FC2ブログ

plumeria

plumeria

それでは凪子様からのお話し、第2話めです・・・♥お楽しみ下さいね。



*

「…わかった//!…あのっ、ま、待ってるからっ///!!」

うわっ…
どうして言っちゃったんだろ…

「待ってる」なんてっ…///!!


思いがけず口走ってしまった自分を、少しだけ後悔しながら…

それでも

切れた電話が愛しくて、手離せず胸に抱き込む…///

─…夢、じゃ、無いよね……

ずっと逢いたかった
聴きたかった”あの人”の声に…

思いがけず強い喜びで心が震えた

確かに、言ったよね…?

道明寺、じゃなく…
“あんた”に会いに来るって…///


青天の霹靂に、まだ脳がうまく回らない
ドキドキする胸の音だって、ちっとも落ち着かないけど…

「あっ//!そうだ…何着ようっ///…」

まだまだ時差があるから
すぐになんて会える訳ないのに…

あたしはじっとしていることも出来ずに、クローゼットを覗き込んで、ひたすら服を漁りまくる…



*


──『四年後、迎えに行きます』


その言葉通り…
道明寺は約束をしっかりと果たした

だけど、それは終わりじゃなくて、
あたしにとっては、”孤独”の始まりで…


『…仕方無ぇだろ? 全部お前の為だ』

4年ぶりに現れた道明寺は、まるで別人のように大人で…

連れていかれた場所は、道明寺の邸なんかじゃなく、有名なホテルの、スウィートルームの一室…


『まだやることが山程あんだ… 仕事の事もやっとわかってきたしな!そうそう毎日会えるわけじゃねぇけど、全部お前との…将来の為だかんな?』

笑顔でスッパリとそう言いきった道明寺は、あたしではなく、遠い未来を見ていたのかもしれない

今思えば、そこにはどんなあたしが居たんだろう…


あの時から、感じ始めた違和感
見ないようにしてきたけど

でも…
近くにいる筈のアイツとは、どんどん離れていくようで…

それなのに思い出すのは…
遠く離れた日本での温かい日々

あたしをずっと側で支えてくれていた
優しいあの人の声と笑顔だった────



*


「うわ… すっごい雪…」

待ち合わせた店の窓から、思わず日本語で独り言が漏れる

─でも… 本当に、来るのかな……///

さっきから…
溢れるほどの期待を、自分で何度打ち消した事だろう…

だって、ホントはね…
今思えば、実はあの頃から…
狡いあたしは、貴方の事が好きだった

友達の彼女だから…
きっと優しくしてくれる…

それを手放してしまうのが、どうしても怖くて

あの頃日本で、
何度もひとり聴いたあの曲─────


~♪
いま手と手が合って気付いた アナタも誰にも見えないように
つよく つよく 私の手 握り返した
いつも気付かないふりをしてた  ホントはこんなに大好きなの
うれしくて 幸せと わかってるのに
この雪が 降り止むまでは 2人きりで...


あの曲の中で…

ヒロインは、相手の男の人と、きっと両思いで…

同じように、
雪の中で手を繋いでくれていても

きっとあたしは彼にとって
ただの、“親友の彼女”だからって、
そう何度も言い聞かせて─────


でも… それでも
側に居られて、嬉しかったんだ…//



あぁ…
雪をみれば、やっぱり燻る想い
再確認してしまう…

ねぇ、花沢類…

もしもあなたが、ここに来られなくても……




「酷い…
俺が約束、破るとでも思った…?」
「…えっ」

見上げたまま、あたしは思わず固まってしまう…

だって…
こんなのって、本当に……///!?


「ねぇ… やっぱこっちのが寒いけどさ…」

目の前で当たり前のように腰掛ける
絵画のように美しい人…

懐かしい薄茶の髪に積もった雪が、
少しずつ、少しずつ解けてゆく…

あたしは…
それら全てが綺麗過ぎて…
片時も目が離せなくって───────



「雪、綺麗だね…」
「…うん//」
「ねぇ、日本でもさ… あったよね?こんなこと…」


あぁ…

その途端、大好きだったあの曲が
あたしの中で、静かに甦る────



~♪
雪の魔法よ 解けないで もう少しこのままで
そうして いくつもの冬を アナタのそばで



ねぇ、花沢類…

あたしがずっと、逢いたくて堪らなかったのは…
目の前のあなたでした───



1yjimage6CUG3LI3.jpg
凪子様、素敵なお話しありがとうございました。
これからも宜しく♥

凪子様にコメントいただきましたらplumeriaが責任もってお届けします!

↓こちらからお部屋に飛べます。



ビー玉の瞳
管理人 凪子様

関連記事
Posted by

Comments 8

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/01/31 (Wed) 02:26 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/01/31 (Wed) 02:29 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

さとぴょん様、おはようございます!

コメントありがとうございます♥
いま、凪子様に送っていますのでお返事少しお待ち下さいね。

ごめんね・・・こんな素敵なお話しの後に私があんな話書いて・・・(笑)
さとぴょん様が書けって言ったから・・・(読者のせいにする私💦)

雪の中でオオカミに変身させちゃったよ(笑)


2018/01/31 (Wed) 08:56 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

まりぽん様、おはようございます!

コメントありがとうございました。
今、凪子様に送っていますのでお返事少しお待ちくださいね♥

あはは!いいと思います。
寒いんですもん・・・素敵なお話しはどんなスタイルで読んでも素敵なんです!
私も書くときはストーブの横で毛布被ってる感じです・・・(どんなんだ!)
そしてコーヒーカップが溜まっていく・・・(どんどん洗えよっ!!)

大変失礼しました・・・。

2018/01/31 (Wed) 09:02 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし


さとぴょん様🎵

コメありがとうございます!
えへ♪プルさんのお祝いに何のラブソングがいいかしら?と朝からググりまくり…笑
backnumberの『ヒロイン』に、類の背中を押してもらうことにしました~♪

そうね…類が傍に居たら…❤
肩の雪も、ポンポンってはらってあげちゃったり…駄目だ、悶え死ぬ❤笑

うふ。プルさんにもさとぴょん様にも楽しんで頂けて、凪子も幸せです(*´∀`*)
どうもありがとうございました!

2018/01/31 (Wed) 14:31 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし


まりぽん様🎵

コメありがとうございます!
ですよね~💦多すぎる雪はなかなか困りもの!…ですが、寒いとほら…愛しい人に寄り添いたくなる❤なんちゃって♪(/▽\)

雪の日のラブソング、つくしちゃん側…greeenの『雪の音』の歌詞からイメージを頂きました♪待ってるつくしは、ドキドキしながらコーヒー何杯も飲んでたりしてね♪笑

ちょっとだけ切なくて、でも最後がハピエンで…って、なんとなくプルさんのお話のイメージだったので♪えへ。ちょっと寄せてみました♪笑
まりぽん様にも喜んで頂けて、凪子も幸せです(*´∀`*)

うんうん。実際は暖かくしてね♪笑
どうもありがとうございました!


2018/01/31 (Wed) 14:32 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/02/03 (Sat) 11:05 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

さとぴょん様、こりゃまた今回はお喜びですね!!

私も嬉しいわ(笑)凪さんがこの時にお話しくれるだなんて・・・感激!!
総ちゃんの初Rは去年の類君の誕生日にあたってしまって、慌てて1日ずらしたんですよね。
今回のこのRは司君誕生日に当たってしまった(笑)

ちゃんと凪さんに伝えてますからねー♥

いつもありがとうございます!よい休日を~!!


2018/02/03 (Sat) 14:40 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply