FC2ブログ

plumeria

plumeria

ルイが島に来たのはすぐにマスターにもバレた。
まぁ、そうだろうな、あれだけ派手に抱き合えば目立つってもんだ。

店の中から出てきたマスターはすっげぇ嬉しそうにルイを見てさ、すぐに店を閉めたんだ。
儲かってるわけでもないのにホントにお人好しだな!こんなんだから営業部長の俺がいないと困るんだよな。

ルイにコーヒーを入れてよく来てくれたって何度も言ってる。
こんなに嬉しそうな顔は事故以来見たことがなかったから俺もテンションが上がったよ。やっぱいいよな、笑顔ってさ!

それなのに・・・!

「花沢さん、私のことを気にしなくていいから2人で話しなさい。いない方がいいならそういちろうと散歩にでも行くよ?」

いや、俺は聞いていたいぞ?

ルイがツクシになんて言うか、それにツクシがどう答えるか見届けたいのに!
邪魔だと思うなら自分だけで出て行けよっ!すぐに俺を巻き込もうとするんだから・・・俺はいいの!こういう時だけインコのフリして聞いておくから・・・って本物のインコだけどよ。

でも、この後ルイの方がマスターにもいてくれって言って話を始めた。

どうもツクシを苛めていたヤツをルイが退治したらしい。
なんだ!ルイのヤツ・・・こんな見た目なのにやる時はやるんだな!人も殴れないかと思ったんだけど。
でも、話を聞いていたら随分ヤバいやっつけ方だったらしい・・・って事は本気で怒らせたらいけない男って事だな?

ヒトハミカケニヨラヌモノ・・・これもテレビで聞いたことがあるけど長くて言えねぇや!言ったらルイに殴られるかもしれねぇしな。


ツクシの方はまだ気にしてる。
とんでもないものを動画で撮られたって言ってたよな?それがどうなったか・・・それがある限り自分に自由はないってマスターに泣いて言ってたもんな。

「類は・・・もしかして見たの?亮が持っていたもの・・・み、見ちゃったの?」
「ん~・・・見たけど、俺の頭からもデータが消えたから覚えてないんだよね。それにそこまで眼が良くないからボケててわかんなかったんだよ。はっきり見た方が良かった?」

「そっ、そんなわけないでしょうっ!!もうっ・・・類ったら!」


・・・ルイ、嘘ついたな?俺にはわかるぞ?
お前、眼はいいだろう?

喫茶店でもさ、すっげぇ離れたところからツクシの表情とか全部見てたじゃん?
しかも横目でもバッチリ見てたし、俺が落としたヒマワリのタネだって何処に落としても一発で拾ってくれるじゃん?

まぁ、黙っててやるよ・・・見ても見てないって言う方が丸く収まることもあるもんな!うんうん!
ツクシも黙って騙されてやれ!ってツクシは天然だから普通に騙されるよな。

いい加減2人がイチャついたのをマスターと見せられた後にルイはやっと言ったんだ。


「牧野、戻っておいで・・・マスター、連れて帰ってもいいですか?」
「もちろん!君たちは2人でいるのがいいと思うからね。私からお願いしたいぐらいだよ」

こっからはもう見ちゃいられねぇ!
泣きじゃくるツクシをルイが抱き寄せて、俺たちがいるってのによ!もうどーしたらいいのかわかんねぇよ!
そういう事は2人になってからヤレっての!それが恋愛のマナーってもんだろ?ったく、ホントにルイは我慢できない男だからっ!

仕方ねぇから騒ぎまくったよ!そうでもしないとこの場にいられないもん!

「ルイ、アイシテル!ルイ、ダイスキ・・・オカエリ!オカエリ!」

大暴れしたらツクシが笑いながら俺の頭を掻いてくれた。
マジ、気を使うよ・・・マスターにはサトミサンがいないからな。目の前で見せつけるなって!



そのうち暗くなって、マスターは締めていたドアを開けた。
なんだ!夜の飲み屋は今日もやるんだ!まぁ、そのぐらい働かないと食っていけねぇもんな。

だから俺たちに「もうお帰り」って言った。
・・・ってか、ホントなら帰ってるって!インコは基本日没と共に就寝するもんだからな。

俺はしねぇけどよ・・・夜遊びはやめられねぇから。


ここでルイがマスターに仕事の話をしたんだ。
おっ?それはいいと思うぞ?なんてったってこの人、営業能力0だから!ルイの方がどんどんやってくれ!
そうでもしないと俺のエサでさえ買ってもらえないかもしれねぇし。儲かれば極上のヒマワリのタネにしてもらえるかもじゃん?

「花沢が作るコテージのような感覚の小さなものですけどね。そこで働いていただきたい。そういちろうと一緒にそこで暮らしませんか?」

コテージ?なんだそりゃ。
でもいいものなのか?ツクシがびっくりしてるし。俺の事まで気にしてる?さすが、持つべきも者は友だよな!

「・・・花沢さん、お話しは有り難いがそんなつもりはありません。つくしちゃんさえ幸せになれば嬉しいんです。私が見ることが出来なかった子供の幸せをこの子で見たいんですよ・・・それだけです」
「それならなおさらでしょう?牧野といつでもここに帰ってきますから。今度は俺たちの事を待っていて欲しいんですよ」


そういう事か。
自分の子どもの成長を見ることが出来なかったから、それをツクシで見たいって?


泣ける・・・マジ、泣けるぜ、マスター・・・。


その後にルイがここで俺たちを待ってて欲しいって・・・良いこと言うなぁ!ルイっ!
お前が俺を空に捨てたことは忘れてやるよ!やっぱり、お前、サイコー!!



って思ったけどやっぱりルイは最低だっ!!
この後、俺はツクシとルイと一緒に家に帰ったんだけどさ・・・!


こいつらインコの目の前でとんでもない事したんだっ!💢
そんなの教育上良くないからインコの前ですんなってんだ!💢

何処にも行けない俺の身にもなってみろーーっ!!



いや、そりゃマスターとサトミサンだってシてたぜ?
でもさ、マスターはこんなに激しくないし、サトミサンだってツクシみたいな声出さなかったって!
時間だって長すぎるよっ!1回でいいんじゃねぇのかよーっ!何回も何回も何回もっ!!くっそーーっ!!


**


「牧野、おはよう・・・もう朝だよ。そろそろ起きないと」
「・・・ん?う・・・ん、類?おはよ・・・いま何時なの?」

「うん、もう10時かな」

「・・・・・・!」


馬鹿野郎っ!!自分らだけ爆睡しやがって!💢
俺は一睡も出来なかったよっ!




parrot-2522892__340.jpg
そういちろうのお話ももうすぐ終り・・・寂しいなぁ。゚(゚´Д`゚)゚。
でも、本編にはないそういちろうのラストシーンを用意しております♥
関連記事
Posted by

Comments 8

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/01/10 (Wed) 13:20 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/01/10 (Wed) 13:22 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/01/10 (Wed) 13:32 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

まりぽん様、こんばんは♥

あはは!喜んでいただけて嬉しいです!
まさか私もそういちろうがこんなに人気が出ると思わなかったのでびっくりです!
この番外編も1日に自分ちのインコを見て思いついたので、3話程度書いてみようと思ったんですよ。
そしたら何故かしらウケてしまって。

スミマセンねぇ💦
ラブストーリーが多い中、こんなふざけた話を書いて!

まぁ、あと少しなので・・・って言おうと思ったらまさかの追加依頼ですか?(笑)
あはは!本編がないとそういちろうの番外編はありませんものね!

まさかそこに続編来るとは(笑)

そうですね・・・もし、そんな声が多かったら考えます。
今度は何にメッセージ、浮かべようかしら!(笑)

応援コメント&嬉しいお言葉、ありがとうございます!
何とか前向きに考えますね!

2018/01/10 (Wed) 17:53 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: こんにちは!

えみりん様~今晩は!

そうよねぇ!羽が曲がればね(笑)
背中向けたらいいじゃん!って思うけど、そこはほら・・・中身が総ちゃんだから!
(いや、総ちゃん風に喋ってるだけだけど)

鳥目だから見えなかったんじゃないかって思うけど、ほどよい月明かりで・・・。

言葉を覚えるほど冷静じゃなかったと思うんですけどね(笑)
もう全身興奮状態で毛が逆立っていたんじゃないかと!

類の言葉を覚えたりしてね!
「マダダメダヨ?モウイッカイ・・・」・・・怖いわ~!!


向日葵、そうですねっ!気が付かなかった!
って事は、番外編をもう1話書けば良かったのか・・・(いや、そこまで考えなくても!)

2018/01/10 (Wed) 18:00 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

さとぴょん様・・・今晩は!

そうなのよ!これ番外編なのです!気が付いた?
でもね、番外編っていいながら10話以上書く人っていないような気がするのよね(笑)

カテゴリ、独立させようかしら(笑)

でも、これからは大変なんです!
そういちろうのラストシーン・・・どうしようかなぁ!

皆さんに喜んでいただいたのでつい連日アップしてるけど(笑)
実は思いつきだから今から書かなきゃいけない!

ヤバーいっ!焦るーーっ!!


教育上良くないこと・・・そうですね、お客様の前で喋ってしまうからでしょうか。
そういちろうはお気に入りの言葉は速攻覚えますんで!

でも、基本総ちゃん語なので類君のような甘い言葉じゃなかったりしてね!

「マダオワンナイゼ!コレカラホンキダスゾ!・・・カクゴシロヨ?ツクシ」

こういう言葉は長くても言うかもしれませんね(笑)

2018/01/10 (Wed) 18:30 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/01/10 (Wed) 22:15 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

ゆきたろう様、今晩は♥

うふふっ!そうですよね、耳は無理ですもんね!

ここは本編でも色々言われたんですよ(笑)

「そこにそういちろうもいたんだよね?」
「そういちろう・・・見たの?」
「そういちろうの前でやったの?」


実は全然考えってなかったんです。本編の時・・・(笑)
そう言えばいるよね?小さな家の狭い部屋・・・って設定だし。

読者さんに言われて自分が真っ青になりました!!

だから、ここでは思いっきりそういちろうにその時に気持ちを叫んでもらおうと!
(一番そういちろうに怒られるのは私だろうと反省・・・)

あと少しでこの番外編も終りです!楽しんで下さいね!

今日はありがとうございました!

2018/01/11 (Thu) 00:16 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply