FC2ブログ

plumeria

plumeria

「そういちろうさん、おはよう!今日もいい天気ねぇ!」
「ソウイチロウ、オハヨウ!ソウイチロウ、オナカスイタ」

「あっはは!元気ねぇっ!じゃあ今日のご飯あげちゃおうかなっ!」

福江島に来てから数日が経って、私はマスターと海の見える小高い丘に上にある喫茶店、「木漏れ日」で働いていた。
ここはマスターの古い友人が以前経営していたお店で、数年前に病気のために閉めていたらしい。少し掃除をしたらお店を始められる。色んな機材はそのまま綺麗に保存されていたから、それを使わせてもらえることになった。

メニュー表は手作り。店内のお花は近くの家の人が勝手にとっていいよ!なんて言うから少しだけいただいた。
新しいカーテンをつけて、テーブルクロスを広げたら古いテーブルも問題ない!

店内は窓が大きくてとても明るい雰囲気・・・テーブルやカウンターも木で出来てて暖かい感じがした。
今の季節でさえこんなに明るんだから、夏なんかは気持ちいいだろうなぁ・・・少し風が強い日なんかは吹き飛ばされるんじゃないかしら・・・目の前にある海は都会で見る海とは全然色が違って見えた。

マスターは「夏の色はこんなもんじゃない」って言ってたけど、自分も帰省したのは18年ぶりだとか・・・いろんなものが変わっていて驚いていたのはむしろマスターの方だった。


そういちろうさんはここでもお店の隅に止まり木を作って、そのスペースの回りは観葉植物で囲まれていた。もちろんドアにはあの張り紙がそのまま貼られている。

【店内の隅に同居人のそういちろう、コンゴウインコのオス、がいます。気になる方はご遠慮ください】


そういちろうさんを肩に乗せて店の前に貼ってあるこの文字を見ながら仁王立ちしていた。やっぱり変よね?
そういちろうさんの方がお客様より大事だって言ってるようなものよ?ご遠慮くださいなんて普通じゃないわ。

「私のようにこれにつられて入る人なんているのかしらねぇ・・・そういちろうさん。どう思う?」
「マッテルヨ、ダイスキ・・・マッテタヨ!」

「誰も待ってないわよっ!いやーね!そういちろうさん、そればっかり言うんだから!」

ここでは都会ほどお客さんも来るわけではなかったし、待ちが出るほど忙しいのは夏くらいだろうからってマスターは午前中は知り合いの旅館の厨房に手伝いに行くことになった。だから2時ぐらいまではそういちろうさんと二人っきり。
のんびりとした時間が流れて、たまにお客さんのいないときはそういちろうさんを外に連れて行って言葉を教えていた。

「覚えられるかな?そういちろうさん。もう一回言うよ?あのね・・・」

でも、そういちろうさんは知らん顔して全然覚えようとはしなかった。それでもいいの・・・そういちろうさんの向こうに彼のことを思い出しながら言ってるんだから。


彼は今頃どうしているかなぁ・・・。
もう誰か他に好きな人を見つけたかしら。そしてその人と観覧車に乗ったりしてね。

でも、きっとあのハートマークを見つけたのは私だけだと思うよ?・・・そう思っておこう。


午後4時になると私はそういちろうさんを連れて自分の家に帰る。この喫茶店から歩いて10分ぐらいの所にマスターが小さな家を見つけてくれたから、そこにこの子を連れて帰っていた。
「木漏れ日」は夜になるとお酒を出すようにしていたから閉店時間は前よりも遅かった。だから、そういちろうさんはもうお店で夜を過ごせなかった。朝も夕方も私の肩に乗って一緒に出勤する毎日・・・雨の降る日も風の強い日も。

だから寂しくなんかないよ?
あなたは・・・類は寂しくないですか?


「そういちろうさん、もう一回練習しようよ!たったの5文字だよ?オナカスイタ!よりも短いのに・・・」

「ソウイチロウ、オナカスイタ!」
「はいはい!これが言えたらあげるから!」

海に沈んでいく太陽を見ながら、毎日言い続けたの。
それはそういちろうさんに?それとも・・・遠く離れた彼に・・・たった5文字の言葉を届けたかった。


*********


「類、フランスのお父様から連絡があったわよ?聞いてる?・・・類!」

「・・・は?あぁ、すみません。聞いていませんでした。何かありましたか?」

母さんの呆れた顔・・・久しぶりの自宅での夕食だっていうのに、俺は母さんの話は何一つ聞いてなくてぼーっとしていた。
加代も首を傾けて苦笑いしてるし、母さんは片肘ついて指先に乗せた顔を小さく横に振ってた。

「あなた、最近大丈夫なの?藤本からも聞いてるけど少し気が抜けてるんですって?」

「藤本が何を報告しているか知りませんが、仕事は真面目にやってますよ。少し効率が悪いだけです」

それが一番の大問題だって説教をされたけど、そんなもの聞き流すことは得意だったから知らん顔して味気のない食事を続けていた。ワインってこんなに美味しくなかったっけ・・・どれをとっても牧野の作るものには勝てないよね。


「あなたがいつまでも恋人の1人も連れて来ないからって、フランスのグラッセ家のお嬢様とお付き合いしてみないかって!
類がモタモタしているからお父様が動き始めたわよ?どうするの?そのうち断わられなくなるわよ?」

「またですか?そんなもの相手にしませんよ。何度も言ってるでしょう?会社絡みで決められた相手とは絶対に結婚なんて考えませんから・・・何度言われても答えは一緒です」

「だからよっ!自分で探して連れてきなさいって何度も言ったでしょう?・・・・・逃げられるからいけないのよ」


そこ・・・親のくせに言う?


ガシャンとワイングラスをテーブルに叩きつけて俺は席を立った!
確かにそうだけど、俺は諦めたわけじゃない。あれからも必死で探しているんだ!手掛かりが何もないけど・・・!
東京駅の映像も空港の名簿に何も「足跡」がなかったし。もし路地裏走って東京から出て行かれたら追いかけようがない。


「お父様は2ヶ月後には日本に帰ってくるわ。その時に間に合わなければ・・・覚悟しなさいね?」

「探し出せたら、賛成・・・してくれるんですね?」

「まだバゲットサンドの差し入れ、もらってないんですもの。それ次第よ?」


ニヤッと笑う母さんに、もちろんVサインしてダイニングを出て行った。


「それとあなたが連れて帰った「あれ」・・・どうにかしなさいよ!夜になったら大暴れじゃないの!」
「夜行性ですから仕方ないですよ。残念ですがもう連れてきたので慣れて下さい。よく見たら可愛いですよ?」


92707dcf6e56ea976c9426faf9fa5034_t.jpg
関連記事
Posted by

Comments 4

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/12/06 (Wed) 07:49 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: おはようございます!

えみりん様、こんにちは。

船・・・気が付かれたら困るんだもん(笑)しかもそういちろう一緒って目立つんだもん(笑)
F4の皆さんは高速移動には強いけど、超スローな移動には疎いんですよ。きっと!

そういうことにしましょうっ!うんうん!

そういちろうって・・・肩に乗れると思います?私ね、書きながら思ったんですよ。
コンゴウインコが肩に?相当斜めになるんじゃないの?そういちろうさん・・・。
乗ったら重いよね?でも鞄に入れて歩くのも変だし・・・うちのオカメインコでさえ肩は嫌がるけど(笑)
狭いんでしょうね。セキセイインコや小桜インコは大丈夫だけど。

まぁ、いいか!つくしちゃんが肩幅広いって事で!(そんなバカな!)

私・・・(笑)そうそう、ダウンしております。
持病の椎間板ヘルニアがでまして身動きが取れません。歩くことも出来なかったのでお休みしてます。
歩いたらね・・・オカメインコに追い抜かれるの(笑)

ぼちぼち動けそうですけど。座るのも痛いので不便してます。
でも、家事しなくていいので(笑)楽させてもらってます!

今日もありがとうございました!

2017/12/06 (Wed) 10:37 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/12/07 (Thu) 00:30 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

さとぴょん様、こんにちは~!

え?さとぴょん様にしては普通の言葉を連想してますね?
5文字なんて沢山あるよ?

恨めしや・・・だったら怖いですよね。そういちろうの顔が怖いんだから!

逃げられる・・・正確に言えばつくしちゃん勝手に逃亡したんだけどね!
どうせ仕事しないんだから頑張って探してもらいましょうっ!

って、私?そうそう(笑)
ヘルニアが悪化して動けないからジッとしてました。旦那が見てないときだけパソコンと遊んでね!
今日から復帰してますがまだ動けないので椅子に座って固まっています。

ご心配おかけしまして・・・気持ちは元気です。
暇だったんでお仕事中の先輩方にラインして遊んでいました(笑)

2017/12/07 (Thu) 13:07 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply