FC2ブログ

plumeria

plumeria

ここに来てからもうすぐ2ヶ月になる。始めたばかりのお店もそういちろうさんのおかげでお客さんが増えて、マスターは他のお仕事を辞めて前のように2人で切り盛りするようになった。
簡単な軽食からスタートしたけど、お昼ご飯を食べに来る人が増えたからメニューも追加して、コーヒーだけじゃなくて色んな飲み物を用意した。

でも、カフェオレだけはメニューに入れなかった。
作りたくなかったわけじゃないけど、思い出してしまうから。マスターもそんな私の気持ちが伝わったのか、ここに来てからはラテアートに挑戦してくれなんて言わなくなった。
少し古い機械だけどちゃんと作れるようになっていたのに、どうしてもそれだけは・・・目を背けてしまう自分がいた。


「そういちろうさん!今日もいいお天気だねぇ!お外に出ようか?日向ぼっこしようね」

「ソウイチロウ、マッテルヨ!」
「待ってても誰も来ないわよ?ごめんね、いつも同じ顔で!」

そういちろうさんと店の前のベンチに座って、ぼんやりと空を見ていた。この島に来る定期便の飛行機がすぐ上を飛んできて、大きな音をたてて私の上を通過していった。
また、誰かがこの島に遊びに来るのね。でもその人達は帰る場所がちゃんとあるのよ・・・いいなぁ、羨ましい。

「そういちろうさん、私はこの島以外、何処に自分の場所があるんだろうね。早く自分の場所を見つけなきゃね」

「ソウイチロウ、オナカスイタ!」
「さっき食べたじゃない!食いしん坊なんだからっ!もうっ!」

私が怒ってもそういちろうさんは知らん顔して足で自分の頭を掻くの。すごく機嫌がいいときだけ私に頭を差し出すけどね。

「つくしちゃーん!仕入れに行ってくるから店の中にいてくれないかい?」
「はーい!わかりました。そういちろうさん・・・また後で遊ぼうか!中に入ろうね」

腕を出すとその大きな身体を重たそうに動かして乗ってくる。
この爪の痛さにもすっかり慣れてしまった。後はこの土地に慣れて、人に慣れて・・・1人の生活に慣れないとね。
自転車で仕入れに行くマスターと入れ違いで、私は店内に戻った。


********


東京を朝早くに出て福岡まで来て、それからこの福江島まで一番早い便で来た。
寒い時期なのに東京に比べたら海がまだ青くて、緑も多いこの島・・・少し冷たいけど穏やかな風が吹いていた。まだ全然何もわかっていないのに、もう俺の胸は弾んでいて、行き先すらわかんないのにウズウズしていた。

昨日、母さんに聞かされたこの場所に牧野の手掛かりがあるかもしれない。いや、多分ここにそういちろうと牧野は一緒にいるはずだ。そうじゃないとあの言葉を覚えるはずはないんだから。

それから手配していたレンタカーを使って、色んな人にスマホを見せながら目的地を目指した。その情報を得るのは意外にも早く、ここではすでに評判になっていたみたい。あまり苦労せずにその喫茶店を探すことが出来た。
ただ道がわかんないから迷いに迷って・・・やっと出会った通りすがりのおじいちゃんに聞いたら「すぐそこだよ」って答えが・・・。


すぐそこ?もうすぐ牧野に会える?

ハンドルを握る手に汗が滲んで、心臓が早鐘を打ってる。ワクワクしているんだかビクビクしてるんだかわからなくなっていた。とにかく牧野に会わなきゃね・・・ゴクンと唾を飲み込んでアクセルを踏んだ。

おじいちゃんが言ったとおり、すこし走ったら緑の木々に囲まれた小さな喫茶店が見えた。名前は「木漏れ日」・・・。
「陽だまり」によく似た雰囲気の、可愛らしい窓に温かい感じの木の扉。屋根には天窓がついてて飾りだろうか煙突まである。
喫茶店の横には小さな木も植えてあって、そこにはそういちろうのだろうか、止まり木が見えた。

俺は車を少しだけ離れた場所に停めて、窓からその店をジッと見ていた・・・すぐにわかったんだ。
間違いなくここは、あの「陽だまり」の生まれ変わりだって。


時間は午後4時。
あの時と同じなら、牧野は仕事を終えたんだろうか。そんな事を考えながらその扉を見つめた。


「マスター、お疲れ様でしたー!お先に失礼しまーす!」


その元気な声・・・喫茶店の裏口から1人の女性が腕に青い大型インコを乗せて出てきた。
黒くて長い髪、いつも持っていた鞄にあの歩き方・・・見覚えのあるジャケットに・・・そういちろう!

俺は車から飛び出て、彼女の方に向かって大声で叫んだ!


「牧野!・・・牧野っ!!・・・そういちろうっ!!」


俺の声にびっくりした牧野が振り向いて、大きな眼を余計に大きくして立ち止まった。


どのくらい離れていただろう・・・俺の声に一番に反応したのはそういちろうだった。
もう飛ぶことすら忘れていたそういちろうが、俺に向かって飛んできた!その真っ青な羽を大きく羽ばたかせて、人の言葉ではなく鳥の鳴声を響かせながら、俺の身体に体当たりしてきたんだ!その勢いが凄くて俺は乗って来た車のドアにそういちろうを抱いたまま倒れ込んで、危うく尻餅をつくところだったよ!

「あはは!そういちろう、久しぶりだね!元気だった?」
「ソウイチロウ、マッテタヨ!ソウイチロウ、ダイスキ、マッテタヨ!」

「ごめんね!迎えに来るのが遅くなって・・・。だってそういちろうたちが黙っていなくなるからだよ?」

そういちろうが擦り寄ってくるのを抱き締めていたら、店の前で立ち竦んでいた牧野がこっちに身体を向けているのが見えた。
その顔はまだ驚いてる。離れてるからよく見えないけど・・・もしかして泣いてるの?

そういちろうを抱えるようにして、ゆっくりと牧野に近づいた。
その距離がどんどん近づいていったら、俺の足は少しずつ速くなっていって・・・後20メートルくらいになった時には走り出していた。
そういちろうを腕から離して両手を広げた・・・そして2人共が倒れるんじゃないかってぐらいの勢いで牧野を掴まえて思いっきり抱き締めた!もう、壊れるんじゃないかって・・・骨が折れちゃうぐらい強く抱き締めた!


「牧野・・・!会いたかった。すごく会いたかった!何処に消えたかと心配したんだ。良かった・・・元気そうで!」

「類・・・本当に類なのね?何で・・・何でここがわかったの?」
「そんな説明後でもいい?まだこうしていたいから・・・」


牧野を腕に抱き締めたまま、その髪の中に自分の顔を埋めた。懐かしいあんたの香りがするよ。早くあんたも俺を抱き締めて?
横にぶら下がってるその手で、早く俺を抱き締めて・・・ホントに小さな声で囁いた。そしたらゆっくりと俺の背中には牧野の手が回ってきた。

もっと強く抱き締めて?俺みたいにさ・・・。

「牧野、もう何処にも行かないで・・・側にいてよ」
「・・・バカな人だね。いくらでも他に選べるのに・・・!」


バカは牧野の方だよ。
離れられないって思ってるくせに・・・。

牧野の腕が俺を強く引き寄せる。小さな声で泣きながら・・・震える声は「愛してる」って言葉を俺に届けてくれた。


f0e3d65ea9ece7a4f5a209ef8c896023_t.jpg
関連記事
Posted by

Comments 6

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/12/08 (Fri) 06:00 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: おはようございます!

えみりん様、おはようございます!

ぶはははは!ホントだ、なんで1行目にそんなミスを!(笑)
あまりにも始めの方で見落としたんだろうけど・・・!申し訳ございません!そりゃ、ずっこけましたね!
FC2の機能に「校正」があったらいいのに(笑)

で、タクシーにしなかったのはただ単にタクシーの運転手がいらなかったのと、見つけたのがお母さんだったので、
せめて現物発見は自分でして欲しかっただけ(笑)
おじいちゃんに「すぐそこだよ」って言われるのが入れたかったんですよ。
え?そんなシーンが入れたかったのかって?・・・うん、そうなの(笑)


うちのをオカメ・・・はっきり言ってオカメインコにしては不細工です。
9年前に飼っていた並オカメが病気で死んでから、寂しくて注文したんですよ。ペットショップに・・・。
で、入荷しましたよって連絡が来たので旦那と子供が喜んで取りに行ってくれて、持って帰ったんですが。

ん?なにこれ?頼んだのはオカメインコだよね?

って首傾げるくらい不細工だったんです。返品しようかと思ったぐらい(笑)そして凶暴!
今でもその辺を歩いて散歩してますけど、気に入らないことがあったらわざわざ私を噛みに来ます!
でも、慣れれば可愛い・・・噛まれながら遊んでいます。

2017/12/08 (Fri) 08:26 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/12/08 (Fri) 09:22 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

凪さんっ!ちょっと!

まさかと思うけど踊ってないよね?フェッテとかしてないよね?
・・・そう言えばうちの子も耳に異常があるかもって(結果なかったけど)なったときに
一番始めに「フェッテ出来ますか?」って聞いてたなぁ。
私なんか、まだ出来るかな?って思ってピケターンしてだけでクラクラしたよ!(笑)

耳がおかしくなると平行感覚がおかしくなって気持ち悪くなるよね。
メニエルの時も吐き気止めもらうもんね~!
早く良くなるといいね。年末年始だし・・・M、もう帰還したの?(笑)

気をつけて病院行ってきてね~!私はなんとか・・・歩いてます。


あぁ、お話しのそういちろう?・・・類とつくしちゃんの間に入ったら邪魔だろうと思って。
その辺飛んでるんじゃないかな(笑)

そういちろう、最後まで出演してるからご心配なく!
あっちのそういちろうは元気かなぁ・・・寒いから私のように腰痛めてないといいけど。
愛人としては心配だわ!(笑)

うちのお嬢様・・・フランス行っちゃったよ~💦類に会いに・・・(笑)ちがう、ちがう!

それではお互いに気をつけましょう!
イラストとか描いてちゃダメよ・・・バレてるんだからね(笑)


2017/12/08 (Fri) 09:48 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/12/11 (Mon) 08:40 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

さとぴょん様・・・こんにちは~!

うふふ!ありがとうございますっ!
でも実際にコンゴウインコが羽広げて飛んできたら私、逃げます。
我が家のオカメインコもたまに怒って飛びかかってくるときに羽広げてるけど
結構痛いんですよ!何回も羽で頭とか顔面とか叩かれましたもん。←つまり負けている。

再会シーンって何回書いても上手くいかない。

ドラマとかの再会シーンを思い出すんですけど、文字にしたら変なんですよね。
要するにどっかに逃げなきゃいいんだけど(笑)

いつかみんなを泣かせるような再会シーンを書きたいと願うpluでございます。

今日も沢山ありがとうございました!


2017/12/11 (Mon) 15:19 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply