FC2ブログ

plumeria

plumeria

お友達作家様、るいか様からのお話です。
総ちゃん愛に溢れたお話し・・・それではどうぞ~♥


***********


『恋情~時が満ちた日~』


牧野が司と別れてから今日で丁度2年。
その間に司は道明寺と同等クラスの財閥の令嬢と結婚し、まもなく子供も生まれる。


そしてその2年間で牧野の近くでずっと支え続けたのが俺。
あきらも類も海外にいる中、暇さえできれば牧野をそこら中に連れ出し、茶の稽古もつけ、とにかく一緒に過ごした時間の長さでは優紀ちゃんや桜子より長いはず。

その甲斐もあって、最近では牧野の俺に対する信頼はかなり高く、少しずつ俺を意識していることも感じていた。
それでも、司とのことがトラウマになっているのだろう…
知らず知らずのうちに牧野が自分の心にブレーキをかけているのも知っている。

だからこそ、俺は司の二の舞にならないように行動を起こした。
すべての女を清算し、茶に励んだ努力もあって、俺の西門内での評判もすこぶるいい。

それと比例して西門に通う牧野の評判も良かった。
もともと目上の者を惹きつけるのが得意だった牧野は、西門で茶事の手伝いをするようになると、その力をもれなく発揮した。

重鎮たちがこぞって牧野ファンを豪語し、その数は増えるばかり。
それはまだ司と付き合っていた頃からのことで、牧野に知られたら不謹慎だから絶対に言えねぇけど、司との別れの一報に西門では祝杯が挙げられたほどだった。

さらにはいろいろなパーティに連れ歩いていたこともプラスに働いて、顔見知りになった大企業の会長や社長クラスの政界を代表するVIPがこぞって後援会に名を連ねてくれている。
これも牧野がいるからこそで、牧野と西門の関係が切れた際には、打ち切るとはっきりと言ってくる企業もあるほどだった。


だからこそ2年経った今では、周りは言いたい放題。


「一体いつになったら
 牧野さんを落とせるのか」
「これまでの女遊びが
 なんの役にも立っていない」
「チキンだ」
「ヘタレだ」


でもそれも今日で終わりだ。

この俺が2年も何もせずにいたわけではない。
西門一門と牧野の関係が良好な今、あとは牧野にいい返事をもらうだけだったから、今後のために用意周到だ。


books-2385409__340.jpg
るいか様へのコメントはplumeriaが責任を持ってお届け致します!
お仕事の関係上お返事は時間がかかるかもしれませんが
こちらに残して頂けたら嬉しいです♥

るいか様のお部屋にも是非♥




Live and let live
管理人 るいか様


関連記事
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply