FC2ブログ

plumeria

plumeria

23日の夕方、バイト先のケーキ屋の前に行くと恵美がニヤッと笑って立っていた。当然その横にはヤンキーみたいな男がいて面倒くさそうに私を見た。それにあと2人、明日からのバイト仲間だ。

「やっぱり1人じゃん!出来なかったんでしょう?彼氏なんて。約束は守ってもらうわよ?明日の夜の路上販売はつくし1人が完売までやること!今から店長とバイトの話するんだからそれでいいわよね?」

「・・・わかってるわよ!やりゃいいんでしょ?1人でやってやるわよ!」

「最初から出来るわけないのに見栄張るからいけないのよ。まぁ、おかげで私達は夕方までバイトしたら残業なしで帰らせてもらうわ。この人と食事に行く約束してるから!」

変な事で勝ち誇ったような顔する恵美に溜息だ。
だけど約束は約束・・・このあとケーキ屋の店長と明日からのバイトの打ち合わせをして、結局私1人が最後まで残ってやるって事で話は終わった。2人は申し訳なさそうに「ごめんね」なんて言ってるけど、この2人も彼氏がいて予定があるみたい。

夜の方が時給がいいんだし、全然問題ない・・・私はこのあと1人で歩いてアパートまで帰った。

**

アパートの前までくると1台のド派手な車が停まってて、それは誰かなんて聞く必要もなくわかってしまった。
ひょいと運転席を覗くと西門さんがシートを倒して寝ていた。コンコンと窓を叩くと薄く眼を開けて起き上がる・・・いつからここにいたんだろう。風邪引いちゃうよってインフルエンザをしたばかりの私に言われたくはないか!

「どうしたの?何か用事?・・・試験のことならショック受けてるんだから何も言わないでよ?」
「あ?そんな事言うわけねぇじゃん。何処行ってたんだ?まだ体調わるいんじゃねぇの?」

「うん・・・まぁ、もう大丈夫かな。ごめんね?うつらなかった?インフルエンザ・・・」
「予防接種は強制的だからな。あんな仕事してるから。それよかこれ・・・お袋から差し入れだってさ」

西門さんは助手席に置いていた小さな風呂敷包みを渡してくれた。
インフルエンザで何処にも買い物にいけなくて食材も底をついていた私にはなんて有り難いことか!喜んで受け取る私に彼は呆れたように笑ってた。


「お前、明日はどうすんだ?」

「明日?バイトだよ。T駅前のケーキ屋さんでね、夜の売切りまでやんなきゃいけないの。もう勉強しなくていいからバイトぐらい頑張らないとね!まぁ、独りぼっちだし!誰も残念がってくれる人もいなから働いてくるわ!じゃあ、ありがと。家元夫人に宜しくお伝えしてね。年内もう一回あるお稽古にはちゃんと行きますって!」

「・・・あの賭けってどうなったんだよ。友達としてたヤツ」

「あぁ、あれね!あはは!やっぱりねって散々馬鹿にされて終わったわ!もう気にしないで・・・ごめんね!」


「お前はそれでいいのか?もう気にしないでって、そんなものなのか?」


そんなわけないじゃん。
本当は大好きって、明日一緒に過ごしてって言いたいけど・・・言えないよ。
初めに言えたのが不思議なくらい。勢いって凄いんだなぁって・・・今はそう思うわ。
西門さんほどの人を自分のものに出来るなんて初めから思ってなかったもん。

西門の次期家元で、お茶のお師匠様で、成績優秀で、女の人も選り取り見取りで・・・そんな人にクリスマスの時間を私に下さいなんて言えないよ。笑って誤魔化して、あの日の賭けは冗談だよって言わないと自分が傷ついちゃうだけだって!

「うん。そんなもの!でも、楽しかった・・・私が試験を受けなくて良かったって思いなさいよ?受けていたら絶対トップになってたと思うからね!じゃあ、バイバイ!」

西門さんの車に背中を向けたら一気に顔が曇る!
素直じゃない私・・・!傷つくのが怖くて、私なんか好みじゃないって言われるのが怖くてその場を逃げた。

彼は別に追いかけても来なかった。ね?そんなものなのよ・・・だって、西門総二郎だもん。


手の届かない夢の中の人・・・普通に話すだけならこれからも傍にいられるかな。美作さんや花沢類と一緒になって、ふざけて笑って話せるだろうな。それで・・・いいや!
風呂敷包みの結び目を悴んだ手で解いたら三段重が出てきた。蓋を開けたら・・・なんて綺麗に詰めてあるんだろうっ!


「うわ!やっぱり豪華だなぁ!料理長特製弁当ってやつ?美味しそうっ!いただきまーす」

でも、持ってきてもらった西門特製のお料理は・・・どうしてかな、少ししょっぱかった。


*********


牧野のアパートからの帰り道、ガンガンに音楽をかけて愛車を飛ばしていた。まさかこんなに早くに自宅に帰るなんて思ってもいなかった!普通そうだろ?「上がっていく?」って声かけるだろ!「バイバイ!」じゃねぇつーの!

「信じられねぇ・・・この俺を放ったらかしにして1人で部屋に戻るか?誰が試験受けてたらトップだぁ?マジ笑わかせやがって!」

牧野の考えてる事なんてお見通しだ。また、ぐだぐだとくだらないことを考えて1人でクリスマスを過ごしたくないからバイトなんて入れやがったな?それを聞くと、夜間の時給は高いのよ~なんて言うに決まってんだ!

牧野の態度次第じゃあのまま部屋に上がり込んで話そうと思ったのに、何故かあっさりと振られたのは俺の方。
お袋からって意味、やっぱりあいつにはわかんなかったか?

牧野があの日倒れたのがインフルエンザだったって聞いたお袋が心配して、毎日俺に牧野の様子を聞いてくるんだ。
だけど大学に来てねぇんだから知るかッ!って答えたときにお袋から初めて怒鳴られた。

*

「あなたの目は節穴なの?お父様と違って女性を見る眼がないのね!私はそろそろ牧野さんを正式に紹介してくれるもんだと思って待ってたんだけど?だからこの前は必死に看病して、牧野さんをここにお泊めしたんじゃなかったの?そんなあなたの姿を見て嬉しかったのに・・・!悪いけど総二郎さんが普段遊んでるような女性なら、私は会う気なんてないですからね!」

「・・・稽古以外で連れてきて良かったのかよ・・・!」

「お稽古しかしないからどうしようかと思っていたわよ。バカ息子!・・・今度差し入れ用意するからちゃんと話してきなさい!」

*

試験結果なんてどうでも良かった。
もちろん賭けたんだからトップ取れりゃ問題なかったんだけど、むしろ最後の方じゃ取らない方がいいって思い始めてた。

それよりかよく頑張ったなって褒めてやりたかった。だってそうじゃねぇか?
こんな無茶な賭けに一発返事でのってきて、本当に2ヶ月以上も机に向ったんだ。受験勉強でも何でもない、ただの学内試験に。

それだけ真剣だったんだろう?
この俺が欲しくてさ。


仕方ねぇな・・・!明日は無茶苦茶運のない牧野のために最高のプレゼント、用意してやるか!


stars-2911725__340.jpg
関連記事
Posted by

Comments 6

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/12/23 (Sat) 18:13 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/12/23 (Sat) 18:38 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: No title

HAPさん、今晩は♥

いやいや!(笑)
素通りは出来ませぬ!コメントありがとうございます!
えーっ!ツボって・・・(笑)

そんなに?そこでツボられるとは思いませんでした!!

ごめんなさいねぇ💦出演させられなくて・・・彼をどうやって書いていいのかが
わからなくてね、いつも・・・(笑)
おふざけの時には良く書くんですけど・・・!

バカだな・・・こいつ!って感じで思っといてください!

今月はかなり無理してます・・・半分死んでます。
来月から大人しくします・・・。

お気遣いありがとう!!それでは、また~!!

2017/12/23 (Sat) 20:45 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: こんばんは!

えみりん様~!今晩は♥

あはは!総ちゃん、意外と大人しく帰っちゃったですよね!
まぁ決戦はクリスマスですから!家元夫人もGOサイン出したし、ドーンといっていただきます!

えぇ、家元は女性を見る眼があったんですよ(笑)

で、あきらの方?あ、あっちはほとんどギャグとノリで書いてるからご心配なく!

そういう風に読むのね・・・完全な当て字ってことですよね?
その漢字を名前につけているのは初めて見ました。私の知っている人は女の子に「涙」って漢字を使いましたが
なぜ?・・・っていつも思います。

いや、いい涙もあるけどね。って思うんですが。今はどうしてるかなぁ・・・。

2017/12/23 (Sat) 21:25 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/12/24 (Sun) 00:36 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

さとぴょん様・・・ポインセチア(爆)

ごめんなさい・・・想像してしまった!!あんな所にポインセチア・・・!
これはどうやって着けるのか(笑)紐か?ゴムか?・・・あぁ、リボンかぁ!

風邪引いてしまうわっ!!そんなものどこに置くのっ!アパートの前・・・寒いわっ!!
しかも髪濡らすの?・・・総二郎、さとぴょん様にかかったらとんでもない姿にされちゃうね!

サンタコスプレって、誰が一番似合うんだろ。
司・・・トナカイじゃなくて闘牛かなんかに乗ってそう。そしてプレゼント渡す家を通り過ぎる。
類・・・面倒くさくて動かなそう。もしかしたら自分の方が靴下持って待ってるかも。
総二郎・・・サンタ服を着崩してプレゼントの袋引きずってそう・・・で、女にしか配らない。しかも1人の時間が長い。

やっぱりあきらか(笑)
凄く丁寧にプレゼント包みそう!で、時間厳守できっちり仕事しそう!乗るのは白馬・・・!

馬鹿なこと書いてすみません!

2017/12/24 (Sun) 11:33 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply