FC2ブログ

plumeria

plumeria

<side類>
別荘を出てから花沢の車で祥兄の診療所に向かう途中だった。

少し前方の大型スーパー横の駐車場側で総二郎に似た男が女といるのが見えた。でも一緒にいる派手な女は牧野じゃない。
俺が総二郎を見間違える?そんなわけはない・・・だとしたらあれが上野明日香か?瞬間そう思って車を停めようと運転手に指示を出したら、総二郎がいたのとは反対側の駐車場に入って車を停めた。


だけど、そこで見たものは・・・数人の買い物客に囲まれて、踞って半分倒れたような牧野の姿だった!

誰かが救急車だと叫んで、何人かの女性は牧野の背中をさすってるようだけど、牧野の悲鳴のような「助けてっ!」って声が、俺の中から総二郎の存在を消してしまった!俺は慌てて車から転げるようにして降りた!

「牧野っ!!牧野、しっかりしろ、牧野!」

そこにいる人を押しのけるようにして牧野に近づいて、大きくなったお腹を押えているその手を掴んだ!
これがあの牧野?すごい・・・本当にもうすぐ産まれるんだね!でも・・・これってもしかしたら早産って状態だろうか、俺にはその判断なんて全然出来ない。
汗がすごくて苦しそうに顔を歪める牧野を早く病院につれて行かなければと、その身体を抱きかかえるようにして持ち上げた。

「花沢類・・・!あ、た、助けて、類・・・!赤ちゃん、助けてっ!!」
「わかった!すぐに祥兄の所に行こう!もう少し頑張りな!」

腕を怪我した時もこうやって何度も抱きかかえたけど、あの時とは随分違う重さに驚いた。
それに随分とやせっぽちだった牧野がどことなく柔らかく丸くなってて、時間が経ったんだとこんな時でも感じてしまう。

うちの車はすぐそこだ!・・・牧野を抱いたまま後部座席に座り、大至急祥兄の診療所へ向かえと大声を出した!

「大丈夫だよ。すぐだから・・・負けるな!今まで耐えてきたんだから、負けるなよ、牧野!」
「・・・花沢類、痛い、痛いよ・・・!どうなるの?どうなっちゃうの?」

牧野の手が俺の服を握り締めて離さない。
痛みのせいで全身が強張ってるのはわかるんだけど、これが妊娠によるものっていうのが厄介だ。

「牧野・・・しっかりして!今から祥兄のところに行くからね!絶対に大丈夫だから!あの時でも助かった命だよ?牧野!」

「うん・・・うん!だい、じょうぶ・・・だよね!類・・・この子、ちゃんと産まれるよね?」


「あぁ、心配しなくていい。総二郎はあとで来るよ。俺で・・・ごめんな」

牧野の意識が遠くなっている。
上野明日香に捕まっている総二郎はこれを何も知らないんだ・・・急いで電話をしてみたけど、総二郎の電話が繋がらなくなっていた。電源が切られている?


総二郎・・・何があったの?
牧野がこんなに苦しんでるのに、お前、何やってるんだよっ!!


*********


目の前の男達は俺に対して、特に構えるようなこともなく無駄に手を出さないように指示をされているようだった。
だが俺はこいつらを叩きのめしてでもこの場から逃げて、つくしを守らなくちゃいけないんだ。自然と俺の手は拳を作って闘う姿勢を見せた。何処かで事故でもあったのか騒然としてきて、救急車の音まで聞こえてきた。


「かかって来いよ。1人残らず倒してやる・・・どうせ親父にはこの俺の腕や手には怪我をさせるなって命令でも出てるんだろうが、もう茶道から手を引いてる俺には関係ないんだよ!」

「勢いだけでは勝てませんよ?こちらはプロですから。さぁ、お急ぎを」
「うるせぇよ!お前らになんか捕まってたまるか!」

その言葉と同時に一番手前の男に殴りかかっていったが当たる直前で交わされ、俺の拳は空を切った。そして少し体勢が崩れたところを別の男に捕まえられたが、その男の顔面には膝蹴りを食らわした!するともう1人の男が反対側から押さえ込んできて、俺はそいつには振り向きざまに顎下から思いっきり拳を打ち付けた!

「うわぁっ・・・くっ!・・・ぐわっ!」
「どっからでも来いって言っただろうっ!痛い眼に遭いたくなかったらそこを退けっ!!」

そう叫んだときに上野明日香がとんでもない事を言いやがった!

「あんた達!この人の弱点って牧野つくしなのよ!ここの駐車場の何処かにいるはずよ!探して連れてきたらいいわ!そうすればこの男は何も出来ないから!」
「黙れッ!つくしは関係ないだろうっ!あいつに手を出すな!!」

俺の言葉を聞いたリーダーのような男が指で何かを指図して、明日香の横にいた2人組が凄い勢いで二手に別れて駐車場の方に向かった。そのうちの1人は俺が車を停めた方に走って行ったから、慌ててそいつを追いかけようとしたら後ろからガシッと両腕を掴まれて身動きを封じられた!

「つくしに手を出してみろっ!お前ら全員叩き潰してやる!離せっ!」
「大人しくされないからですよ。これ以上暴れるようなら牧野さんに何があっても責任は取れませんが?」

「何があってもってどういう事だ・・・てめぇら、何考えてるんだ!あいつは西門の人間じゃねぇ!・・・少しでも傷つけたら許さねぇからな!・・・自分の命の心配でもしとけ!」

そのうち駐車場から戻ってきた男が何かをリーダーの男に耳打ちして、その男は少し驚いた顔を見せたが、すぐに冷静に俺の方に向き直った。そして言い出した言葉・・・


「総二郎様、牧野さんを拘束させていただきました。今、別の場所に移動させています。総二郎様がこれ以上の抵抗をされる場合少し手荒なこともさせていただきますが・・・大人しく車に乗っていただけませんか?」

「何だって・・・?つくしを拘束?何処につれて行く気だ!!あいつは今、無茶できねぇ身体なんだ!」

「ご説明は東京に戻ってから致します。とにかく冷静にお考え下さい。彼女に何かあってからでは遅いのでしょう?それに先ほど申し上げましたとおり、牧野さんはすでに移動してもらっています。私の命令一つで・・・」
「もういい!!わかった・・・好きにしろっ・・・!その代わりあいつに何かあったらお前を殺すからな・・・覚えとけ!」

リーダーの男は静かに頭を下げやがった。そして、両腕を掴んでいた男達は俺を引きずるように車道に連れて行くと、どこに隠れていやがったのか黒塗りのワゴンがやってきて俺をその後部座席に押し込んだ。

「申し訳ありませんがご自宅に着くまでの間、携帯電話をお預かり致します」
「・・・覚えとけよ。絶対にお前達を許さねぇからな・・・!」

あくまでも紳士的に・・・それでも隙1つ見せずに俺からスマホを奪うと電源を落とし自分の胸ポケットにしまった。


その窓からは明日香が何かボックスケースを受け取っているのが見える・・・一億円、俺の値段か。安く見られたもんだ!


ワゴン車は静かに走り出して、俺のランクルが窓から見えた。
車内なんて見えなかったが、つくしはあの中から出されて何処につれて行かれたんだ?腹が痛いと寝ていたはずなのに今はどんな所に誰と向ってるんだ?・・・それを考えたら頭がおかしくなりそうだった。

頼む!無事で・・・無事でいてくれ!それを祈るしかなかったが、この男達は何もまだ喋ろうとはしなかった。
静まりかえった車内で聞こえてくるのは最後に聞いたつくしの声・・・。


『家で大人しく待ってれば良かったよ』


違うよ・・・連れて出たのは俺だ。
悲しそうだから、怖がるからって連れ出したくせに、本当は少しでもお前といたかったっていう俺の我儘だ。

ごめん・・・必ずまた迎えに行くから、頑張って子供と一緒に待っててくれよ?産む時には俺が立ち会うって約束したんだから!



俺がこの時の真実を聞いたのは西門に戻ってからだった。




koi40.jpg
関連記事
Posted by

Comments 8

There are no comments yet.
-  
承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2017/12/26 (Tue) 13:12 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/12/26 (Tue) 13:16 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: このまま類つくでいきましょう

星樹様 こんにちは!

あはは!変えちゃいますか?でも、類君の方は甘いお話し沢山ありますもの~!
いいですよ?星樹様の脳内変換で!

明日香ちゃんはこもう何も出来ないでしょうね。
だからお仕置きだけさせていただきます。
え?だって本当はこんなオリキャラない方がいいでしょ?(笑)

もっと怖いって・・・(笑)いやいや、ハピエンに辿り着けなくなるんでこのぐらいでいいかと思いますが?

ハッキリ言ってしばらく類つくみたいになるんですが(笑)
あんまり類君中心に読んでいたら最後の方でまたショック受けるかも?

出来るだけ穏やかに類君の事を書きたいとは思っていますけど、これはやっぱり総ちゃんのお話ですので。

暫く<side類>も良く出ますのでね!お楽しみ下さいませ!

2017/12/26 (Tue) 13:52 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

みわちゃん様、こんにちは。

そうそう、まだ終らないですねぇ!!(笑)
でも、本当にラストは見えてるんですよ!ただ、一回に書ける量がこのくらいなんでどうしても話数が増えちゃうだけで。
少し意外な終り方かもしれませんよ?(笑)

類つくになりそうでならない、この微妙な感じを暫くお楽しみ下さい(いや、楽しくないか!)

ホント、冗談抜きでお正月前に一番どん底状態のつくしちゃんが来てしまった(笑)
ごめんよ~!つくしちゃん、お誕生日が近いのに~💦

ハラハラさせて申し訳ないですが今後とも温かい目でお願い致します♥


2017/12/26 (Tue) 14:15 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/12/26 (Tue) 22:49 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/12/26 (Tue) 23:33 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

さとぴょん様、おはようございます。

確かに、怒るとこ、そこ?(笑)
流石に私も気が付きませんでした・・・そう言えばそうだよね!
明日香は何故それが西門の連中だとわかったのか・・・はぁ!そうですよねーーっ!
千春の携帯にメールしてるんだもんね!あ?そういう意味じゃなかった?

でも、「西門だーーっ!」って叫びながら来るのも変だし・・・。
そんな事言ったら総ちゃんが「俺が西門だっ!」って言いそうだし(笑)

まぁ・・・許してね!って事で。


いやーーーんっ!さとぴょん様が泣いた顔の絵文字送ってきたら切なくなる~💦
お願いっ!どんなに切ない場面でもギャグで返してっ!(無茶言うな!)

えーと・・・こんな感じが年内続きます。他のお話しはまずまず明るいのでお許し下さいねっ!

2017/12/27 (Wed) 08:47 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

まりぽん様、おはようございます!

あぁっ!楽しいお話しの後にどん底に落としてすみませんっ💦
そうですね、最後の試練ですね!これが片付けばいよいよラストって事で!

いつ片付くのかが問題ですが(笑)
暴れるんですか?!ひえ~ッ💦総ちゃん大暴走!!
逆に類が悪魔になるかもしれませんよ(笑)

え?どういう事?(笑)

今からつくしちゃんに頑張ってもらいますんで、辛い場面が続きますが
苦しくなければ最後までお付き合い下さいませ!

・・・plumeria、ハピエンの女ですから(笑)念のため!

2017/12/27 (Wed) 08:56 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply