね。そろそろ本当に仕事するよ」


じゃあね!って片手を振って類はこの病院を後にした。
手に持っていたコートを羽織りながら大勢の患者の中を縫うように・・・一度も俺を振り返らずに自動ドアの向こうに消えていった。



ピンポン!

もう一度ベルが鳴る。
類から手渡された呼び出し用のベルを握り締めて、俺は3階を目指した!


******


手術室から出てきたつくしは全身麻酔でもないのに眼を閉じて寝ているように見えた。
看護師は待っていたのが類じゃなくて俺だったから不信感に満ちた表情で見てきたが、つくしの素性を話せる俺に納得したのか
病室まで案内してくれた。
久しぶりに見るつくしは少しだけ顔が小さく見えた・・・今は肩から下を全部布団にくるまれているから傷なんてものも見えない。


エレベータに乗って最上階の特別室に向かった。
やっぱり類はこんな部屋を用意したんだな・・・あの類が他人と同室になんかさせるとは思えなかったからそこまでは驚かなかった。
病室に入ると少しだけ外で待てと言われ、看護師が数人で中に入って行った。今は手術着だからそれを着替えさせたりベッド移動
させたりと準備があるらしい。

ソワソワしながら待っていたら担当看護師が「どうぞ」と、声をかけてきた。

「今日の手術はちゃんと終わっています。ご本人の意識がもっとしっかりしたら先生からの説明がありますからね。
少し安定剤を投与した関係で寝ているように見えますけど、本当に寝ているわけじゃありません。声をかければお話しは出来ると思いますよ?
それと、花沢様からの依頼で付き添いの方のベッドを入れていますが・・・どうしましょう?そのままでいいですか?いらないなら
片付けます。こちらとしてはお泊まりにならなくても完全看護ですから大丈夫ですが、牧野さんが少し不安がられるので花沢様は
お泊まりになっていましたけど・・・」

「あぁ、そのままで・・・申し訳ないが使わせてもらいます」

にっこり笑ってその看護師は出ていった。


部屋に入ると窓際のベッドにつくしが寝ているのが見える・・・まだ、起きてないんだろうか。
そっと足音をさせないように近づいてみると、まだ眼は閉じたまま、うつらうつらしているようだ・・・少し眉根を動かしている。
そんなつくしの真横に行って跪いた・・・動かせると聞いた右腕に恐る恐る手を重ねた。

「つくし・・・つくし?俺だ・・・ごめんな。来るのが遅れて・・・つくし?」


そう言ってその手を握るとピクッと指が動いた!
その次はうっすらと眼が開いた・・・ゆっくり顔を横に向けてきて、つくしの瞳が俺を捕らえた。

「つくし・・・手術、ちゃんと終わったらしいぞ?良かったな・・・」


「総・・・二郎?」

何日ぶりかでお前の声で名前を呼ばれた・・・それがどれだけ嬉しいか、わかるか?つくし・・・


koi23.jpg
関連記事
Posted by

Comments 6

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/11/07 (Tue) 12:24 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/11/07 (Tue) 12:50 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

さとぴょん様、こんにちは!

そんなに類が切なかったですか?すみませんねぇ・・・。
マジでシスコンの影響で、こっちでいい思いをさせたかったんですよ。
これからは総ちゃんがイチャイチャしますのでよろしくお願いいたしますわ❤

いや、そんなに楽しい話じゃないんだけど。しかも、11月に終わるのかさえ怪しくなってきました!

さとぴょん様の好きなシーンでさえままならないのにね・・・。

ん?合掌?・・・死んでないから(笑)

2017/11/07 (Tue) 17:56 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: グスン(ノ_・、)、

えみりん様、こんにちは!

いやいや、泣かないでいいからっ!それに、出ました!叫び声~!!
しかもご飯はちゃんと楽しく食べてくださいな!

さみしい帰り方でしたよね・・・書いててそう思いました。
こりゃ、絶対クレーム?来るなぁと・・・。これこそドラマの帰り方みたい!あはは!

うんうん、これから総ちゃんが全面的に主婦するんで大丈夫!考えられないでしょ?
総ちゃんがお洗濯してお料理するの!(笑)

ほんとかいな!最近少々、自分自身に自信がありません(笑)


2017/11/07 (Tue) 18:11 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/11/07 (Tue) 20:51 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

花様~!!♥やっと総ちゃん会えたのよ~!!(誰のせいで遅くなったかはおいといて)
長かったよね・・・マジ類つくになるかと私も思ったよ(笑)

とっとと類とくっつけてくれと言う声は多かったようだけど!そこは・・・ねぇ!
これからは総ちゃんがドエロ発揮して頑張るから!って嘘だけどさ。

最後までシリアスだよん!

で、やっと・・・(笑)
花さん、今はエロにハマってるのね?今以上にならなくてもいいのよ(笑)
自宅が鍵だらけになるよ?あはは!

でも、待ってるからねーっ!!楽しみにしてるよ!・・・凄いんだろうな。怖いわ・・・。

2017/11/07 (Tue) 21:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply