FC2ブログ

plumeria

plumeria

「質問は受けないと申し上げました。皆さんの疑問に全てお答えできるかどうかはわかりませんが、この度の経緯だけはお話ししましょう。
実はつくしさんは産まれて間もない時に高城夫妻から花沢にお預かりしたお嬢さんだったんです。正式に花沢の籍に入れ親代わりに
育ててきたわけですが・・・」

父さんの演説のような説明が始まった。
要するにつくしは高城夫婦が高城工業時代、業績悪化により倒産せざるを得なくなったときに、子供を育てられないとして養子に出されたことにした。
高城のような零細企業が世界を相手にする花沢に子供を託した理由については、偶然にも同じ歳だった高城社長と父さんが子供の
時からの知り合いだったことにした。関東の花沢と関西の高城が何故知り合いだったのかについては先代同士が戦時中の疎開先が
同じで助け合って暮らしたなどと、時代を遡ってまで噴き出しそうな作り話が続いた。
これにはつくしもクスクス笑って顔を真っ赤にして下を向く・・・記者達には何が可笑しいのかさっぱりだろうけど。


「えー・・・確かに会社が倒産するというのは経営者としては心痛極まりないのですが、それにしても自分の子供を育てられないという
高城くんには少々頭にきましてな。つくしさんには真実を隠して育ててきたのですが、類の方はしっかりと記憶してまして、自分たちが
兄妹ではないということは幼い頃から知っておりました」

今度は高城社長が悪者になってしまった。この度の一番の被害者なのに・・・。
会場裏の緞帳の横で苦笑いの高城社長に、美智子が申し訳なさそうに手を合わせていた。ここはもう少し言いようがあったんじゃないの?
だけど少し自分の説明に興奮している父さんは俺の視線にも気が付かない。母さんも呆れ気味にその話を聞いていた。

「年頃になりまして、類の方がつくしさんを妹としては見ることが出来なくなりまして・・・その、つくしさんの方も兄でありながら・・・
恋心を持つようになりなしたので、私どもとしてもこのままではいけないと、当時は急いで道明寺司くんと婚約もさせたのですが
これは両家の間で話が消えてしまいましたので、このチャンスを逃すまいと類が・・・」

「すみませーん!良かったら類さん自身からお話聞かせてもらえませんか?」

ザワッとした会場内・・・・・・今の声って総二郎じゃないの?!
よく見たら会場の一番後ろに総二郎とあきらがニヤって笑って立っていた!もう、あきらなんかは腹を抱えて笑ってる!
総二郎が軽く手を上げてウインクなんてするもんだから、一斉にそっちの方にカメラが向かった。
自分で全部説明すると言ったくせに・・・父さんは総二郎の声を聞いてやる気がなくなったのか、渋々俺にマイクを渡してきた。

隣では心配そうに俺を見上げるつくし・・・気が付いたらこの会場全体が俺に注目していた。


「・・・今までの説明に間違いはないんです。申し訳ありません・・・少々父が興奮してしまいまして」

そう言うと会場からはドッと笑い声が起きた。父さんはムスッとした顔するけど、本当のことだよね?


「先ほどの話ですが、1年前につくしさんが親友の道明寺と婚約してしまったときにとても後悔しました。幼い頃から彼女が妹では
ないと知っていましたので、抱え込んでいた想いをどこにもぶつけられずに黙って見送るしかないと思っていました。
でも、その話がなくなったとき、もう彼女を失いたくなくて全てを打ち明けました。それから実のご両親と話し合い、一度は手離した
娘さんですが、今では高城もここまで成長しましたので問題はないだろうと・・・花沢から籍を抜き高城に戻ったのはもう半年以上前です。
今まで一緒に暮らしてきましたが、それもやめてつくしさんは高城家の方で暮らしています。離れてみてやはり、彼女は私の中で
かけがえのない女性であると再認識しました」

つくしと結ばれた手にグッと力が入った。
つくしも真っ直ぐに顔を上げていて、少しだけ頬を紅潮させてるけど堂々としていた。

「色々と私達については噂があったようですが・・・そういうことなんです。ご心配をお掛けしましたが、今ではお互いに気持ちを確かめ、
心は一つであると申し上げておきます」


ここで1人の記者がまた質問をしてきた。それはあの事故の時のこと・・・何度も映った必死につくしを助ける司についてだった。

「でも、アメリカでの事故では道明寺さんが向こうの消防局員の言葉を無視してまでつくしさんを助けたと聞いています。お二人は
まだお付き合いが続いているという噂はどうでしょう?」


「彼はこの真実を知っています。私が婚約破棄の時に全て打ち明けています・・・それでも、つくしさんを助けたかった彼の気持ちの
真実はわかりません・・・わかりませんが、もう、道明寺に彼女を渡すつもりはない。おそらく、彼もこの度の婚約を喜んでくれると
信じています」

まだ治まらない会場の声に父さんも母さんもどうしようかと思っていた時、再び後ろの方から聞こえてきたのは友人の声だった。

「つくしちゃーん!幸せかーっ!類のこと、絶対に離すなよー!」

「類っ!良かったなー!もうこれで兄ちゃんの役は終わったな!おめでとうーっ!」


総二郎にあきら・・・二人とも恥ずかしいって!
つくしだけじゃなくて俺までが赤くなりそうだった・・・その時に繋がれていた手が振りほどかれて、つくしは立ち上がった!

「西門さーん!美作さーん!・・・ありがとうっ!幸せです・・・本当にありがとうっ!」


まったく・・・呆れて言葉が出ないよ。会場中から拍手が鳴り響いてやまなくなった。それに急かされるように俺も立ち上がって
つくしを抱き締める。この瞬間、会場中がものすごい光に包まれて目が開けられないほどだった・・・だから、誰にも見られていないよ?
つくしが一つだけ流した涙・・・この中で俺はつくしの左手薬指に指輪をはめた。

「綺麗・・・いつの間に準備したの?知らなかった・・・」
「クスッ・・・これだけは離れてたから驚かせることに成功したね。でも・・・もう何も隠せないよ?」

 
こうして俺たちの婚約会見は終わった。
会場を出るとすぐに高城の両親に抱きつくつくし・・・俺は改めて新しい「両親」に頭を下げた。




******



それから数年後・・・

花沢の庭には小さな子供が遊んでいた。

すっかり現役を退いた加代がその子と一緒にいる。青い芝生の上に寝転んだ愛しい子供・・・産まれたばかりの妹を眺めては微笑んでる。
まるで25年前の俺たちのようだった。

妹が泣くと一緒に泣いてしまう兄・・・兄の手を握って離さない妹。



「ねぇ・・・類。翼が大きくなってみどりに恋をしたらどうしよう・・・」

「ん?みどりはそんなことにならないよ。俺がいるから・・・恋をするなら父親でしょ?」

「えぇっ!そうなの?・・・ふふっ!じゃあ、尚更困ったわね。今度はファザコンになっちゃうわ。私が独りぼっちになりそう・・・」

「そっか・・・その時はみどり、泣いちゃうね。失恋決定だから・・・」


テラスの椅子に座って幼子を見つめていた俺たち。
春、温かい日差しの中で、つくしを横に座らせてその髪を撫でてる。少しむず痒いような風が吹く・・・そんな穏やかな日だ。

「どうして泣くの?類もみどりが大好きだもの・・・泣かないわよ?」
「だって、俺が愛してるのはつくしだけだから・・・子供への愛情とは全然違うからさ」

髪を撫でていた手で今度は顔を俺の方に向けさせて・・・そっと重ねられた唇。


「あ!少し動いた・・・類、この子も早く出てきたいみたいだね!」
「そう?クスッ・・・つくしに似て元気がいいんだね!」


俺の愛しい妹は、今ではこの世で一番大事な奥さんで、俺の全てになった。
つくしの笑顔が太陽よりも眩しく俺に希望を与えてくれる。

あの19年間、兄妹として過ごした日々も今ではいい思い出になってる。だって・・・そんなに経験できるもんじゃないよ?
諦めなくて良かったって・・・心の底から思ってる。


「お父様ーっ!お母様ーっ!!・・・みどりが泣いてるのーっ!うわ~んっ!」
「だからって翼が泣くことはないでしょう?いらっしゃい・・・翼。みどりはお父様が抱っこしてくれるから・・・」



ほら・・・また優しい風が吹く。




fin

yjimageQFY3LEP5.jpg
長い間お付き合いいただきましてありがとうございました。
やっと・・・終わりました。駆け足で・・・(笑)ややこしいお話しでごめんなさい。
反省会、したいんですけどもうその力もございません。本当に疲れました・・・。

明日からは新しいお話し・・・暫くは短編になります。
これからは冬のお話し・・・ほっこりするように頑張ります!(本当か?)
関連記事
Posted by

Comments 18

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/11/09 (Thu) 00:53 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/11/09 (Thu) 01:06 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/11/09 (Thu) 01:58 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/11/09 (Thu) 06:14 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/11/09 (Thu) 07:30 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/11/09 (Thu) 08:09 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

切山椒 様、おはようございます!

いやもう・・・すみません(笑)これだけややこしくしながら最後は何ともあっさりと・・・。
でも、私はいつもラストシーンを最初に決めるので、この終わり方は予定通りなんです♥

良かった♥って言っていただけて嬉しいです!最後はやっぱり・・・幸せにしたいので。
途中で投げ出さなくて良かった~!!(80話くらいの時、逃亡しようかと思いましたもん!)

明日からのお話しは一気に「子供でも読める童話」のようになっています(笑)
可愛い2人を書きたかったの・・・でも、例のごとく途中から雲行きがね・・・って感じですけど。
楽しんでいただけたら嬉しいな!

今日もコメントありがとうございました!とっても励みになります・・・感謝!

2017/11/09 (Thu) 08:21 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: 祝!120話♪

えみりん様~!おはようございます!

そうですよね・・・始まったのって半袖になった頃?いまやこたつの出番(笑)
昨日のコメントで「3人になってたりして!」って読んだときに、すまん!5人になってるよ!って思ってました!
え?・・・ファザコン始めるの?それって・・・ハピエン可能?む・・・無理じゃないかな。

こんな長いのはもう無理だな!って思っていたら・・・向日葵がすでに60話。
ありゃ?・・・確かに後半には入ってるけど、急に終わんないぞ?・・・嫌な予感。でも100はいかないはず!

ん~・・・困ったな。

明日からの類くんは短編!だけど、私の短編が急に長くなるのはすでにご存知でしょう!あはは!
雪だるまはまだ出ないけど、可愛い生き物が出てきます。えぇ!私の趣味ですともっ!!
PCバージョンで見る人はいきなりの画像にびっくりかな?

長いお話しに最後まで面白い突っ込みをいただいてありがとうございました!

2017/11/09 (Thu) 08:31 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/11/09 (Thu) 09:06 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

さとぴょん様、こんにちは!

うわ~ん!マジでうれしいです !!終わったぁ!って感じでもう泣きそうですよ~!!

本当に毎回コメントいただいてありがとうございます!!嬉しかったです。号泣・・・💦
苦しかった・・・どうやったらこの話の複雑な部分を伝えられるかで散々悩みました!!
やっぱ短いほうがいいですね・・・さとぴょん様のご希望だと120話では何回R入れまきゃなんないのかと・・・(笑)

何とか無理やりですが終わらせることが出来てよかった・・・次回は緩やかなお話になります。
これからもよろしくお願いしますねっ!

今日もありがとうございました!

2017/11/09 (Thu) 11:11 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: お疲れ様でした❗

ないない様、コメント、ありがとうございます。

確かにイベント中の約3ヶ月間はスマホを手離せなくて大変でした。見ちゃうと連載がヤバイし、見ないと打ち合わせを見落とすし。
いろんなリレーに調子にのって参加してしたおかげで、何回か更新に間に合わなかった(笑)こともありますね。

何度か1日2話更新を諦めようと思いましたが、とりあえず休まず続けられてよかったです♥️
こんな、ややこしいお話しに最後までお付き合いくださいましてありがとうございました‼️

これからは、簡単な短編を少し…12月はクリスマスに向けたお話しを考えております。
また、お時間ありましたらお立ち寄りくださいね♥️

待ってまーす🎵

2017/11/09 (Thu) 12:39 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

kyoro様、こんにちは!

あはは!そりゃそうですよね~!!こんな設定あんまりないですものね!・・・うん、反省してます。
でも、最後のシーンはこれで想像していたんで、私的には思いっきり類つくだったんですよ(笑)
いかにそこまでじれったくさせるか・・・って考えていたらこんなことになってしまいましたが・・・。

途中は流石に私もやばいな・・・って思いながら書いておりましたよ。
あまりにもラブ度が低くて(笑)

今度からはややこしいのはやめようと思います!明日からのはおこちゃま向け❤
おそらく落ち着いて読めるのではないかと思います。

どうぞよろしくお願いいたします!

2017/11/09 (Thu) 13:12 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

凪さん、こんにちは!

えっ!エロイ・・・?私でエロかったらほかの方は・・・。

もうね、途中からはわけがわかんなくなって(笑)イベントに入ると尚更おかしくなって(笑)
無理やり終わらせた感満載です!
これに懲りて二度とこんな長い話は書きませんわ!

明日からは可愛くいこうと思います❤
いつもコメント、ありがとうございます!

2017/11/09 (Thu) 13:32 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

わんこ様、こんにちは!

最後までお付き合いいただきありがとうございました。
なんとか終わることが出来てホッとしてます。かなり民法を無視した部分もありますが・・・(笑)

途中はかなり初めの設定と変わりましたので自分でも心配でした。
あえて登場人物を増やしたせいで余計にややこしくなりまして。

う~ん。新作ですか・・・ぼちぼち考えます!本格的なのは来年かな?
これからもよろしくお願いいたします!

少しの間、ゆっくりしようと思っています・・・えへへ!

2017/11/09 (Thu) 14:03 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/11/09 (Thu) 18:33 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

みわちゃん様、今晩は!

長かったですね~!最後までお付き合い下さいましてありがとうございました!
いやもう!笑うしかなかったですね、最後の方はPCに向かうのも辛かったです。
自分のせいなんですけどね(笑)

予定外な登場人物(安藤今日子とか、清四郎さんとか)に、予定外の司くん(実は恋人編に出演予定はございませんでした!)
当初は考えてなかったフランスの話・・・何でそうなったのかしら。

ある意味、イベントに影響されたとしか言いようがありません。

そうか!お話しとは単純ではダメなのね?!って思ったんですよね。
そこ、一緒に考えちゃいけないとこでした(笑)
イベントって皆さんが各1話分だから、すごく力入れるんですよね!だから、とんでもない文字数になる・・・。
連載と同じじゃなかった!でも、気がついたときには遅かった・・・超ややこしくして進めてしまいました~!

これからは自分で苦しまない長さのお話しで頑張りたいと思います。

いつも応援コメントありがとうございます。これからもこんな私ですがよろしくお願いいたします。

2017/11/09 (Thu) 20:55 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/11/21 (Tue) 23:52 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

haoto様、おはようございます!初めまして♥

ご訪問&コメントありがとうございます。

リレー(笑)なんだか、遠い昔のことのようです。
はい!非常に疲れましたが、苦しいことと共に楽しい事も多くて参加出来て良かったと思っております。
私はとにかく経験不足なので、何かと足引っ張りましたが先輩方に助けていただいて何とか・・・。

このお話も内容が明るい方ではなかったので同時進行は息が詰まりそうでした(笑)
総ちゃんのお話も秋からは暗かったので・・・。

今からは色んなジャンルのお話しが書けるようにはなりたいですね。

まぁ、こんな兄妹設定は無謀だったと反省しておりますので、通常設定で・・・(笑)
司くんも総ちゃんもこのお話しでは頑張っていただきました!
そろそろあきらくんも登場してもらって(来年かなぁ)楽しく続けられたらなぁ・・・って思っています。

また、お時間ありましたら、ぜひお立ち寄り下さいませ。
これからもよろしくお願いいたします。

2017/11/22 (Wed) 08:30 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply