FC2ブログ

plumeria

plumeria

つくしの事が心配で上着を手に持って急いでさっきの場所まで戻ろうとしたら、途中で美和子に出会った。
でも、そこにつくしの姿はなかった。

「美和子さん、つくしはどうしました?あなたに頼んだでしょう?どうして一緒にいないんですか?」

「つくしさんなら私を置いて戻られたんです。気が付いたら姿が見えなくなってて・・・ごめんなさい。車の方に行ってみませんか?
総二郎様も行き違いになったんじゃありません?」

「そんなはずはない・・・つくしの事を見逃すとは思えませんね・・・何か、企みました?」

そう言うと目線を外して知らん顔をする。そういう態度に出るのか・・・それなら、俺も仙台支部長の娘だか何だか知らねぇが容赦しねぇぞ?
周りに人がいようが関係ない。美和子の目の前まで行くと睨みつけるように冷たい眼で見下ろした。
美和子はビクッと肩を竦めた・・・俺を本気で怒らせたらこんなもんじゃないけど相手は女だ。手を出さないだけ有り難いと思え!


「もう一度聞く・・・つくしはどうした?俺はあんたが支部長の娘だからって遠慮しねぇ。今まで黙ってたけどすっげぇ邪魔なんだよ!
あんたみたいな女・・・悪いけど全く興味はないし、俺の眼には全く入らねぇな!それよりもつくしに何かあってみろ・・・!
俺じゃなくて西門が総出でお前の家を潰すぞ・・・ましてや子供に何かあったらお前・・・生きてねぇと思えよ?」

これで何も言わなかったらここから川に投げ込んでやろうか!それぐらいブチ切れていた!

「そ・・・そんな事言われても・・・!だって、彼女が勝手に山に入っていったのよ!私のせいじゃないわ・・・さっきの場所から少し行った
所で上に登っていったわよ!それ以上は知らないわ!」

「てめぇ!・・・もしかしたら昨日の夜も覗き見したな?・・・上品なフリしやがってやることはストーカーか!!覚えとけよ・・・後悔させてやる!」

「・・・・・・!総二郎様がこの私を無視するからいけないのよ!」


バカか!何とでも言ってろ!・・・佐藤家は必ず西門から追い出してやる!速攻除名処分・・・理由は俺の気分だ!!

それよりもつくしだ・・・!俺は上着を手に持ったままさっきの休憩所を通り過ぎてつくしが入ったという山道を探した!
でも、どこを見ても似たような風景で小さな脇道はいくつかある・・・一体何処から山道に入ったんだ?当てずっぽうに入って行くには危険過ぎる・・・!
あいつの事だ・・・また道端に珍しい花が咲いてたとか、この向こうに挿し木が出来そうな木があるとかそんな理由で迷子になったな?
これが街の中なら「いい匂いがしたの~」とか言いそうだが、幸い山には出店も屋台もない・・・いや、あった方が見つけやすかったかも・・・。

そう思っていたら少し先に何かが落ちているのを見つけた。この風景の中、やけに目立つ黄色いもの・・・。


「これは・・・!・・・こけしマッチ・・・しかもひよこマッチじゃねぇか!!つくしのヤツっ・・・こんなものを目印にっ!!」

道の端っこに突き立てられて情けない顔を晒しているひよこマッチを手にとって、そこからすぐ上に上がる山道を上がっていった。
なんて狭くて険しい道だっ!こんな所を妊娠中の身体で歩きやがって・・・足を滑らせたらどうなると思ってんだっ!!

見つけたら絶対に一発引っぱたいてやる・・・!俺がいつまでも甘やかしてると思ったら大間違いだからなっ!
多分俺も独り言のように叫びながら山道を走っていたと思う・・・そのぐらいつくしの事が心配だった。


********


「きゃあぁーっ!・・・総二郎さん!助けてぇっ!」

「やかましいっ!静かにしろっ・・・別にお前を殺そうとかじゃないんだから・・・ちょっと姿を隠してくれりゃいいんだよっ!」

「はぁ?何ですって?・・・冗談じゃないわ!なんで私が姿を隠すのよっ!」

「み・・・美和子が頼むって言うから俺は理由なんか知らねぇよっ!」

美和子さん?美和子さんがこの人を使って私を襲ったって言うの?なんで・・・どうしてそんな事になったのよーっ!
怖くて声が出なかった・・・私が少しずつ後ろに下がっていくと、同じようにこの人も少しずつ前に出てくる。
落ち葉が少し湿っているから滑りやすいんだ!私は枯れ枝に足をぶつけて蹌踉けたときにズルっと滑ってしまった。
でも、すぐ側の木にしがみついて何とか踏ん張った!この人は襲っているくせに何故か震えていて私よりも泣きそうな顔してる・・・

「あの・・・襲う気がないんなら今からでも遅くないと思うわ・・・ここから黙って帰ってくれたら私も何もなかったことにしてあげる!
美和子さんのことも誰にも言わないし、あ・・・あなたのことなんか名前も知らないし!ね?・・・そうしましょ?」

「そ・・・そんなことしたら後で美和子に殴られるじゃねぇか!いや・・・だからそうじゃなくて、お前は大人しく俺についてくりゃいいんだよ!
いいか・・・暴れるなよ?絶対に暴れるなよ?・・・危ないからな!」

ジリジリと近づいてくるこの人・・・多分喧嘩に弱いのね?
私は総二郎さんを見てるからこの人のオドオドした態度が急に情けなくなってきた・・・これが総二郎さんだったらとっくに終わってるわ。
そう思うと怯えてること自体バカバカしくなってきて、腕組みをして逆に彼の前で仁王立ちになってしまった!


「そんなんじゃ人なんて襲えないでしょ?あなた・・・犯罪には向いてないと思うわ。もうやめましょう?・・・こんな場面を総二郎さんに
見られたら、あなた死んじゃうわよ?一発で確実に終わり・・・命は大事にしないとね?」

「総二郎?・・・あのニヤけた男か!へっ!・・・こんな所にまで来るかよ!ここはもう結構本道から離れてるんだ・・・地元の人間でも
入ってこないような道だからな!」

「でも総二郎さんなら絶対に来るわよ?あの人、変な勘が働くから私がここにいる事ぐらいすぐに見つけるわよ!キレたら怖いわよ?
一言も話せないうちにあなたなんかこの崖から落とされてると思うし・・・落ちたとしても絶対に助けないから!」

「なっ・・・なんだとっ!ふざけたこと言いやがって・・・っ!ちくしょうっ・・・!」

うそっ・・・!襲ってこないと思った彼が急に私の目の前まで来て、腕を掴もうと手を伸ばしてきたから思いっきりそれを振り払って
身体を捻った!その時に足元の木の株に躓いて横向きに手をついて倒れてしまった・・・お腹の赤ちゃんが気になってその場に踞った!

急に私がしゃがんでしまったから、彼が私を掴もうとした手が空を切って「あれっ?」って小さな声を出したかと思うと、私の背中を
通り越して向こう側に転げていった!
そこはさっき私が見下ろした小さな川がある崖っぷち・・・!見たら彼は本当にその途中の木の枝に掴まって今にも落ちそうだった!

「きゃあぁーっ!誰かぁーっ!!助けてっ・・・落ちるーぅ!」

思わす叫んだ大声の後に聞こえてきたのは・・・


「つくしっ!どこだぁーっ!・・・つーくーしーっ!!」


「総二郎さん?・・・総二郎さーん!!助けてーっ!!」

誰だかわかんないけど崖から落ちちゃう!!私は総二郎さんの声がする方に向かって必死に大声を出した!
いや、彼が助けに来たのは私だと言うことはわかっていたけど。

すぐに人が駆け上がってくる気配がして、私の上着を握り締めた総二郎さんが山道の向こうから顔を出した!
凄い汗と不安そうな顔・・・彼を見た瞬間、私の眼からは涙がこぼれた・・・!

「つくし・・・つくしっ!大丈夫か・・・!怪我は?怪我しなかったか!何でこんな無茶を・・・!」

「ごめんなさい!でも、総二郎さんが置いていくからじゃないの!酷いわよ・・・!どうして置いていったの?そんなに川遊びが
ダメだったの?それならそうと言ってくれたらいいのに・・・黙っていくからこんな目にあったのよ?」

「は?何言ってんだよ!お前が寒いからって上着を取りに行ったんだよっ!!・・・で、何があったんだ?さっき助けてくれって
叫んだだろう?」

「あぁ!忘れてたわ!・・・あそこに人がいるの!落ちたらいけないから助けて欲しいんだけど?」


「・・・・・・え?」

下を覗き込んだ総二郎さんがその人を見て口をポカンと開けた。
次に私の方をジロッと見てきた・・・あれ?気のせいかしら・・・その手は何で震えてるの?


yjimageBRFAMF62.jpg
関連記事
Posted by

Comments 4

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/11/02 (Thu) 12:20 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/11/02 (Thu) 12:44 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

さとぴょん様!こんにちは~!

何言ってるんですか!私なら一緒に入ってます♥ちゃぷん・・・!
「お?お前誰だよ!いきなり後ろにいるんじゃねぇよっ!」「・・・じゃあ、前から行きましょうか?私はいいわよ・・・総二郎?」
こんな感じで。つくしちゃんはポイッ!と外に出します!
そんな時に「プル~!何処に行ったの~?」って類が探しに来る・・・。天国!!

ドーベルマン・・・(笑)司みたい。
総二郎は黒豹♥類はナマケモノ・・・あきらはアライグマ。が、イメージです(笑)

奴隷?捨てておきましょう!ポイッ!!

2017/11/02 (Thu) 15:50 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

わんこ様、こんにちは~!

美和子さんのイメージはりリーズ・・・でしたっけ?百合子さんです。原作の。
あんな感じなので往生際が悪いんですよ。

ひよこマッチ(笑)気に入ってます!何故かツボにハマりました!何度も言うけど顔があるんだもの・・・!
あんなモノが山の中でポスって刺さってたら可愛いだろうなぁって・・・!
総二郎さんが可哀相ですか?あははっ!!確かにそうですね。

やっぱり私はSなんだわ・・・総二郎だけ妙に苛めてしまう。
そろそろ若宗匠書こうと思っています。あ!あれも可哀相だった!ダメだ・・・なにか楽しいSSでも探そう!

サスペンス劇場はまだ・・・実は続いています。

今日はコメントありがとうございました!

2017/11/02 (Thu) 16:04 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply