FC2ブログ

plumeria

plumeria

14日の朝、シェルブールに行くために荷物を揃えていた時、廊下をパタパタと足音を響かせて走って来る人の気配がした。
こんな朝から誰だろうと思ってドアの所まで行って、開けようとした途端にバンッ!と開いて飛び込んできたのはお母様だった!

「うわぁっ!どうしたんですか!お母様っ!」
「あぁっ!つくしちゃん、困ったことが起きたのよっ!類のバカがここに忘れ物をしてね、それが今日の午後の会議で必要なのよ!
今から出ないと間に合わないの・・・悪いんだけど届けてくれない?大至急なのっ!他には頼めないの!つくしちゃん、お願いっ!」

「はぁっ?!でも、私、今からシェルブールに行かなきゃいけないんですけどっ?」
「そんなものキャンセルよ!そういうコンテストを見たいんなら日本に帰ってからでもこっちに来ればいいんだから!でも、これは今日しかダメなの・・・お願い、つくしちゃん!執事の三浦は歳だし、私も今日は大事なお客様が来るし、お父様に持って行かせるわけにはいかないでしょう?」


今、類のバカ・・・って言ったよね?

そんな大事なものを類が忘れていくのかしら?
それに行ってから2日経ってるのに気が付いてないの?
昨日の電話でも一昨日の電話でも何も言わなかったわよ?泣きそうな声はしてたけど・・・。

「で、でも類は電話ではなにも言ってなかったですけど・・・もしかしたら要らないものだから置いていったとか?連絡してみましょうか?」
「ダメダメっ!もう会議中なのっ!電話はダメよっ!そしてこれは絶対に要るものなのよ!この私が言うんだからホント!つくしちゃん、あの子は確かに優しいんだけど、よーく思い出して?目の前のことしか見てないでしょ?幅広くまわりを見ない子なの!
そこの所、今度からつくしちゃんがフォローしてやって?・・・はい、だからこれ、忘れ物なの!」

「・・・はぁ、そ、そうですか」


何だか私の頭には???が並んだんだけど、お母様の勢いがすごくて断わることが出来そうになかった。でも、渡辺さんになんて言えばいいのかしら?!
お母様のドタバタに自分まで慌ててしまって急いで服を着替えて、もらった荷物を抱えて、さっさと自宅前に待機していた車に放り込まれるように乗せられてしまった!

「あっ、あの、お母様、渡辺主任にはなんて言えば・・・!」
「そんなもの私からしておきます!大丈夫よ、心配しないで。それと、さっきも言ったけど類は今日一日中重要会議してるから電話しちゃダメよ?念のためつくしちゃんの携帯の電源を現地に着くまで切っててちょうだい!類がサボっちゃいけないから!」

「は、はい!電源OFFにしておいたらいいんですね?」
「そう!絶対に類に直接渡してね!それと中は見ちゃダメよ?いいわね?」

「はっ?見ちゃイケないんですね?ご、極秘事項なんですね?」
「そうよ!誰にも知られちゃいけないものが入ってるの!じゃあ、頼んだわよ!行ってらっしゃーーい!!」

「い、行ってきまーーーーす!!」


そんな大事なもの、私が運ぶの?

**

<side花沢夫人>
やれやれ、ちょっと強引だったけど、これでつくしちゃんは送り出したわ。ニースまで行けば後は類がなんとかしてくれるでしょ!
世話が焼けちゃうんだから!指輪のこと、初めっから言えばいいのに・・・二人だけの秘密にでもしたかったのかしら。


「奥様も人が悪い・・・牧野様がお可哀想ですよ?ははは・・・」
「あら!三浦、そうかしら?優しいと思うけど?」

一緒に見送った執事の三浦がクスクス笑いながら話しかけてきた。この人も小さいときから類を見てるからこの変化が面白いんでしょうね。

「いつまでの休暇ですか?私としても知っておかないといけませんからね」
「流石ねぇ!ここに戻って来るのは18日。それまでは「どうぞご自由に!」ってメッセージ付けといたわ!」

「畏まりました。少しの間このお屋敷も静かですな」
「そうね!お友達でも呼んでパーティーでもしようかしら!もうすぐここを離れるしね」

「それも宜しゅうございますな。奥様のお好きなように・・・」


ふふふ・・・!類ったらびっくりするでしょうね。
ニースでもモン=サン=ミシェルでもロアールでも・・・好きなところで思い出作りしてきなさいね。

私はぼちぼちウエディングドレスの注文でもしておくわ。
それも私の夢だったんですもの、楽しいわね!


*********


飛行機で約1時間半・・・お昼にはニースに着いた。
って言っても私は初めてだから全然わかんないんだけど!

ここがイタリアに近いところで世界的に有名なバカンスの街ってことは知ってるけど、やっぱりパリよりかなり温かい。コートなしでも歩けそう・・・。それにカラフルで明るい街なのね!大人っぽいパリと随分違う風景に驚いてしまった。


「えーと・・・プロムナード・デ・ザングレ?ここにあるホテルで会議してるのね?類にはそこに行けば会えるわけね・・・?」

お母様から預かった荷物を持って、一緒にもらったメモをタクシーの運転手に見せて類のいる場所に向かった。
プロムナード・デ・ザングレはビーチ沿いの道のことらしくて、ここには高級ホテルが集まっているみたい。メモを見た運転手さんはその中でも一番大きなホテルの前で降ろしてくれた。


すごい大きなホテル・・・しかもリゾート感満載でお洒落。すごく沢山のお花が飾られていて可愛らしい仕様になっててちょっとワクワクしてしまう!

って、浮かれている場合でもないから急いでフロントで類を呼んでもらうように頼んだ。


しばらくロビーで待っていたら、奥の方から走って来る人が見えた。びっくり顔の類だ・・・!
3日ぶりの類の顔に思わず笑顔になってしまう・・・。


「牧野・・・?牧野、どうしたの?何でここに来たの?・・・シェルブールのコンテストは?」
「何言ってるのよ!類が忘れ物するから持ってきたんじゃない!もうっ・・・ドジなんだから!」


「忘れ物?・・・何を?」

「はい、これ!お母様から預かったのよ?大事なものなんでしょ?極秘事項って・・・お母様言ってたわよ?」

「極秘事項?・・・この中身が?」

類はすごく変な顔してる。不思議そうにその荷物を見ていたけどその場で開けて中を確認してた。
そしたら「は?」って顔して固まって・・・その中に入ってたメモのようなものを取りだして読んでた。ホントに重要な忘れ物だったのかな?極秘って言われたものをホテルのロビーで読んでいいの?誰かに見られたら・・・って私の方がオロオロしてしまった!

そしたら急に類が「プッ!」って噴き出して笑い出した!

えぇ?!なんで笑うの?
そんなに可笑しいものが入ってたの?


「ありがとう、牧野・・・これ、すごく大事なものなんだ!助かったよ!」
「そ、そう?私役に立った?」

みんなが見てる前で口を押さえてまだ笑ってる・・・私には何が起きたんだかさっぱりなんだけど?



15124526700.jpeg

HAPPY VALENTINE♥
って言ってる場合じゃないんですけど、すみません。
いつもの如く1日延びました(笑)

明日がLastStory、13:00に公開します。
関連記事
Posted by

Comments 4

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/02/14 (Wed) 12:50 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/02/14 (Wed) 13:52 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: Happy♪Happy♪Valentine♪

えみりん様、今晩は!

お母様、なかなかでしょ?
越後屋かぁ!(笑)そう来たか(笑)

越後屋と聞いたらどうしても「一休さん」の桔梗屋さんの顔が出てくる(笑)
あれ?ちがったっけ?そんな名前の人がいましたよね?

こっちは明日昼間のラブラブで終了♥
雪があんな感じだから書いてて楽しかったっ!1人で満足してます!

今日もありがとうございました。


義理チョコ・・・流行ってないのにね!今年もやってるのかしら・・・あの人達(笑)

2018/02/14 (Wed) 20:20 | EDIT | REPLY |   
plumeria  
Re: タイトルなし

さとぴょん様・・・今晩は♥

コメントありがとうございます。
類のバカ・・・自分のいないときに親に言われるとは類もびっくり。

フランスにはホワイトディはないので・・・って言うかホワイトディって日本だけですよね?
なので明日でこのペアは終りですね。

中々楽しい2人とお母さんでした♥

類頑張ってね?・・・この「頑張ってね」に深い意味はないのよね?(笑)
こちらにはご用意しておりませんので・・・・

今からとか無理だからっ!(笑)わかってると思うけど。

2018/02/14 (Wed) 20:30 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply