FC2ブログ

plumeria

plumeria

西日本のとある土地で炬燵に入って雑談をする1人のおばちゃんと青いインコ。
針と糸を持ってビーズを縫い付けていく本業・衣装屋のplumeriaと、その友達・・・コンゴウインコのそういちろうだ。

今日は今後の予定について2人が話し合いをしていた。

**

「そういちろう、年始めからなんか忙しかったねぇ!どうするの?あんた、色んなリクエスト来てたよ?」

「そうらしいな・・・でもよ、俺の身体は1つだから全部聞いてたら死ぬんじゃねぇか?過剰労働じゃね?」

「あんた、結婚する気ある?」

「は?結婚?ソウジロウとはしねぇぜ!いくらなんでもそれは勘弁してくれよ!小柄な女が趣味なんだから!」

「だよねぇ・・・でもさ、あんたのこれからを心配してくれてる読者さんが意外といるのよ。私もびっくりだけど」

「・・・お前が適当にこんな番外編書くからだろうが!俺が頼んだわけじゃねぇからな!」

「わかってるよ・・・怒りんぼだなぁ!じゃあ、今度お見合いしよう!」

「見合い?なんだ、そりゃ」

「女の子と会ってお話しすんのよ。で、気が合えばお嫁さんになってもらうの!」

「・・・1羽だけか?」

「何言ってんのよ!法律上問題はないけど1羽にしときなさいよ!西門さんじゃあるまいし・・・12羽とかやめてよ?」

「plumeria、腹減った。つまみないのか?」

「・・・・・・うちのオカメインコのヒマワリのタネでいい?一応ブランド品だけど」


plumeriaは仕方なく高級ヒマワリのタネをお皿に入れて出してやり、親切なことにミカンまで出してやった。
自分の事は自分でやる・・・plumeriaの家ではそれが基本。よって皮を剥かずにのまま差し出した。


「・・・ルイの家じゃ剥いてから出してくれるぞ?不親切じゃね?」

「嫌なら食べなきゃいいじゃん。ヒマワリのタネも5個までね。あとは雑穀でも食べといて?汚したら自分で掃除してね」

「少なっ!せめて10個は許してくれよ!あ!あと飲み物くれよ。喉渇いた」

「野菜ジュースでいい?」

「仕方ねぇな・・・ホントはビールがいいけどまだ明るいからな!夜はビールにしてくれよ?」


*注意*インコにビールは与えてはいけません。ちなみにご飯、麺類も与えてはいけません。


「でさ、話を戻そうよ!あんたに会わせたい人もいるんだけど・・・今度会ってよ」

「基本人見知りだからな・・・どんな奴だ?」


plumeriaはここで花男の原作本を持ってきて「はい!」って見せた。
そういちろうはそれを脚で押えて、くちばしで捲って読んでいた・・・時々笑いながら。


「こいつらと会うのか?いいけどよ・・・俺の事、苛めねぇだろうな・・・結構悪いことしてんじゃん!」

「あんたに赤札なんて貼らないでしょ。それに、この頃より大人になってるし、私次第でどうにでもなるし」

「・・・そうだな。お前がまずは本編書かねぇとな。そうしなきゃ進まねぇだろ?」

「嫌な事言うねぇ!そうだけどさ・・・リクエストもらったら無視できないでしょ!何とか考えるからあんたも協力しなさいよ?」

「俺の嫁は美人にしてくれよ?ソウジロウにもいい相手見つけなきゃ、あいつ僻むぞ?」

「・・・花沢家、とんでもない事になっちゃうよ。もう、この際だからデッカい温室作ろうかな・・・ジャングルみたいなの」

「お前・・・この前、どっかの茶道の家にスパリゾート作ってなかったか?いい加減にしないと怒られるぞ?」

「だよねぇ・・・。反省はするのよ。すぐ忘れるだけで」

「歳だから仕方ねぇな。許してやるよ」

「・・・・・・ありがとう」

「で?やるのかよ・・・続編ってヤツ」

「うん・・・そのつもり。たださ、他にもあるからそういちろうにだけ構ってる場合じゃないのよ。春になったらバレエの公演もあるから忙しくなるし、そういちろうが衣装作り手伝ってくれるならいいけど、これにはお喋り要らないのよね。無言な人がいいの」

「・・・じゃ、ダメだな。すまん・・・役立たずで」

「いいのよ。気にしてないわ。元々そんな長い爪で作業されたら衣装がダメになるもん」


現在数点の衣装制作中のplumeriaはこうやって日中、作業しながらお話しを考えている。
お話しの構想の方に意識が集中して、今まで何回もビーズの数を間違え修正に追われているのであった。


「それじゃあ、そういちろう!そういう訳だからまた頼むわ!考えが纏まったら連絡するから。結婚したら子どもも頼むね!」

「えぇっ!それって嫁次第だろ?好みの女じゃないとルイみたいな事、出来ねぇもん!」

「・・・そんな事言って、あんた、中身が西門さんだからすぐ出来るって!嫁を2羽ぐらい用意してあげるよ」

「いきなり二股かよ!女の争いには入りたくねぇけど」

「そこを上手くやるのよ!頑張るわよっ!!そういちろう!」


「・・・お前が頑張れよ」


***


皆様、沢山のコメントとリクエスト、ありがとうございました。
まぁ、こんな感じで考えています。今暫くお待ち下さいませ。

それでは、またいつか本編からお会いしましょう!!


macaw-1416397__340.jpg
関連記事
Posted by

Comments 6

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/01/16 (Tue) 14:11 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

さとぴょん様、こんにちは~!

あはは!やる気だけは読者さんに示しておこうかと思いましてね!

会社でハムスター・・・そこに疑問(笑)普通の会社で?
私は個人的にインコと出勤しましたよ。雛が生まれたときに世話しないといけないので藁で出来た籠に入れて
雛用のエサもって(自分のお弁当もだけど)自分のデスクの横にインコ寝かせてました。
今考えたらなんて自由な会社だったのかしら・・・。


うちのオカメインコは岡山県の業者さんからネット注文でエサを取り寄せてます。
ホームセンターとかペットショップのものじゃなくて、その専門店でまとめ買いしてます。
ヒマワリのタネも大きさとか色とかあるんですが、脂肪分が多いので1日5個ぐらいがいいそうです。
ソバの実とか麻の実とかをオカメインコ用に配合されたエサとは別にあげてます。

でもね・・・私のご飯から野菜を咥えて逃げていきます!ネギとかきゅうりとか人参とか!
(食事中にはあまり出てないけどね💦)

多分そういちろうにはヒマワリのタネ、もう少しあげてもいいんでしょうけどね!
ミカンは・・・そういちろうなら剥きそうじゃないですか?ダメか!(笑)

うちのオカメは何度も私の衣装作りの邪魔をして、怒ったらビーズを散らかして逃げます!
まぁ・・・作業中に出す方が悪い!とうちの母は言いますがね・・・。好きなんだもん!


あきらは犬になったから後は司だけ!・・・何にしようかな~!
類だけ人間ってのも多少気になるけど。


そんなこんなで暫く待ってて下さいね~♥

2018/01/16 (Tue) 15:03 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/01/16 (Tue) 16:02 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

花さん(笑)こんにちは✨

あっはは‼️(笑)知らなかったの?
もう長いこと鳥と暮らしてるからペラペラなのよ!

国語より得意かもよ?♥️

今度、教えてあげようか?通信講座になるけどさ!
授業料1000万円で♥️( *´艸`)

2018/01/16 (Tue) 16:21 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/01/16 (Tue) 17:45 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: 期待!

切山椒様 こんにちは~!

あはは!そんな・・・本編が浮かんでからですけどね!
そういちろうはあくまでも番外編ですから!

あらら!そうなんですか?
踊れる方が素敵ですよ!!

私はもともと会社員でしたが、12月でやめて衣装一本に絞りました。
それまでは地元で依頼されたら作ったり、子どもの教室の衣装を作ったりしてたんです。
おかげさまで自宅には何百って枚数の衣装が転がっていますけど(笑)

今は春の公演衣装を作っています。

子どもが踊ってるのですが、うちのお嬢さんはレンタルしたことはほとんどないですね(笑)
今度、黒鳥やるのでその衣装を新しく作ってやらなきゃ!
絶対に同じものを着ないんですよ!贅沢でしょ?
と、いうか子どもより一緒に踊って下さるジークフリートが超可愛いんですっ!!

今度会うんですよ・・・帰省してくるの、マジ、楽しみ!!
(子どもは家を出てバレエしてるんで)

・・・話がそれましたが、そんな感じで忙しいんですが頭の片隅にはちゃんとそういちろうが住んでいます(笑)
気長に待っててね♥

今日はありがとうございました!

2018/01/16 (Tue) 18:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply