FC2ブログ

plumeria

plumeria

「お家元・・・先日の話ですがこの私でよろしければ亭主の件、務めさせていただきます。それまでの間、是非稽古をつけていただきたくお願い申し上げます」

家元に来月行われる茶会の亭主を引き受ける事を伝え、直々の稽古を申し入れた。
おそらくこれが親父から受ける最後の稽古なるだろう。

「随分と西門をご贔屓にして下さっている方々はお前に任せたいと思っている。それまでの間、しっかりと己と向き合いなさい」
「承知致しました」

幾分柔やかな家元とは反対に俺はどうしても冷めた顔しか作れなかった。
それを潔さと受け止めているのか、家元はただ頷くだけだった。



西門流の次期家元・・・確かに俺はそう呼ばれているけれども今は家元の指名に留まっている。
正式に次期家元という立場になるためには全支部長、後援会全幹部、存命している西門の長老・・・こいつらの全会一致の賛成が必要だった。

そして世間に公表し、最終的に継承に関する書類に署名して挨拶回り・・・そんな流れだ。

祥兄の計画はこの世間に公表する機会を待つというものだった。
祥兄がすぐにでも戻ってきて自分が後を継ぐと言っても、それを受け入れられるかどうかはわからない。一度西門を出て騒動を起こした祥兄を素直にその立場に戻すとも思えない。

公開の場でないと西門は内部で全部闇に葬る・・・考の事がいい例だった。

事件化したから色んな事が曝け出されて世間に知られることになったが、今まであいつがしてきた小さな事件については家元夫人が揉み消してきたんだ。つくしもその一人だ。

もうそんな閉ざされた家じゃなく、風の良く通るものに変えたい・・・祥兄の思いはそこからきているんだと話してくれた。
誰かがこの高すぎる塀を崩して・・・一度全部壊してでも、西門に新しい風を送り込みたい。伝統というものは守りながら、古くさいものは脱ぎ捨てたいと祥兄は言った。



不安はある。
そんなに祥兄の言うように上手く運ぶだろうか。

ただ・・・公式の場で俺が西門の継承者の放棄をしたら、確かに残るのは祥兄と謹慎中の考・・・それなら祥兄が指名されることはまず間違いない。両方選ばなかったら分家が出てくるわけだから。

祥兄もよくそんな大胆な事を考えたもんだ。
俺はそこまで緻密に計画立ててこの家の事を考えたことはなかった。感情にまかせて家を飛び出て、後のことはどうでもいいって思ってしまった。

残されたのがあの考しかいなかったのにな。

いざとなれば京都だろうがどこだろうが分家から誰か連れてくればいいぐらいに考えていた。それがどのくらい大事なことかなんて考えもしなかった・・・そんなところはやっぱり長男だと思う。


俺がもっと早くに公式に継承放棄をすれば良かったのか?

いや・・・迷ったんだ。
心の何処かで西門の方が折れて、俺に戻って欲しいと懇願したときにつくしの事を認めてくれないかと。だけど、つくしにしてみれば考がいる西門に戻るわけにはいかないだろう。その辺の葛藤があって決められなかった・・・俺の弱さ、だろうな。


茶道も捨てられない。
もちろんつくしの事は絶対に置いていけない。

今度は蒼がいる・・・俺はもう迷っている場合じゃなくなった。

**

『いいじゃないか。そのぐらい大事な人がお前にいるってことだ。恥じることはない・・・お前は自分に正直に生きたらいい。それでも茶道から離れずにすむ方法を選ぼうじゃないか。任せとけ!あの時の礼だよ』

「あの時?どの時だ?」

『俺が家を出るとき・・・銅張り棗の中に入れてくれただろ?・・・あれは助かったよ。お前のおかげで5年間好きなことが出来たし、医師免許も取れた。だから西門に戻っても医学とは関わっていこうと思う・・・その時に総二郎にも頼みがあるんだよ。それが全部事が上手くいったあとに相談したいことなんだ』

**

祥兄はこの後にまた何をしようとしてる?

とにかく俺は1日でも早くつくしの元に帰るために、蒼と安心して暮らすためにこの計画に乗るしかなかった。


**************

<side類>
仕事のために何度か東京と名寄を行ったり来たりしてる間に、牧野が出産してから1ヶ月以上が過ぎた。
その間に蒼は生まれたときより随分と重くなって順調に成長してるみたい。俺の方に目を向けて手を伸ばしてくるんだ。
それを見たら父親みたいな気分になって抱きたくなるけど、どうしてもそれは出来なかった。

総二郎のことが引っ掛かるから・・・あいつが一度も抱いてないのに俺が抱くわけにもいかないじゃん。そんな気がしていた。


そして祥兄がここを出る準備を始めた。
元々ここを開業した医者を説得して戻すことが出来たんだ。これからは医者を離れて少し茶道の勘を取り戻すために2人が住んでいた別荘に移ることになった。

それに伴って牧野も退院・・・いよいよ蒼を牧野が一人で面倒みないといけなくなった。

祥兄の引っ越しと牧野の退院、そのために今日は俺も名寄に来ていた。
数日間、こっちで仕事が出来るようにネット環境を整えて、二人が落ち着くまでは一緒にいる事にした。


「ごめんね、花沢類・・・何度も足を運ばせて。行くところがないからもう少しだけ別荘借りるね」

「そんな事はどうでもいいんだよ。管理人にも何でも言って助けてもらうといいよ・・・それに俺は暫くここにいるし、そのあとでも毎週顔を出すから。父親代わりだと思って力仕事でも何でも言ってよ。総二郎に出来て俺に出来ない事なんてないんだから!」

「ふふっ!ありがとう・・・でも、本当に無理をしないでね。少し前に総二郎と話をすることが出来たの。その時に勇気をもらったんだよ・・・だから、大丈夫だよ!」


そうかな・・・その笑顔、泣き笑いみたいになってるよ?
だけどやっぱりあんたをそんな顔に出来るのは総二郎なんだね。

早くそれが本当に嬉しそうな顔になるまで、俺は傍で応援してもいいかな。そうじゃないと・・・俺も安心できないからね・・・。


「類ーっ!ちょっと手伝ってくれないか!本が重すぎて一人で持てないっ!」
「えっ!牧野の手伝いはするけど祥兄の手伝いまでしなくちゃいけないの?」

「きゃあーっ!暫く使ってなかったから冷蔵庫のものがすごいことになってるっ!!」
「えっ!牧野、俺が片付けてやるから、蒼の所に行ってなよ!泣いてるよ?」

「おーい、類!悪いけど何処かからドライバー持ってきてくれないか?棚を一つ組み立てたいから!」
「えっ!棚って自分で組み立てるものなの?必要なら手配させるのに」

「「これだから、お坊ちゃまは!!」」


総二郎がいないことを忘れるかのように3人で大騒ぎして引っ越しをした。
久しぶりに来たこの別荘・・・もうすっかり二人の住まいになったんだと感じさせた。

お揃いの茶碗、2人分しかない箸、並んで置かれてる歯ブラシに色違いのマグカップ・・・スリッパも2人分しかなかった。
慌てて片付けてる自分たちの洗濯物・・・ベッドの上に無造作に置かれた二人分のパジャマ。
狭いクローゼットの中には総二郎のコートが掛けられてる。

そのすぐ下には編みかけのセーター?総二郎のものだろうか・・・青っぽい色の毛糸の束があった。


それを牧野が手に取った。

「あはは!完成させる前にいなくなっちゃったね・・・次の冬には、着てもらえるよね?」


そう言って眼を拭った。


うん、きっと大丈夫だよ・・・・・・そう言ってあげたいのに・・・ごめん。声には出せなくて・・・。


hima.jpg
関連記事
Posted by

Comments 4

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/01/14 (Sun) 12:34 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

みわちゃん様、今晩は♥

そうですね、祥兄ちゃんはいろんな事を考えているようです。
まだ話してない内容はホントにラスト辺りで出てきます。
総ちゃんからどうしてもお茶は取り上げられないんですよね・・・初めはスッパリ手を切らせようかと思ったんですけど。
総つく=お茶とエロ・・・。

どうなりますやら・・・(他人事か!)

雪・・・出だしはこんな感じで自分を誤魔化しちゃった2人の後悔・・・ですかねぇ。
どんどん近づいていったり邪魔が入ったりオリキャラ出たり・・・司も来たり(笑)

切ないのに忙しそうな感じですね(笑)始まったばかりなので今はまだ、ゆったりと・・・です!


そういちろうーーーっ!!(爆)
ホントに書いていたいんですけどね!大好きなんですけど、可愛いんですけど、
流石にこれ以上書いたら、連載に影響が出てしまいそうなので一時中止(笑)

カフェラテ本編からの続編依頼もありますし、今どうしようかと悩んでいます(笑)
有り難いことで・・・可愛がっていただけて本当に嬉しいですね。

実はバレンタインストーリーと他の番外編を書かないといけないので
そういちろうに会えるのは3月ぐらいかしら・・・。
それまでに頑張ってお話し作りますね!

今日もありがとうございました!

2018/01/14 (Sun) 19:48 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/01/15 (Mon) 13:34 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

さとぴょん様・・・今晩は!

そのお話し、読んでみたいなぁ。昔ですか?・・・私、二次そのものが2年ぐらいしか知らないので。
このお話しの総ちゃんは確かに家を出るんですけどね。

西門流から離れますけど、最後は例えお茶から離れても納得した人生になるようにしたいんですよね。
2人が再会したらもう一回爆弾投下しますけど、また引き離すとかはしません。
この最後の爆弾投下するのは祥兄です。ここ、自分でもドキドキする(笑)

でも、西門産婦人科は・・・(笑)ないかな!総二郎びっくりしちゃうわ!

あら・・・どうしよう。
今度の2月イベント、バイクにしようと思ってるんだけど。

昨日、考えたのに(笑)!

今年の2月と3月は独クリとノエルの2人をそのまま使います!(こんがらがるので新しい設定をしなかっただけ)
えーと・・・年中ハードでしたね!(笑)心得ています!!

2018/01/15 (Mon) 19:59 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply